アレルギーの原因にもなるハウスダスト。その正体と対策を紹介!

Meister8 face photo

LION リビングケアマイスター

吉井 和美よしい かずみ

お掃除
アレルギーの原因にもなるハウスダスト。その正体と対策を紹介!

ハウスダストとはいったい何?

家の中のホコリを総称して、よく「ハウスダスト」といいます。ハウスダストは衣類や布団から出た繊維クズ、ダニの死骸や糞、髪の毛、花粉、カビの胞子、砂ボコリなど、様々なものが混じり合っています。

ハウスダストはとても小さい

ハウスダストはとても小さいので、人やものの動き、ドアを開閉した時の空気の動きなどで舞い上がり、また床に落ちてたまっていきます。

<ハウスダストの大きさ>

花粉やダニはアレルギー症状を引き起こす原因になることも

スギをはじめとした一部の花粉によって引き起こされるくしゃみ、鼻水・鼻づまり、目やのどのかゆみといった花粉症の症状に悩まされている方も多いのではないでしょうか。
また、ダニもアレルギーの原因として知られています。実際にアレルギーを引き起こすのは、室内によく生息しているチリダニ科のヒョウヒダニという種類のダニで、死骸や糞も喘息や鼻炎などのアレルギー症状を引き起こすので、お子様のいるご家庭では特に注意して対策していきたいですね。

ハウスダスト対策はこれで安心!

ハウスダストの中でも、アレルギー症状を引き起こす原因になることがある花粉とダニの対策についてご紹介します。

花粉対策

<花粉が室内に入り込まないようにする>
花粉が室内に入り込む原因の1つは「衣類」で、外出した時に衣類に花粉が付着し、そのまま室内に持ち込まれてしまいます。花粉は静電気の発生によって、より衣類に付着しやすくなりますので、外出前は衣類に静電気防止スプレーをかけると良いでしょう。また、柔軟剤には静電気の発生をおさえる効果がありますので、日頃のお洗濯の時に、柔軟剤で仕上げるのもおすすめです。
着る服を選ぶ時には、静電気が発生しにくい素材の衣類にするなど、ちょっとした心掛けも大切です。

<室内に入ってしまった花粉を除去する>
室内に侵入して一度床に落ちた花粉も、人が動いたときなどの空気の流れでまた舞い上がり、室内に飛散してしまいます。そこで、花粉をお掃除するのにおすすめなのが、人の動きが少ない朝の時間帯です。いきなり掃除機をかけると排気の勢いで花粉が舞い上がってしまいますので、まずはふき掃除から始めましょう。水ぶきができるロボット掃除機を持っている方は、朝一番に動かすといいですね。家事の時短や効率化にもつながります。

ダニ対策

<ダニを寄せ付けない環境にする>
ダニはどの家にもいて、特に気温20~30℃、湿度60%以上になる梅雨から秋にかけて活動が活発になります。ダニを寄せつけない家にするために、こまめに換気して湿度を下げたり、ダニのえさとなる食べかすなどはこまめに掃除したりするなど、普段から心掛けましょう。

<布団・カーペットのダニを退治する>
ダニを退治するためのポイントは、まず生きているダニを死滅させ、その後に死骸などを掃除機で吸い取ります。生きているダニはものにしがみついているので、掃除機でもなかなか吸い取りきることができません。
布団のダニ対策には、ダニは50℃以上の高温になると生きていられないので、温風を直接布団に吹き込むことができる布団乾燥機を活用すると良いでしょう。終わったあとは、布団に残った死骸や糞を、掃除機を使って取り除いてください。
カーペットなどのように、広い面積や取り外しができないもののダニ対策には、くん煙タイプの殺虫剤がおすすめです。どこにいるかわからないダニを、部屋のすみずみまで退治できます。そのあと、忘れずに掃除機をかけて、残った死骸や糞を取り除いてください。

LION おすすめの商品

この記事を書いたマイスター

みんなのコメント(0

この記事へのコメントを投稿してください。


関連するくらしのアイデア


みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です

キーワードから探す


あわせて読みたい記事

LION おすすめの情報

人気のアイデア 週間ランキング


Lideaからのお知らせ

ひとりでできるよキャンペーン

注目の記事

家事フェス
夫婦円満都市推進プロジェクト
災害時の清潔・健康ケア