「歯間ブラシ」の正しい選び方

Meister1 face photo

LION オーラルケアマイスター

平野 正徳ひらの まさのり

歯とお口の健康
「歯間ブラシ」の正しい選び方

歯と歯の隙間には「歯間ブラシ」を!

外で食事をした時などに、歯と歯の隙間にものがはさまって困った経験はありませんか?特に歳を重ねると、歯茎が少しずつ退縮して歯と歯の間に隙間ができるため、食べ物がはさまったり歯垢がたまりやすくなったりします。口の中の清潔を保つためにも、1日1回「歯間ブラシ」を使って、歯と歯の隙間をキレイにしましょう。

部位に合わせて歯間ブラシを「使い分け」

歯間ブラシは、ナイロン毛を金属ワイヤーでねじって固定したブラシを、プラスチックのホルダーに取り付けた小さなブラシです。最近では、金属ワイヤーを用いないゴムタイプの歯間ブラシもあります。また、ハンドルの形状やブラシのサイズも様々なので、使用する部位や歯と歯の隙間の広さに合わせて「使い分け」するようにしましょう。

歯間ブラシの「形状」

ハンドルの「形状」は、以下のように「L字型」と「I字型」の2種類あります。

歯間ブラシの「形状」

歯間ブラシは歯茎の状態や部位に合わせた「サイズ選び」を!

歯間ブラシには様々なサイズがあります。ご自身の歯茎の状態や部位に合わせた「サイズ選び」が大切です。目安としては、歯と歯の隙間にスッと抵抗なく挿入できるサイズです。

歯間ブラシの「選び方」を動画で確認!

オーラルケアの基本は、歯垢を残さず落とすこと。歯と歯の隙間の広い場所には、歯間ブラシを使いましょう。歯間ブラシの「選び方」を、動画で詳しくチェックしてください。

歯間ブラシの選び方

1. 広い隙間に小さすぎる歯間ブラシを使うと、歯垢を十分に落とせない

 広い隙間に小さすぎる歯間ブラシを使うと、歯垢を十分に落とせない

歯の広い隙間の部分に小さすぎる歯間ブラシを使ってしまうと、歯垢を十分に落とすことができません。

2. 狭い隙間に大きすぎる歯間ブラシを使うと、歯肉退縮の原因に

狭い隙間に大きすぎる歯間ブラシを使うと、歯肉退縮の原因に

歯の狭い隙間の部分に大きすぎる歯間ブラシを使うと、歯肉退縮の原因になるので注意しましょう。

3. 歯間に無理なく挿入でき、きつく感じない程度を選ぶ

歯間に無理なく挿入でき、きつく感じない程度を選ぶ

歯間ブラシは、歯間に無理なく挿入でき、使った際にきつく感じない程度を選ぶようにしましょう。

4. 隙間の広さが大きく異なる場合は、数種類の歯間ブラシを使い分ける

隙間の広さが大きく異なる場合は、数種類の歯間ブラシを使い分ける

歯間ブラシには、歯と歯の隙間の広さによって使いやすいよう数種類あります。歯の隙間の広さが大きく異なる場合は、数種類の歯間ブラシを使い分けようにしましょう。

初めて使用する際は、「小さいサイズ」から試すのが良いでしょう。小さいサイズが挿入できない場合には、デンタルフロスの使用がおすすめです。適したサイズがわからない場合は、歯科医院で相談すると安心です。

LION おすすめの商品

この記事を書いたマイスター

みんなのコメント(0

この記事へのコメントを投稿してください。


関連するくらしのアイデア


みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です

キーワードから探す


あわせて読みたい記事

LION おすすめの情報

人気のアイデア 週間ランキング


Lideaからのお知らせ

ひとりでできるよキャンペーン

注目の記事

家事フェス
災害時の清潔・健康ケア