シンクまわりをいつもピカピカに!ヌメリと水垢の落とし方

シンクまわりをいつもピカピカに!ヌメリと水垢の落とし方

シンクまわりは、落としにくい水垢や、気持ち悪いヌメリ、イヤなニオイが発生しがちですが、ピカピカに保ちたいもの。一番目につくシンクは、毎日の食器洗いの最後に、台所用洗剤をスポンジにつけてこすり洗い。すすいだ後は水滴をふき取りましょう。そのほか、水栓金具、排水口、排水パイプの掃除方法を場所ごとに紹介します。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

「シンクまわり」の日頃のお手入れ

あまり好きではない食後の後片付けで、「食器を洗うだけで精一杯だから、それで終わり」という方も多いのでは?ついてしまったら落としにくい水垢や、気持悪いヌメリやイヤなニオイを発生させないためにも、「シンクまわり」はちょっとしたお手入れで、いつもキレイにお掃除しておきましょう。

もっとも汚れやすい「シンク」の中は、次のような手順でお掃除しましょう。

毎日のお手入れ

食器洗いの最後には、台所用洗剤をつけてスポンジでこすり、そのあと水でよくすすぎます。

水垢を防ぐには、水滴をふき取っておきましょう。

定期的なお掃除

1.水垢でくもったシンクを、クリームタイプのクレンザーをつけてスポンジでこすります。

2.調理台との隙間などは、古歯ブラシを使って汚れを落とします。

3.クレンザーを残さないように、水でよくすすぎ、最後に布で乾ぶきをします。

  • ※クリームクレンザーが使えるかどうかは、キッチンの取扱説明書をご確認ください。

「水栓金具」のお掃除

「水栓金具」は、水垢がつきやすく目立つので、こまめなお掃除を心がけましょう。

1.クリームタイプのクレンザーをつけてスポンジでこすります。

2.つけ根や蛇口の下側など、細かいところは、古歯ブラシを使って隅々までこすります。

3.最後に水でよくすすぎ、布で乾ぶきします。

「水栓金具」のお掃除

「排水口」や「三角コーナー」のお掃除

「排水口」の汚れは、ヌメリやニオイの原因になります。汚れを放置せず、すぐに洗うのがポイントです。

毎日のお手入れ

1. ストレーナー(排水口内のゴミ受け)を取り出し、クレンザーまたは台所用洗剤をつけ、たわしや古歯ブラシで磨きます。
2. 水でよくすすぎます。排水口についているフタや菊割れゴムも同様にお掃除します。

ヌメリがついている時のお掃除

キッチン用の除菌・漂白剤をかけて、数分間放置後洗い流します。発泡タイプの排水口用クリーナーを使うのも便利です。

塩素系の製品を使う時は要注意

1. 使用する時は、必ず換気をして掃除用手袋を着用。2. 酸性タイプの製品と混ぜると有害な塩素ガスが発生して危険です。3. プラスチック製やステンレス製のストレーナーには使用できますが、銅製のものには使えません。

「排水パイプ」のお掃除

「排水パイプ」の中の汚れも定期的にお掃除して、イヤなニオイや詰まりを防ぎましょう。

1.排水口のまわりに排水パイプ用洗浄剤をかけ、所定の時間おきます。排水パイプ用洗浄剤によって、おく時間が異なりますので、製品の表示に従ってください。

2.十分に水を流します。

塩素系の排水パイプ用洗浄剤の使用上の注意

1.排水パイプ用洗浄剤も塩素系の製品がほとんどです。使用する時は、必ず換気をして、掃除用手袋を着用。2.塩素系の製品を使用する時は、酸性タイプの製品と混ざると有害な塩素ガスが発生して危険です。

吉井 和美

リビングケアマイスター

吉井 和美

よしい かずみ

掃除用洗剤の製品開発を約15年、技術者向けの情報発信を約5年経験してきました。
これまでの知識を活かし、掃除に前向きに取り組めるようなコツやノウハウをわかりやすくお伝えしていきます。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

Lidea会員限定キャンペーン アンケートボタンを押すだけで
LION商品が抽選で当たる!

この記事は
面白かったですか?

応募規約はこちら

今月のプレゼント

【こんな時こそ、毎日のケアが大事】歯ぐき活性化で歯周病を防ぐハミガキと、超極細毛の音波アシストブラシをセットで30名様にプレゼント!

    プレゼント詳細

  • システマハグキプラスプレミアムハミガキ エレガントフルーティミント
  • システマハグキプラス音波アシストブラシ
    ※画像はイメージです。
  • 回答は期間中、1記事につき1回のみ可能です。
  • 最大10記事への回答ができます。
  • 期間中の回答数はマイページにてご確認いただけます。
  • ご当選された方には翌月中旬頃メールにてご連絡いたします。
  • facebook
  • Twitter
  • LINE