キッチンの排水口掃除は、この方法でヌメリ・ニオイを撃退!

Meister8 face photo

LION リビングケアマイスター

吉井 和美よしい かずみ

お掃除
キッチンの排水口掃除は、この方法でヌメリ・ニオイを撃退!

キッチンの排水口掃除、どう思っている?!

主婦が「できればやりたくない」と思っている家事を調査※1すると、「キッチンの換気扇掃除」、「浴室のカビ取り」、「排水口掃除」がワースト家事としてあげられました。特に食材を扱うキッチンの排水口は、ヌルヌルのヌメリ汚れが気になりますね。

では、キッチンの排水口の掃除について、皆さんどう思っているのでしょう。
意識調査※2をしたところ、「こまめに掃除して汚れがたまらないようにしている」という意見も多い一方で、「おっくう」「ついつい汚れをためがち」「きちんと掃除できていないと後ろめたい」など、排水口掃除に対してストレスを抱えている様子がうかがえました。
では、詰まりやニオイなどの実害さえなければキレイにしなくてもよいと考えているかといえば、ほとんどの方がNo。むしろ、「排水口がキレイだと気持ちよくキッチンに立てる」と、排水口のキレイさが調理へのモチベーションにも影響を与えるようです。

  • ※1 2017年、n=9,384、ライオン調べ
    ※2 2017年、n=400、ライオン調べ

少しでもヌメリをつきにくくするために、生ゴミはこまめに取り除こう

ヌメリ汚れは、「温度・水分・栄養」の3つの要素がそろうと、どんどん増えてしまいます。排水口の中は湿度100%になることもあるのですが、湿度を下げるのはなかなか難しい所。

ですから、まずは、少しでもヌメリがつきにくくするために、「栄養」となるストレーナーにたまった生ゴミをこまめに取り除いて、できるだけ3要素がそろわないようにしましょう。

キッチンの排水口のヌメリ汚れを、「触らないで」キレイにしたい

キッチンの排水口のお手入れ方法、皆さん試行錯誤していませんか。台所用洗剤をつけてスポンジでこすったり、漂白剤をかけたり、薬剤が徐々に溶けることでヌメリを防ぐ製品を排水口にセットしたり・・・。

ここでは、排水口のヌメリ汚れに「触らないで」お掃除できる「発泡タイプの排水口用クリーナー」を使ったお掃除方法を、『ルックプラス 清潔リセット』を例にご紹介します。
『ルックプラス 清潔リセット』以外の「発泡タイプの排水口用クリーナー」を使う場合は、その製品の表示に記載されている使い方や使用上の注意をよく読んでから使ってください。

『ルックプラス 清潔リセット』の使い方

『ルックプラス 清潔リセット』は塩素系の洗浄剤なので、使用中わずかに塩素臭がします。掃除を始める前に、窓を開けたり換気扇をまわしたりして、必ず換気の良い状態にしてください。

1. 排水口を水でぬらす

掃除をする前にストレーナーのゴミとネットを取り除き、排水口全体を水で濡らします。

2. 洗剤の粉を入れる

ストレーナー(ゴミ受けカゴ)の底に、まんべんなく洗剤の粉(1袋)を振り入れます。

3. 水をかける

粉全体にかかるように、コップ1杯(約200ml)の水を10秒くらいかけて、まんべんなく、ゆっくり回しかけます。

4. しばらく放置する

洗浄成分を含んだ泡が少しずつ、モコモコと出てきて、排水口全体を覆います。このまま30分以上放置します。(24時間以上放置しないでください)

5. 水で洗い流す

排水口を水でよく洗い流したら、お掃除は終了です。

下の動画は、内部が見やすいように透明の排水口を使って、『ルックプラス 清潔リセット』を使ったときの様子を撮影したものです。濃密な泡が排水口全体を覆う様子がわかりますか?

<『ルックプラス 清潔リセット』を使ったときの排水口内部の様子>
※透明にしたキッチン排水口を用い、横方向から見ています。

排水口のヌメリ汚れを、触らなくてもキレイにできれば、重い気持ちも楽になって気分よくキッチンに立てるかもしれませんね。

「使用上の注意」をよく読んで!

『ルックプラス 清潔リセット』は、「まぜるな危険」表示のある塩素系の洗浄剤ですので、表示に書いてある「使用上の注意」をよく読み、十分注意してご使用ください。
※必ず換気をよくして使用してください。
※酸性・アルカリ性タイプの製品やクエン酸、重曹、食酢、アルコール等と混ざると有害な塩素ガスが出て危険です。必ず単独で使ってください。
※銅製のストレーナー、真ちゅう製品、ディスポーザー(生ごみ処理機)には使わないでください。

奥の排水パイプやトラップ部分のお掃除

見えている排水口の部分だけでなく、その奥の排水パイプやトラップ部分も、月に1回くらいを目安にお手入れしましょう。キッチンの排水トラップのタイプ別に掃除方法をご紹介します。
ここでは代表的なものをご紹介しますが、トラップの形状や外し方は、キッチンのタイプによって異なりますので、事前に取扱説明書でご確認ください。

「わんトラップ」(お椀の形のトラップ)の場合

キッチンではよく見かけるタイプで、お椀を伏せたような形をしたトラップがついているのが、「わんトラップ」です。

奥のパイプのお掃除方法

「わんトラップ」は、左に回転させて引き抜いて外します。(外すとトラップとして機能しなくなるので、下水管のニオイが上がってきて、臭いと感じる場合があります。)

