衣類のくすみ・黒ずみは「詰め込み洗い」が原因⁉

衣類のくすみ・黒ずみは「詰め込み洗い」が原因⁉

毎回きちんと洗濯しているにも関わらず、いつの間にできてしまうタオルなどの衣類の「くすみや黒ずみ」。その原因のひとつは「詰め込み洗い」です。皆さんは、洗濯機で洗濯物を洗う時、「洗濯物の量」を意識していますか?意外なところにくすみや黒ずみの原因が潜んでいます。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

衣類のくすみ・黒ずみの原因は繊維の奥に蓄積される汚れ

毎日きちんと洗濯しているつもりなのに、いつの間にかくすんだり黒ずんだりしてしまうタオルやバスタオル、Tシャツ、肌着。
その原因のひとつは「洗濯しても落としきれずに残ってしまう目に見えない、繊維の奥に蓄積する皮脂汚れ」。皮脂汚れが酸化して黄ばみになり、さらにホコリなどがつくと黒ずみになります。
また「洗濯中に一度落とした汚れが他の衣類などに付着する再汚染」なども黒ずみの原因となります。一見キレイなタオルや肌着も実は、洗濯で落としきれない汚れが、繊維の奥で蓄積しはじめています。

くすみ・黒ずみの原因のひとつは「詰め込み洗い」

繊維の奥に汚れが蓄積する原因のひとつは「詰め込み洗い」です。ライオンの調査によると既婚女性の約7割の人が詰め込み洗いをしていることがわかりました。通常、1回分の洗濯物は洗濯機の容量の7割程度にするのが理想ですが、洗濯機に洗濯物を入れすぎている方が多いようです。

<詰め込み洗いをしている人の割合>

「詰め込み洗い」をすると洗濯中の衣類の動きが悪くなり「洗浄力が低下」する

洗濯機に衣類を適量入れれば、洗濯物はきちんと洗濯機の中で攪拌(かくはん)され、汚れ落ちも良くなります。しかし、「詰め込み洗い」をすると衣類の動きが悪くなり、洗浄力が低下します。
下記の動画は、「詰め込み洗いをした時」と「洗濯物を7割程度入れ洗濯した時」の洗濯機の中の衣類の動きの違いをみたものです。

<洗濯物容量別の洗濯機内の洗濯物の動き>

汚れをしっかり落とすには「洗剤の汚れを落とす力」だけではなく「洗濯機の機械力」が必要です。
いくら洗剤や漂白剤を使っても、詰め込み洗いにより「洗濯機の機械力」が機能しなければ、汚れをしっかり落とすことができないため、汚れが蓄積し衣類のくすみや黒ずみの原因になってしまいます。

「くすみ・黒ずみを予防する」お洗濯の方法

黒ずみはできてしまうと、落とすのがとても大変。「毎日のお洗濯で汚れ残りゼロ」を目指してお洗濯することを心がけましょう。

1.「詰め込み洗い」をしない

洗濯物は洗濯機の容量の7割程度におさえましょう。

適切な量(洗濯機容量の約7割)の洗濯物の例

「詰め込み洗い」になっている洗濯物の例

2.「皮脂汚れに効果の高い液体洗剤」を使う

くすみ・黒ずみの原因となる皮脂汚れに効果の高い液体洗剤を使いましょう。

3.目立つ汚れには「液体洗剤を直接塗布」してから洗濯機へ

エリ・袖口の汚れ、タオルの手垢などの汚れの気になる部分には、液体洗剤を直接塗布してから洗濯機へ入れましょう。洗濯機に入れる洗剤は、塗布した分を差し引いた量を入れます。

この3つのポイントをおさえて、汚れ残りゼロを目指しましょう。

すでにできてしまったくすみや黒ずみはつけおき洗いで落としましょう。詳しくはこちらをご覧ください。

この記事を作成・監修した
マイスター

大貫 和泉

お洗濯マイスター

大貫 和泉

おおぬき いずみ

洗濯用洗剤などの製品開発・調査に約20年携わってきました。
母親としての経験と研究活動を融合し、日々のお洗濯に役立つ情報をわかりやすくお伝えしていきます。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

Lidea会員限定キャンペーン アンケートボタンを押すだけで
LION商品が抽選で当たる!

この記事は
面白かったですか?

応募規約はこちら

今月のプレゼント

浴そうをこすらず洗える新方式のお風呂用洗剤、「ルックプラス バスタブクレンジング」を抽選で30名様にプレゼント!

ルックプラス バスタブクレンジング 本体 500ml

※香りはお選びいただけません。

  • 1記事につき1回のご回答が可能です。
  • 1か月に10口までのご応募となります。
  • 今回の回答数はマイページ上でご確認いただけます。
  • facebook
  • Twitter
  • LINE