「帽子」の洗い方 しまう前にすっきりキレイに!

「帽子」の洗い方 しまう前にすっきりキレイに!

紫外線対策に欠かせない「帽子」をすっきり洗う方法を紹介します。汗やファンデーションなどで汚れた帽子は、付属品を取り外してホコリを払い、やさしく押し洗いしましょう。脱水は短時間で済ませ、風通しのよいところに陰干しするのがポイント。干すときには、頭にかぶるようなイメージで洗濯ネットを詰めれば、型くずれも防げます。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

夏物の「帽子」はしまう前にお洗濯を

ひと夏着用した「帽子」は、表面はホコリや排気ガスなどで、内側は汗やファンデーションなどで汚れています。大切な帽子が型くずれしないよう、キレイに洗濯してから保管しましょう。今回は、帽子の前処理から洗い方、干し方までをご紹介します。

洗濯表示を確認

裏面についている洗濯表示をチェックして、家庭で洗えるかどうかを確認します。

洗濯表示は2016121日に改定されました。

新・洗濯表示に「洗濯おけ」や「手洗い」の記号がついている場合は、家庭で洗えます。従来の絵表示に「洗濯機」マークや「手洗い」マークがついている場合は、家庭で洗えます。

新・洗濯表示や従来の絵表示に「洗濯おけに×」がついている場合は、家庭で洗えません。
手洗いマークの衣類を洗濯機で洗う場合は、洗濯機で洗えるかどうか洗濯機メーカーの情報を確認しましょう。

帽子の「お洗濯」のしかた

帽子は以下の手順で、やさしくお洗濯しましょう。

1. 「付属品」を取り外し、ホコリを払う

まず、コサージュやリボンなどの取り外せる「付属品」は、外しておきます。帽子全体についているホコリは手ではたくか、洋服ブラシで払い落としておきます。

2. 目立つ汚れがある場合の「前処理」

ひたいが触れる内側や、手で触るツバなどは汚れやすい部分なので、「前処理」をしておきましょう。洗濯前に汚れを確認して、「おしゃれ着用洗剤(アクロン)」を直接汚れの部分につけ、キャップの角で軽くたたき、洗剤を汚れになじませておきましょう。

3. 水洗いする

洗濯機で洗う場合は「洗濯ネット」を使う

洗濯機で洗う場合には、「洗濯ネット」に入れましょう。刺しゅうやビーズがついている場合には、裏返してから洗濯ネットに入れ、ドライコースか手洗いコースなどの弱水流コースで洗います。

手洗いの場合は「押し洗い」する

手洗いする場合には、洗面器などに「おしゃれ着用洗剤」を適量入れ、「押し洗い」でやさしく洗います。すすいだ後、「防臭効果のある柔軟剤」を使って仕上げをしましょう。

4. 「脱水」は短時間で

型くずれを防ぐため、脱水は短時間にします。

5. 干す時は「陰干し」する

干す時には、「陰干し」にします。頭にかぶせるようなイメージで「洗濯ネット」を帽子に詰めて形を整え、ペットボトルなどにのせて、風通しの良いところに干しましょう。

帽子の「お洗濯」のしかた

この記事を作成・監修した
マイスター

大貫 和泉

お洗濯マイスター

大貫 和泉

おおぬき いずみ

洗濯用洗剤などの製品開発・調査に約20年携わってきました。
母親としての経験と研究活動を融合し、日々のお洗濯に役立つ情報をわかりやすくお伝えしていきます。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

Lidea会員限定キャンペーン アンケートボタンを押すだけで
LION商品が抽選で当たる!

この記事は
面白かったですか?

応募規約はこちら

今月のプレゼント

キレイキレイ薬用ハンドジェルの本体(ポンプ)と携帯用のセットを30名様にプレゼント!

・キレイキレイ薬用ハンドジェル 本体 [指定医薬部外品]
・キレイキレイ薬用ハンドジェル 携帯用 [指定医薬部外品]

指定医薬部外品 [効能]手指・皮膚の洗浄・消毒 [販売名]ライオン薬用ハンドジェル

  • 1記事につき1回のご回答が可能です。
  • 1か月に10口までのご応募となります。
  • 今回の回答数はマイページ上でご確認いただけます。
  • facebook
  • Twitter
  • LINE