「おしゃれ着洗い」とは?失敗しない洗い方とおすすめの洗剤

「おしゃれ着洗い」とは?失敗しない洗い方とおすすめの洗剤

「おしゃれ着洗い」とは、おしゃれ着用洗剤を使って、洗濯機の弱水流コースや手洗いで、洗濯時のしわや色落ちなどを防ぎながら洗濯すること。ニットやレースなどのデリケートな衣類、お気に入りの衣類の洗濯方法や、おしゃれ着洗いと普通の洗濯で使用する洗剤の違いも解説します。

Share

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

「おしゃれ着洗い」とは

「おしゃれ着洗い」とは、おしゃれ着用洗剤を使って、洗濯機の「手洗いコース」「ドライコース」といった弱水流コースや手洗いで、洗濯時のしわ、色落ち、毛羽立ちなどを防ぎながら洗濯することです。
毛羽立ちや型くずれを防ぐ効果のあるおしゃれ着用洗剤を使用すると、着用時の衣類へのダメージを抑えることもできます。
レースなど繊細な飾りのついた衣類やシルク、ウールなどデリケートな素材のものだけでなく、お気に入りのTシャツなど、大切に洗いたい衣類にもぴったりです。

「おしゃれ着用洗剤」とは

おしゃれ着洗いをする時は、「おしゃれ着用洗剤」を使用することをおすすめします。
おしゃれ着用洗剤」とは、ニットやレースなどのデリケートな衣類や、型くずれを防ぎたい衣類やさしく洗い上げる、衣類用の中性洗剤です。普段のお洗濯で使う「一般衣料用洗剤」にはない、型くずれ、色あせ、毛玉、などの防止効果があるのが特徴で、おしゃれ着洗いに適しています。

おしゃれ着洗いをする時は、「おしゃれ着用洗剤」を使用することをおすすめします。

ニットやブラウスなどのおしゃれ着のほか、帽子やマフラー、ストールなどのファッション小物、浴衣や水着、カーテンやぬいぐるみまで、幅広く使用できます。
ただし、素材や装飾により家庭では洗濯できない場合があるので、事前に衣類のタグにある洗濯表示を確認してください。

おしゃれ着洗いができる衣類・できない衣類の見分け方

家庭でおしゃれ着洗いができるかどうかを見分けるには、衣類のタグにある洗濯表示をチェックします。

洗濯表示
洗濯表示 洗濯表示 洗濯表示

このマークがある衣類は、おしゃれ着洗いがおすすめです。

これらのマークは、セーター、ブラウス、スカート、ジャケット、スーツ、制服など、洗濯時に型くずれが起きやすい衣類に多く表示されています。

また、お気に入りのTシャツなど、色やシルエットをできるだけキープしたい衣類にも、おしゃれ着洗いはおすすめですよ。

おしゃれ着洗いができないのは、タグの洗濯表示にこのマークがついた衣類です。

家庭で洗濯できない 洗濯表示

このマークがついたものは、家庭で洗濯できませんのでご注意ください。

おしゃれ着洗い 基本の洗い方

おしゃれ着用洗剤を使ってデリケートな衣類を洗う、基本の洗い方をご紹介しましょう。

1.気になる汚れにおしゃれ着用洗剤を塗布する

エリや袖口についた汗ジミや皮脂、食べこぼしのシミなど、汚れが気になる部分には、おしゃれ着用洗剤の原液を直接塗布します。ニットなど洗剤がしみ込みにくい場合は、キャップの底などで軽くたたいて、なじませて。

おしゃれ着用洗剤の原液を直接塗布します

2.洗濯機や手洗いでやさしく洗う

●洗濯機で、簡単におしゃれ着洗い
洗濯機で洗えるものは、「手洗いコース」「おしゃれ着コース」「ドライコース」「おうちクリーニングコース」など弱水流のコースを選んで洗うと簡単です。
この時、洗濯ネットを使用すると、ほかの衣類との絡みや型くずれを予防できます。衣類はたたんで、洗濯ネットに入れます。

