「ダメージジーンズ」って洗ってる?ずっと長持ちさせるための洗濯方法

「ダメージジーンズ」って洗ってる?ずっと長持ちさせるための洗濯方法

ダメージジーンズにはおしゃれ着用洗剤がおすすめ。ダメージ部分の傷みを防ぐために、ジーンズは裏返して洗濯ネットに入れ、洗濯機の「手洗いコース」や「ドライコース」でやさしくお洗濯。すすぎは2回、脱水は短時間で行うのがポイントです。裏返しにしたまま風通しの良い日陰で筒干しすると、色あせや変色を防げます。

Share

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

簡単に抜け感が出せるダメージジーンズが大人気

ダメージ加工や洗い加工のあるダメージジーンズは、最近大注目。簡単に抜け感が出せるアイテムとして、1本持っておくと重宝しますよね。

思いがけないダメージに悩んでいない?

ダメージジーンズを洗濯したら、穴が大きくなってしまったり、ひげがのびてしまった……なんて、意外と上手にお手入れする方法が分からないという人も多いのではないでしょうか?

ダメージジーンズはダメージ部分を守りながら、手軽にお洗濯ができたら嬉しいですよね。今回はそんなお悩みを解決する、上手なダメージジーンズのお洗濯方法についてご紹介します。

洗う前の「準備」

次の手順で、お洗濯前の「準備」をします。

1. 洗濯表示を確認する

裏面についている洗濯表示をチェックして、家庭で洗えるかどうかを確認します。
※洗濯表示は2016年12月1日に改定されました。

洗濯表示 旧絵表示
洗濯表示 旧絵表示

洗濯表示に「洗濯おけ」や「手洗い」の記号がついている場合は、家庭で洗えます。旧絵表示に「洗濯機」マークや「手洗い」マークがついている場合は、家庭で洗えます。

洗濯表示 旧絵表示
洗濯表示 旧絵表示

洗濯表示や旧絵表示に「洗濯おけに×」がついている場合は、家庭で洗えません。

洗濯表示に関する詳しい情報は、こちらをご覧ください。
難しくない!新しい洗濯表示(洗濯マーク)を覚えて上手にお洗濯

要注意

衣類についているタグや、洗濯表示の裏などに記された注意書きも確認しておきましょう。

洗剤は 「おしゃれ着用洗剤(アクロン)」がおすすめです。また、防臭効果のある柔軟剤を併用すると、汗や食べ物のニオイの付着を防ぐだけでなく、肌触りもさらによくなります。

2. 目立つ汚れは前処理を忘れずに

目立つ汚れやシミがあれば、前処理を行いましょう。汚れが気になる部分におしゃれ着用洗剤をつけてキャップで軽くたたいておきます。

3. ダメージ部分は内側に!洗濯ネットも使えばもっと安心

ダメージ部分の傷みを防ぐために、ジーンズは裏返すとともに、ダメージ加工がしてある部分が内側になるように、3〜4つ折りにして畳み洗濯ネットに入れましょう。ファスナー、ボタン、ホックなどは、あらかじめ閉めておくようにしましょう。

要注意

ジーンズは、色移りの心配があるので、単独で洗いましょう。

長持ちさせるジーンズの洗い方はやさしさがポイント

準備が整ったら、下記の手順で洗濯します。

1. ポイントはやさしく洗う

色あせやダメージ部分の傷みを防ぐために、洗濯機の「手洗いコース」や「ドライコース」でやさしくお洗濯しましょう。すすぎは2回、脱水は短時間で行うのがポイントです。

2. 脱水後、すぐに形を整えよう

脱水後はすぐに取り出し、折りたたんだ状態で軽くたたいてしわをのばしましょう。

3. 風通しの良い日陰で筒状に干す

直射日光での色あせや変色を防ぐために、裏返しにしたまま日陰で筒干ししましょう。

この記事を作成・監修した
マイスター

大貫 和泉

お洗濯マイスター

大貫 和泉

おおぬき いずみ

洗濯用洗剤などの製品開発・調査に約20年携わってきました。
母親としての経験と研究活動を融合し、日々のお洗濯に役立つ情報をわかりやすくお伝えしていきます。

Share

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

お洗濯の新着記事もチェック!

SOCIAL MEDIA Lideaでは各種SNSでも
最新情報をお届けしております

MAIL MAGAZINE Lideaの記事更新情報や、お得なキャンペーン情報を
いち早くメールマガジンでお届けします!

規約に同意する

reCAPTCHA

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

LINEに保存