床でゴロゴロしたい!気持ち良く過ごせる「床掃除」のポイント

床でゴロゴロしたい!気持ち良く過ごせる「床掃除」のポイント

床の感触を肌で感じながら気持よく過ごすためにも、おうちの「床」は特にキレイにしておきたいものです。そこで今回は、フローリングや畳のザラつきやベタつきをスッキリと取り除く、床掃除のポイントをご紹介します。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

「床掃除」のポイントとは?

床の感触を肌で直に感じると、汚れにも敏感になってしまいます。

床やたたみの上で気持ち良く過ごすためには、徹底的にキレイにしておきたいですよね。

そこで今回は、フローリングや畳など「床掃除」のポイントについてご紹介します。

「フローリング」のざらつきやベタつきを解消したい!

「フローリング」のざらつきやベタつきを解消したい!

普段の掃除機がけやふき取り用具を使った掃除で、目につくホコリはキレイにお掃除できても、ザラッとした砂ボコリが残って気になることもあります。また、シミのような床の汚れやベタつきを発見することも。そんな時は、床の水ぶき掃除に挑戦しましょう。ただし、「フローリング」の床は水分を嫌うので、頻繁な水ぶきはNG。水で濡らした雑巾は固く絞ってから、ササッとふきましょう。

「畳」の部屋も天気の良い日に拭き掃除

「畳」の部屋も天気の良い日に拭き掃除

ゴロリと横になりたい「畳」の部屋は、掃除機での掃除だけではなく、たまにはふき掃除をしてスッキリさせましょう。

畳も水分を嫌うため、普段は乾ぶきがおすすめですが、たまに水ぶき掃除をするのであれば、天気の良い日に行いましょう。水で濡らした雑巾を固く絞り、畳を傷めないように畳の目にそってふきます。

ふいたあとは、風通しを良くして畳の表面をしっかり乾燥させます。

「ラグ」や「カーペット」もすっきりキレイに!

「ラグ」や「カーペット」の繊維には汚れがからまったり、詰まったりしやすいので、綿ボコリや髪の毛はもちろん、砂ボコリや食べ物のカス、ダニの死骸などが入りこんでいます。掃除機はヘッドをゆっくりと動かし、ていねいにかけましょう。家で洗えるものであれば、天気の良い日に丸洗いしましょう。

TEACH ME, MEISTER!
教えてマイスター!

フローリングの「ザラつき」や「ベタつき」の正体は?

フローリングの「ザラつき」「ベタつき」の正体

掃除機をかけても、「ザラつき」や「ベタつき」が残りがちなフローリング。掃除機をかけてもこんな「汚れ」が残っています。

ザラつき

ザラつき

ダニや粉塵など、掃除機で除去しきれない非常に小さなゴミがあります。

ベタつき

ベタつき

ベタついたフローリングには小さなゴミが付着し、ザラつきの原因にもなります。

この記事を作成・監修した
マイスター

杉本 美穂

リビングケアマイスター

杉本 美穂

すぎもと みほ

家事関連の製品企画、マーケティングを約20年、生活者向け講習会などを約10年経験してきました。
毎日大変な料理や食事の後片付けなどを手早くラクにできるように、わかりやすくお伝えしていきます。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

Lidea会員限定キャンペーン アンケートボタンを押すだけで
LION商品が抽選で当たる!

この記事は
面白かったですか?

応募規約はこちら

今月のプレゼント

システマハグキプラス 電動歯ブラシとハミガキのセットを30名様にプレゼント。

・[医薬部外品]システマ ハグキプラス プレミアム ハミガキ 95g
・システマハグキプラス音波アシストブラシやわらかめ(本体)

※ハミガキの香味は選べません。

  • 1記事につき1回のご回答が可能です。
  • 1か月に10口までのご応募となります。
  • 今回の回答数はマイページ上でご確認いただけます。
  • facebook
  • Twitter
  • LINE