生姜(しょうが)は「ペーパー+保存バッグ」で長持ち!

Meister5 face photo

LION リビングケアマイスター

杉本 美穂すぎもと みほ

生姜(しょうが)は「ペーパー+保存バッグ」で長持ち!

生姜(しょうが)の保存は「乾燥を防ぐ」がカギ!

生姜には、独特の爽やかな香りとピリッとした辛さがあって、魚や肉などの臭みを取ったり、薬味としてつかって風味をプラスしたり、料理をワンランクアップさせてくれますよね。
でも、使いきれずに放置してしまうと、乾燥して干からびたり、腐ってカビが生えたり…保存に困っている方も多いのではないでしょうか。

生姜は、
●湿度は、低いのがとても苦手
●温度は、高すぎても低すぎてもダメ
と、ゴツゴツした見かけに反して、デリケートな性質です。
涼しい時期なら室内の風通しのよい冷暗所でも保存できますが、乾燥を防ぐように湿度を保たなければならないので、気温が高いとすぐに腐ったりカビが生えたりしてしまいます。

「冷蔵保存」なら野菜室で「ペーパーで包む+ジッパー付き保存バッグ」がおすすめ

冷蔵庫の野菜室は、生姜に対して少し温度が低すぎるのですが、一般の家庭内で湿度と温度の安定している環境として、生姜の保存に向いています。その野菜室を使って長持ちする保存方法を探ってみました。

いろいろな方法で2週間試した中で保存状態がよかったのは、生姜を乾いた厚手のクッキングペーパーで包み、ジッパー付き保存バッグに入れて密閉し、野菜室で保存したものでした。

2週間後、中のクッキングペーパーは、生姜のまわりの水気を吸収してしっとり濡れていました。
表面は乾いていますが、重量変化もほとんどなく、全体がかたくしっかりとしていて、内部は2週間後でもみずみずしく、おいしさをキープできました!

 <保存前> 

<2週間後>

冷蔵保存

切り口など傷んでいたら切り落とし、まわりの水気をふき取る。乾いた厚手のクッキングペーパーで包んでからジッパー付き保存バッグに入れ、密封して、野菜室で保存する。

●保存期間の目安 冷蔵で2週間
元の生姜の鮮度がよければ、1か月くらい保存しても使えます

ほかの保存方法では、2週間後は以下のような結果でした。

「乾いたクッキングペーパーで包むだけ」で、野菜室保存

ペーパーに包んだだけで保存バッグに入れないと、1週間後くらいから乾燥して固くなり、2週間後では外側はカラカラに乾いていて、かなり厚く皮をむかないと使えない状態に。重さも最初の約8割にまで減っていました。

 <保存前>   

<2週間後>

「買ってきた袋に戻し、袋の口をあけたまま」で、野菜室で保存

袋に接していた部分以外はカラカラに乾いて、すりおろししづらい状態。こちらも、重さは最初の約8割にまで減っていました。

 <保存前> 

<2週間後>

袋に接していなかった反対側

「ラップに包んで」野菜室で保存

重量はキープされ、全体的に見た目はきれいでしたが、切り口の部分は乾いたり、変色しはじめたりしていました。数日ならば、この方法でもOK。

<保存前>

<2週間後>

「水に浸して」野菜室で保存

水分をたっぷり含んで重さは保存前より5%アップ。見た目は新鮮な様子ですが、切ってみると、切り口や皮に近い部分は水っぽく、香りも若干少ない感じでした。数日ならば、この方法でもOK。

 <保存前> 

<2週間後>

ちなみに、その他にも常温保存(室温22℃前後)してみましたが、1週間で干からびたり、表面にうっすらとカビが生えたりして、使えない状態になりました。

「薄切り」や「すりおろし」で冷凍保存してもOK!

生姜を長く保存する場合は、使いやすいように皮をむいて薄切りにしたり、すりおろしたりして、冷凍保存します。

冷凍保存

「薄切りにして」

皮をむいて薄切りにする。
凍ってかたまりになると必要な分を取り出しにくくなるので、水気をふき取り、薄く平らにしてジッパー付き保存バッグに入れて冷凍保存。

●保存期間の目安 冷凍で1か月
●おすすめの利用法 凍ったまま煮物や炒め物に

「すりおろして」

皮をむいてから、すりおろす。凍ったあとに必要量を取り出しやすいように、
A:ジッパー付き保存バッグに平らに入れて冷凍
B:ラップで包んで細長くしてから、ジッパー付き保存バッグに入れて冷凍
C:小さめの製氷皿を使って小分けにしてから、ジッパー付き保存バッグに入れて冷凍

●保存期間の目安 冷凍で1か月
●おすすめの利用法 凍ったまま煮物や炒め物に使ったり、紅茶などドリンクに入れても 

「はちみつ漬け」を作って生姜を使い切る

生姜をはちみつに漬けておくだけで、生姜の成分がはちみつに溶け出し、料理やドリンクに使いやすいシロップになります。生姜の辛み成分は血行促進、はちみつの糖分は疲労回復に役立つといわれていますから、体にもいい組み合わせですね。

甘みと辛みが絶妙!生姜のはちみつ漬け

<材料>
生姜 適量(2かけ程度)
はちみつ 適量(生姜がはちみつから出ないようにたっぷり入れる)

<作り方>
(1)生姜はキレイに洗って皮をむき、薄切りにする。好みで細切りやみじん切り、すりおろしにしてもOK。
(2)煮沸消毒をした空き瓶に(1)を入れ、はちみつを加える。冷蔵庫に入れて保存する。

●保存期間の目安 冷蔵で3か月程度
●おすすめの利用法 そのまま炭酸水で割ってジンジャエール、お湯で割って飲み物として。紅茶、特にロイヤルミルクティーやココアとも相性は◎。ヨーグルトやパンケーキに添えて。豚の生姜焼き、鶏の照り焼きなどの調味料として。

LION おすすめの商品

Lidea会員になってクーポンを登録すればお店でお買い物するだけで電子マネー/ポイントカードのポイントが貯まります。

50p

リードクッキングペーパー レギュラー40枚/ダブル38枚×2いずれか1個で

このクーポンの詳細を見る

  • ※表示中のクーポンおよび商品はイメージです。
  • ※クーポンのご利用には、Lideaおよびカタリナへの会員登録が必要です。
キッチン

この記事を作成・監修したマイスター

みんなのコメント(0

この記事へのコメントを投稿してください。



みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です

キーワードから探す


あわせて読まれている記事

LION おすすめの情報

人気のアイデア 急上昇ランキング


Lideaからのお知らせ

irodori - くらしを彩るウェブマガジン

注目の記事

夫婦円満都市推進プロジェクト
災害時の清潔・健康ケア

Lidea公式facebookページ 日々更新中!

知っていると便利な情報や
お得なキャンペーンをお知らせします♪