あと1品に役立つ!「レンチンにんじん」の冷蔵・冷凍ストックで時短おかず

Meister5 face photo

LION リビングケアマイスター

杉本 美穂すぎもと みほ

キッチン
あと1品に役立つ!「レンチンにんじん」の冷蔵・冷凍ストックで時短おかず

にんじんはレンジでチンして保存すれば、料理のレパートリーが広がる!

にんじんは、カレー、シチュー、肉じゃがにしか使わない。「1袋3本入り」のにんじんを買ってきたものの、全部使い切れずに冷蔵庫の隅でしなしなに…なんてことありませんか?
最近のにんじんは、甘くて、おいしく、β-カロテンなどの栄養がたっぷり。しかも食卓を鮮やかに彩る、キレイなオレンジ色。「あと1品欲しい…」という時に活用しない手はありません。もっとレパートリーを増やして、無駄なく使いたいですよね。

そこで今回は、ちょっと欲しい時にすぐに使える、にんじんの下ごしらえテクニックをご紹介。
ピーラーで「ひらひらにんじん」にしたり、スライサーなどで「せん切りにんじん」にしてから、電子レンジでチン!するだけ(詳しい作り方はこちら)。

にんじんはレンジでチンして保存すれば、料理のレパートリーが広がる!

この下ごしらえした「レンチンにんじん」を冷蔵庫や冷凍庫にストックしておけば、帰宅後の慌しい夕食作りや忙しい朝のお弁当作りに大助かりです!

「レンチンにんじん」の作りおきで副菜1品がすぐできる!

「レンチンにんじん」は、1本分や1/2本分など、1回に使う分量ずつジッパー付き「保存バッグ」に入れて冷蔵保存、または冷凍保存しておくのが便利!

「レンチンにんじん」の作りおきで副菜1品がすぐできる!

例えば以下のように、「炒め物」「卵とじ」「サラダ」「汁物」などに展開すれば、「1袋3本入り」のにんじんも、1週間で使い切れますよ。

<レンチンにんじんの使い方 早見表>

「メインのおかずはがんばって作ったけど、副菜まで手が回らない!」「いつも同じ副菜ばかり!」。
そんな時に、「レンチンにんじん」を活用してみてください。ちょこっと手を加えるだけで、彩りも栄養もある1品がすぐに作れます。

「レンチンにんじん」は冷蔵も冷凍もできるので、「週の前半用は冷蔵、週の後半用は冷凍」など、使い分けてもいいですね。

冷凍した場合は、鍋やフライパンにそのまま「ポン!」

冷凍した場合は、鍋やフライパンにそのまま「ポン!」

冷凍した「レンチンにんじん」は、汁物や煮物にそのままポン!と入れるだけ。炒め物でも、解凍せずにそのまま使えます。
また、サラダやあえ物で食べたい時は、電子レンジで解凍・加熱してから使いましょう。

「レンチンにんじん」は「ぬらくるチン」でもっとカンタン&おいしく!

「ぬらくるチン」とは、フェルトタイプのクッキングペーパーを使って「ぬらして・くるんで・チン」すること。

にんじんのようにかたい根菜を電子レンジで加熱する時は、水でぬらしたフェルトタイプのクッキングペーパーでくるむと、外側・内側からの「Wスチーム効果」で、加熱ムラが少なくなります。
また、加熱中に出てくる余分な水分もクッキングペーパーが吸ってくれるので、ベチャっとしません。
ラップをしてチンするより、おいしさに差が出るのでぜひお試しください!
作り方は以下のとおりです。夕食の調理のついでや週末の時間のある時に、パパッと作っておくのがおすすめです。

1. にんじんを切る

にんじん1本(約150g)を水洗いし、皮をむいてから切ります。
薄切りにする「ひらひらにんじん」にはピーラー(皮むき器)を、「せん切りにんじん」にはスライサーなどを使うと、すばやく、しかも均一の薄さや細さに切れるので便利です。

1. にんじんを切る
ひらひらにんじん(左)・せん切りにんじん(右)

2. ぬらしたクッキングペーパーで包む

フェルトタイプのクッキングペーパーを水でぬらして軽くしぼり、にんじんを包んで耐熱皿にのせます。量が多くて1枚で包みきれない場合は、2枚使って上下からはさんでください。

