「歯間ブラシ」の上手な使い方

Meister1 face photo

LION オーラルケアマイスター

平野 正徳ひらの まさのり

歯とお口の健康
「歯間ブラシ」の上手な使い方

正しく使いたい「歯間ブラシ」

「歯間ブラシ」は、使い方が適切でないと歯や歯茎を傷つけることがあります。動画を見ながら正しい歯間ブラシの使い方を身につけましょう。

歯間ブラシの「使い方」を動画で確認!

オーラルケアの基本は、歯垢を残さず落とすこと。歯間ブラシの上手な「使い方」をマスターして、歯と歯の隙間をキレイにしましょう。

歯間ブラシの使い方の手順

歯間ブラシは鏡を見ながら使いましょう。鉛筆を持つように持つと操作がしやすくなります。

歯間ブラシの使い方の手順

1. スペースをつくる

スペースをつくる

口を閉じ気味にし、柄の部分で頬の内側を押し広げるようにしてスペースをつくります。

2. 歯間ブラシの先端を斜め上(下顎の場合)に向けて挿入

歯間ブラシの先端を斜め上(下顎の場合)に向けて挿入

歯茎を傷つけないよう、歯間ブラシの先端を斜め上に向けるようにして挿入します。

3. 2、3回動かして歯垢を落とす

2、3回動かして歯垢を落とす

歯間ブラシを水平にして、歯と歯茎の境目に沿わせて2、3回動かし歯垢を落とします。

4. 内側からも清掃

内側からも清掃

外側だけでなく、内側からも清掃すると、より効果的です。

歯間ブラシを使用する際の「ポイント」

歯間ブラシを使用する際の「ポイント」は、次のとおりです。

1. 無理には入れ込まない

歯と歯の隙間が狭く、挿入しにくい場合は無理に入れないようにしてください。歯や歯茎を傷めたり、ワイヤーの曲がりや折れの原因になったりします。

2. 出血が続く場合は、歯科医師に相談

歯茎の状態によっては、使い始めの時に出血することがあります。もしも出血が続くようであれば。使用を控えて歯科医師に相談してください。

3. 歯並びがそろっていない場所は念入りに

特に歯並びがそろっていない場所は、歯ブラシの毛先が届きにくく汚れが取れていないことも多いので、念入りに清掃しましょう。

その他の「使用箇所」は?

その他の「使用箇所」は?

その他の「使用箇所」としては、「ブリッジの下」「1番奥の歯の奥側」「矯正装置の間」があります。忘れずにキレイにしましょう。

歯間ブラシと一緒に使うと効果的な「ジェル状のハミガキ」

歯間ブラシと一緒に使うと効果的な「ジェル状のハミガキ」

 歯間ブラシに適した「ジェル状のハミガキ」を一緒に使うと効果的です。


教えて マイスター

歯間ブラシの「保管方法」と「取り替え時期の目安」は?

おさえておきたい「3つのポイント」

歯間ブラシの「保管方法」と「取り替え時期の目安」は、次のとおりです。

使用後は流水の下でこすり洗いして、よく汚れを落とす

<保管方法>

・使用後は流水の下でこすり洗いして、よく汚れを落とす

風通しの良い所で保管

・風通しの良い所で保管

取り替え時期の目安

<取り替え時期の目安>

・歯間ブラシの毛先が乱れたり、短くなったり、あるいはワイヤーに弾力性がなくなってきたら新しい歯間ブラシに取り替える

LION おすすめの商品

この記事を書いたマイスター

みんなのコメント(0

この記事へのコメントを投稿してください。


関連するくらしのアイデア


みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です

キーワードから探す


あわせて読みたい記事

LION おすすめの情報

人気のアイデア 週間ランキング


Lideaからのお知らせ

ひとりでできるよキャンペーン

注目の記事

家事フェス
災害時の清潔・健康ケア