水着の適切な洗い方は?色移りと型くずれをケアする洗濯のポイント

Meister9 face photo

LION お洗濯マイスター

大貫 和泉おおぬき いずみ

水着の適切な洗い方は?色移りと型くずれをケアする洗濯のポイント

水着の型くずれや色移りを防ぐ、「持ち帰り方」と「洗い方」のコツ

「お気に入りの水着」「ビーチデニム(デニム地のショートパンツ)」は色あせや色移りなく、水着に入り込んだ砂もしっかり落として、いつまでもキレイな状態を保っていたいですよね。お家でのお洗濯はもちろん、水着を持ち帰る時にも注意が必要です。

水着を持ち帰る時のポイント

1. 水洗いする

海水の塩分やプールの殺菌成分が色落ちや傷みの原因になるため、脱いだらすぐに水洗いしましょう。砂がついている場合は、水流で砂をできるだけ洗い流します。濡れた状態でこすると、さらに砂が繊維に入り込み、落ちにくくなりますので、こすらないように注意しましょう。

砂を洗い流す

2. 色落ちしないタオルに別々に包んで持ち帰る

ビーチデニムと水着を一緒の袋に入れて持ち帰ると、ビーチデニムの色が水着に移ってしまう可能性があります。色落ちしないタオルにそれぞれを包み、別々の袋に入れて持ち帰りましょう。

ビーチデニムと水着を別々にしてタオルに包む

要注意!

車のトランクルームは特に夏は高温状態になり、色移りや生地の劣化につながるので、長時間入れないようにしましょう。

水着のお洗濯の手順

水着をお洗濯する時の手順をご紹介します。

水着の素材には、ポリエステルとポリウレタンが使用されていることが多く、デリケートな素材なので、おしゃれ着用洗剤を使いましょう。洗剤で洗う前に、砂やオイルなどの汚れは落としておくのもポイントです。

洗う前のポイント

1. 洗濯表示を確認し、外せる胸のパッドは外す

衣料についているタグや、洗濯表示、表示の裏などに記された注意書きも確認しましょう。また、結んであるリボンは解き、胸のパッドは外しましょう。
水着に砂がついている場合は、洗濯機を傷めることがあるので、手洗いしましょう。

2. おしゃれ着用洗剤(アクロン)を使う

色あせや型くずれを防ぐために、おしゃれ着用洗剤を使いましょう。

3. 落ちにくい汚れがある場合は前処理する

サンオイルなどで汚れた部分にはおしゃれ着用洗剤の原液を、シミには液体酸素系漂白剤かしみ用の部分剤洗い剤を直接塗布しましょう。

汚れている部分に洗剤を塗布する

要注意!

素材によってはシミになる場合があるので、目立たない部分で試してから使いましょう。

<洗濯機で洗う場合>

1. 洗濯ネットに入れる

水着は型くずれしやすくデリケートな素材です。型くずれを防ぐために、洗濯ネットに入れて洗いましょう。肩ひもやリボンなどの絡まりも防げます。ホックやファスナー、ボタンなどがついている場合は、とめておきます。

ビーズやスパンコール、コサージュなど、お洗濯中に取れる可能性のある装飾がついている時は、裏返してから洗濯ネットへ入れましょう。

2. 手洗いコースまたは、ドライコースで洗う

洗濯液は30度以下にしましょう。脱水は、型くずれしないように短めに設定しましょう。なめらかに仕上げて肌触りをよくするために、柔軟剤を併用するのもおすすめです。

<手洗いの場合>

1. 洗剤液を作る

洗濯桶や洗面ボールなどに30℃以下の水を(4L)入れ、おしゃれ着用洗剤(10mL)を溶かして洗剤液を作りましょう。

2. やさしく手洗いする

全体を「押し洗い」や「振り洗い」でやさしく洗います。

振り洗いでやさしく洗う

押し洗いでやさしく洗う

外した胸パッドも、押し洗いする

3. すすぐ

2と同様にすすぎを2回行いましょう。

4. 柔軟仕上げをする

さらになめらかに仕上げて肌触りをよくしたい場合は、柔軟仕上げをしましょう。2回目のすすぎの時に、洗濯おけや洗面ボールに水と柔軟剤を入れ、水着を軽く押します。

5. タオルドライする

水着をタオルで包み、型くずれしないようにやさしく手で押し、水分をタオルに移します。

干す

要注意!

水着は型くずれしやすく、熱に弱い素材なので、回転式衣類乾燥機の使用は避けてください。

1. 干す前に形を整える

型くずれを防ぐために、脱水後はすぐに干しましょう。縦横に軽く引っ張って形を整えます。フリンジやフリル、コサージュや胸のカップ部分もていねいに形を整えましょう。

形を整える

2. 陰干しする

色あせを防ぐために、またポリウレタンは日光に弱い素材なので陰干しにします。肩ひもをつまんで干すとのびやすいので、脇やアンダーバスト部分をはさんで干しましょう。また、ビーチデニムも紫外線での変色を防ぐために、裏返して干しましょう。

脇の部分をはさんで干す

3. 乾いてから、繊維に入り込んだ砂を、指ではじいて取る

砂は濡れている時よりも乾いている時の方が、簡単に取ることが出来ます。布地を伸ばし、指ではじきながら、砂を取りましょう。

指ではじいて砂を取る

収納・保管

つぶれないように収納します。胸部分に丸みがあるタイプは、押しつぶさないにゆったりと収納しましょう。また、長期保管する場合は、特に気を配りましょう。ポリウレタン入り素材は湿気に弱いので、引き出しに収納する時は極力湿気の少ない上の段に収納します。

「シリコンブラ」のお手入れ方法

キレイな胸の谷間を作ることができる、「シリコンブラ(水着用のパッド)」ですが、洗濯用洗剤や柔軟剤は、使用できません。洗い方は商品に記載された説明書に則って行いましょう。干す時は、型くずれを防ぐために、洗濯ネットに入れて干しましょう。

洗濯ネットに入れて干す

LION おすすめの商品

お洗濯

この記事を作成・監修したマイスター

みんなのコメント(0

この記事へのコメントを投稿してください。



    みんなのハテナ

    掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

    これまでに寄せられた悩みを見る >

    質問するには
    ログインが必要です

    キーワードから探す


    あわせて読まれている記事

    LION おすすめの情報

    人気のアイデア 急上昇ランキング


    Lideaからのお知らせ

    irodori - くらしを彩るウェブマガジン

    注目の記事

    夫婦円満都市推進プロジェクト
    災害時の清潔・健康ケア

    Lidea公式facebookページ 日々更新中!

    知っていると便利な情報や
    お得なキャンペーンをお知らせします♪