食中毒予防には「タオル」もマメな交換を!

食中毒予防には「タオル」もマメな交換を!

皆さんは、見た目が汚れていないからといって、同じタオルをずっと使い続けているなんてことはありませんか?今回は、「キッチンの手ふき用タオル」の汚染実態をご報告します。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

「キッチンの手ふき用タオル」の衛生

細菌やウイルスによる食中毒が気になる季節には、いつも以上にていねいに手洗いをされる方も多いと思います。でも、洗った後の手を拭くタオル、皆さんはどのくらいの頻度で交換していますか?
今回は、キッチン用の手ふき用タオルの交換頻度と、細菌を指標にした汚れ具合についての実験結果をご紹介します。

キッチンの手ふき用タオルの「交換頻度」調査

キッチンで使用している手ふき用タオルの「交換頻度」について実態調査を行った結果、7割以上の家庭で、同じタオルを2日以上使い続けていることがわかりました。洗面所やトイレで使用するタオルと同様、やはり「乾いていたり、見た目が汚れていなかったりすれば、つい使い続けてしまう」ということが多いようです。

Q.キッチンの手ふき用タオル、どれくらいの頻度で交換していますか?

Q.キッチンの手ふき用タオル、どれくらいの頻度で交換していますか?

※2012年ライオン調べ n=32

キッチンの手ふき用タオルには「細菌」がいっぱい!

では、実際にキッチンで使用した手ふき用タオルにはどのくらい「細菌」が付いているのでしょうか?次の2種類のタオルを用意して調べてみました。

1.洗濯したてのタオル

2.キッチンで2日間使用したタオル(3世帯:手ふき回数24~34回)を1日室温で乾燥させたもの

それぞれの菌汚染状態を調べたところ、下の写真のように、2からは、一旦乾燥させたあとにもかかわらず、多数の細菌が検出されました。さらに、これらのタオルを使ってハンドソープで洗ったあとに手をふき、その手のひらについた細菌を調べた結果、2でふいたあとの手には、タオルから細菌が移ってしまっていることがわかったのです。

キッチンの手ふき用タオルには「細菌」がいっぱい!

細菌の多い「キッチン」のタオルはマメな交換を!

いくら気を付けて手洗いしていても、このようなタオルで手をふいたのでは台なしです。実は、水と食べ物を扱う「キッチン」は、家の中でもっとも菌が多い場所。手を菌の運び屋にしないためにも、キッチンで使用する手ふき用のタオルはマメに交換するようにしましょう。

調理がすんだら手をキレイに洗い、手ふき用のタオルも交換しましょう。

この記事を作成・監修した
マイスター

芳賀 理佳

ヘルスケアマイスター

芳賀 理佳

はが りか

くらしを彩る製品の香りの研究・開発、および身体洗浄剤・制汗剤の開発に約25年携わってきました。
快適な毎日が過ごせるよう、からだの健康・衛生・美容に役立つ情報をご紹介していきます。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

Lidea会員限定キャンペーン アンケートボタンを押すだけで
LION商品が抽選で当たる!

この記事は
面白かったですか?

応募規約はこちら

今月のプレゼント

キレイキレイ薬用ハンドジェルの本体(ポンプ)と携帯用のセットを30名様にプレゼント!

・キレイキレイ薬用ハンドジェル 本体 [指定医薬部外品]
・キレイキレイ薬用ハンドジェル 携帯用 [指定医薬部外品]

指定医薬部外品 [効能]手指・皮膚の洗浄・消毒 [販売名]ライオン薬用ハンドジェル

  • 1記事につき1回のご回答が可能です。
  • 1か月に10口までのご応募となります。
  • 今回の回答数はマイページ上でご確認いただけます。
  • facebook
  • Twitter
  • LINE