2. ぬらしたクッキングペーパーで包む

3. 電子レンジで加熱する

電子レンジ(600w)で約2分30秒加熱します(1本150gの場合。2本300gなら約5分加熱)。「ひらひらにんじん」でも「せん切りにんじん」でも、加熱時間は同じです。

3. 電子レンジで加熱する

「レンチンにんじん」を冷蔵・冷凍保存する時のコツ

「レンチンにんじん」は、1回分に小分けをしてジッパー付きの保存バッグに入れて、数日で使う予定があるなら冷蔵保存、すぐに使わない場合は冷凍保存しておきましょう。

以下に、おいしさをキープして、使いやすく保存するコツをまとめました。

1 加熱後は、よく冷ましてからジッパー付き「保存バッグ」に入れる

2 保存期間は、冷蔵で3日、冷凍で2週間を目安に

3 冷凍する時は保存バッグに「平らに」「薄く」入れる
薄く平らにして入れると熱が伝わりやすいので、より速く冷凍できます。そのまま加熱する時にも火通りが良く、調理時間を短縮できます。少しだけ使いたい時にも、手で折って取り出せます。

4 冷凍する時は霜がつきにくくなるように、できるだけ空気を抜く
水の中に入れたバッグを手で押さえながら封をすると、簡単に空気が抜けます。

 

5 保存バッグが大きい時は半分にたたんでから冷凍すると、1袋で2回分になる

「レンチンにんじん」でメイン料理もすぐできる!

「レンチンにんじん」は、皮をむいたり切ったりする必要がないので、帰宅後、急いで夕食を作りたい、働く女性にもぴったり。副菜だけでなく、メイン料理にもなるのです。今回は「ひらひらにんじんの豚肉巻き」のレシピをご紹介します。

ひらひらにんじんの豚肉巻き

にんじんというと脇役のイメージですが、こんな風に肉巻きに使うと、ボリュームが出て主役級に!彩りが良く、栄養も満点なおかずです。

ひらひらにんじんの豚肉巻き

<材料(2人分)>
豚ロース薄切り肉 6枚
ひらひらにんじん 1本分(150g)
塩、こしょう、小麦粉 各少々
しょうゆ 大さじ1
酒 大さじ1
みりん 大さじ2
サラダ油 小さじ1

<作り方>
(1)豚肉は3枚ずつ、端が少し重なるように縦長に置き、塩、こしょう、小麦粉を振り、「ひらひらにんじん」を半量ずつのせて包む。

(2)フライパンにサラダ油を中火で熱し、肉の巻き終わりを下にして並べる。全面に焼き色がついたら少し火を弱め、しょうゆ大さじ1、酒大さじ1、みりん大さじ2を加え、中火に戻してたれをからめながら焼く。

生のまま残っていると調理が面倒になるにんじんですが、レンチンの「下ごしらえ」がしてあるだけで、副菜に、主菜に、アレンジ自在!レパートリーがぐ~んと広がりますよね。
オレンジ色がキレイだから、「色が地味になっちゃう」という献立やお弁当も、彩りが鮮やかになります。
ぜひ、今日の「あと一品!」に、「レンチンにんじん」を役立ててくださいね。


教えて マイスター

レンチンにんじんは「ラップして冷凍」ではダメなの?

ラップは空気を通すため、保存バッグの方がおいしく鮮度を保てます

下ごしらえした野菜を、ラップに包んで冷凍している方も多いですよね。ラップは樹脂の厚さが薄いので、微量ですが空気を通します。そのため、長く保存すると霜がつきやすく、庫内のニオイも移ってしまいます。

ジッパー付き「保存バッグ」は、厚みがあり空気を通しにくいので、食材の乾燥や酸化、ニオイ移りを防いで保存することができます。

LION おすすめの商品

Lidea会員になってクーポンを登録すればお店でお買い物するだけで電子マネー/ポイントカードのポイントが貯まります。

50p

リードクッキングペーパー レギュラー40枚/ダブル38枚×2いずれか1個で

このクーポンの詳細を見る

  • ※表示中のクーポンおよび商品はイメージです。
  • ※クーポンのご利用には、Lideaおよびカタリナへの会員登録が必要です。

この記事を書いたマイスター

みんなのコメント(0

この記事へのコメントを投稿してください。


関連するくらしのアイデア


みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です

キーワードから探す


あわせて読みたい記事

LION おすすめの情報

人気のアイデア 週間ランキング


Lideaからのお知らせ

ひとりでできるよキャンペーン

注目の記事

家事フェス
災害時の清潔・健康ケア