奥の排水パイプに液体のパイプクリーナーをかけ、しばらく置いてから水を流してすすぎます。長く置きすぎると、取れた汚れがたまって、かえって詰まりの原因になる場合もあるので、パイプクリーナーの表示に書いてある放置時間を守りましょう。

先端のノズルが曲がっているタイプのパイプクリーナーは、壁面に洗剤液がかけやすくて便利です。

お手入れの際は、排水パイプに物を落とさないように気をつけてください。

また、掃除が終わったら、トラップとして機能するように、「わんトラップ」を速やかに元に戻し、水を流してください。排水トラップ部分に水がたまることで、下水から悪臭や害虫が室内に侵入してくるのを防ぎます。

「ボトルトラップ」の場合

シンクの排水部の穴の部分を回すと、引き抜ける筒状のもの(封水筒)があるタイプの排水トラップが「ボトルトラップ」です。

トラップのお掃除方法

トラップ内部を掃除するには、液体のパイプクリーナーが便利です。
パイプクリーナーを排水口内に流し入れ、表示に書いてある時間を置いてから水を流してすすぎます。

ゴミなどがトラップの中にたまってしまったとき

排水に流してしまったゴミなどがトラップの中にたまっている場合は、シンク下のトラップ本体の下部についているキャップを開けて、中にたまっているゴミや汚れを取り除きます。

キャップを開けると、トラップにたまった水が流れ出てきます。塩素系の漂白剤やパイプクリーナーを使った直後におこなうのは避け、下に受け皿となるバケツや洗面器を用意してからキャップを開けてください。(水を抜くとトラップとして機能しなくなるので、下水管のニオイが上がってきて、臭いと感じる場合があります。)

掃除が終わったら、キャップを元どおりに取り付け、水を流してください。排水トラップ部分に水がたまることで、下水から悪臭や害虫が室内に侵入してくるのを防ぎます。水漏れがないことも合わせて確認しましょう。

「Sトラップ」の場合

シンク排水部に穴があいていて、シンク下のパイプが、文字通り「S」の形をしているのが「Sトラップ」です。

トラップのお掃除方法

排水パイプの内壁を掃除するには、液体のパイプクリーナーが便利です。
パイプクリーナーを排水口内に流し入れ、表示に書いてある時間を置いてから水を流してすすぎます。

ゴミなどがトラップの中にたまってしまったとき

排水に流してしまったゴミや汚れなどが「Sトラップ」にたまっている場合は、Sトラップの下部についているキャップを開け、竹串などの細い棒やブラシなどを使って、中のゴミや汚れを取り除きます。

キャップを開けると、トラップにたまった水が流れ出てきます。塩素系の漂白剤やパイプクリーナーを使った直後におこなうのは避け、下に受け皿となるバケツや洗面器を用意してからキャップを開けてください。(水を抜くとトラップとして機能しなくなるので、下水管のニオイが上がってきて、臭いと感じる場合があります。)

掃除が終わったら、キャップを元どおりに取り付け、水を流してください。排水トラップ部分に水がたまることで、下水から悪臭や害虫が室内に侵入してくるのを防ぎます。水漏れがないことも合わせて確認しましょう。


教えて マイスター

キッチンのパイプが詰まるのはどうして?

「油」は流さないで!

キッチンから流された油の一部はパイプの壁面に付着します。付着した油は、徐々に微生物によって分解されて、一部は「脂肪酸」というものに変化。脂肪酸は水に溶けないため、排水管内で蓄積してしまい、それが詰まりにつながっていくのです。

家庭の排水パイプから出てきた、
油が原因の詰まり物の一例

この脂肪酸、実はパイプクリーナーなどの洗剤を使っても洗浄することが困難な、やっかいな物質です。

「オイルボール」という言葉を聞いたことがありますか?

家庭などから流された油は、家の排水パイプだけでなく、街中に張り巡らされている下水道にも塊になって蓄積し、流れが悪くなるなどの不具合を生じます。

大雨が降った後などには、下水道内に蓄積していた塊がはがれ、オイルボールとなって、川や海に流出して水環境を汚すことにつながり、問題となっています。

参照:東京都下水道局ホームページ

油が原因となるパイプの詰まりを防ぐためにも、また、環境のためにも、以下のことに気をつけましょう。

揚げ物のあとの廃油は、排水口には流さない

使った油は、排水口には流さずに、新聞などを丸めて詰めた牛乳パックに流し入れて、燃えるゴミとして処分しましょう。
また、市販の「油凝固剤」を使って固め、燃えるゴミとして処分するのもいいでしょう。
自治体によっては、廃油を回収しているところもあるので、お住まいの自治体に問い合わせてみるのもおすすめです。

調理後のフライパンは、油をふき取ってから洗う

炒め物をした後のフライパンにちょっと残っている油も、そのまま水に流さず、キッチンペーパーなどで油をふきとってから洗いましょう。

LION おすすめの商品

この記事を作成・監修したマイスター

みんなのコメント(0

この記事へのコメントを投稿してください。


関連するくらしのアイデア


みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です

キーワードから探す


あわせて読まれている記事

LION おすすめの情報

人気のアイデア 急上昇ランキング


Lideaからのお知らせ

irodori THERMOS & Magica プレゼントキャンペーン
irodori - くらしを彩るウェブマガジン

注目の記事

夫婦円満都市推進プロジェクト
災害時の清潔・健康ケア