衣類はたたんで、洗濯ネットに入れます 洗濯機で、簡単におしゃれ着洗い

●手洗いで、丁寧におしゃれ着洗い
洗濯機で洗えない衣類や、丁寧に洗いたい衣類は、手洗いします。

洗濯桶や洗面ボウルに、30度以下の水とおしゃれ着用洗剤を適量(アクロンの場合、水4Lに対して10mlが目安)入れ、衣類を静かにしずめてやさしく洗います。

ニットなどの厚手の衣類は「押し洗い」、シフォンのブラウスなど薄手の衣類は「アコーディオン洗い」が適しています。こすったりもんだりすると生地が傷むので、ご注意ください。

 上からやさしく押して洗う「押し洗い」

ニットなどの厚手の衣類 上からやさしく押して洗う「押し洗い」

 「寄せる、広げる」の動作を40回ほど繰り返す「アコーディオン洗い」

「寄せる、広げる」の動作を40回ほど繰り返す「アコーディオン洗い」

「寄せる、広げる」の動作を40回ほど繰り返す「アコーディオン洗い」

その後、洗う時と同じ要領で「すすぎ」を2、キレイな水で行います。すすぎ後、洗濯機に入れて30秒~1分程度、軽く脱水します。

3.型くずれを防ぐ干し方で干す

衣類に合わせて干し方を工夫すると、乾燥時の型くずれを予防できます。

ニットは「平干し」がおすすめです。竿にかける場合は、袖がたれないように身頃と一緒に

ニットは「平干し」がおすすめです。

竿にかける場合は、袖がたれないように身頃と一緒にかけます。 ニット

平干しネットがなかったり、干すスペースがない場合は、ハンガーに重さを分散させて干します。

平干しネットがなかったり、干すスペースがない場合は、ハンガーに重さを分散させて干します。

詳しくはこちらの動画もご覧ください。

伸び・ヨレを整えるセーターの洗い方

パンツは、洗濯じわを防ぐため脱水後すぐに取り出し、全体を3~4つ折りにたたんで、手のひらで軽くたたいてしわをとります。その後、角ハンガーや小物干しを使って筒状に

パンツ 全体を3~4つ折りにたたんで、手のひらで軽くたたいてしわをとります。その後、角ハンガーや小物干しを使って筒状に。

なお、衣類を直射日光に当てると色あせの原因となる可能性があるので、日陰で乾かすと良いでしょう。
詳しくは、こちらの動画をご覧ください。

シワを抑えるスラックスの洗い方

おしゃれ着洗いで失敗しない!洗い方のコツ

おしゃれ着洗いで失敗しないためには、やさしく洗うことがポイントです。
衣類へのダメージを防ぐために、洗濯機の「弱水流コース」などを選ぶか、もしくは手洗いしましょう。

  • 洗濯機の弱水流コースは、メーカーによって手洗いコース、おしゃれ着コース、ドライコース、おうちクリーニングコースなど名称が異なります。

標準コースと弱水流コースの洗う強さを動画で確認してみると、その差は一目瞭然!

<標準コースと手洗いコースの洗う強さの比較>

下の写真は、ニットを「標準コース」で洗った場合と「弱水流コース」で洗った場合を比較したものです。このように、標準コースで洗うと、1回のお洗濯で縮んだり、型くずれすることもあります。

ニットを標準コースで洗濯した場合(左)と弱水流コースで洗濯した場合(右)

ニットを標準コースで洗濯した場合(左)と弱水流コースで洗濯した場合(右)

  • 標準コースでお洗濯すると、すべてのニットが縮んでしまうわけではありません。

おしゃれ着洗いQ&A

おしゃれ着洗いやおしゃれ着用洗剤について、よくある質問にお答えします。

Q.おしゃれ着洗いをする時、柔軟剤や漂白剤を使ってもいい?

A.柔軟剤や酸素系漂白剤は併用してOK

●柔軟剤
おしゃれ着用洗剤なら、柔軟剤を使わなくてもふんわりなめらかに仕上がりますが、もっとふんわり仕上げたい時や香りも楽しみたい時などは、柔軟剤も併用して問題ありません。柔軟剤を併用する場合は、洗濯機の場合は投入口に、手洗いの場合は2回目のすすぎの時に、柔軟剤を入れましょう。お好みに合わせてお使いください。

ただし、柔軟剤が使用できない衣類もあるので、衣類のタグの注意書きに従ってください。

●漂白剤
漂白剤を併用する場合は、色柄物でも安心して洗える酸素系漂白剤をお使いください。液体酸素系漂白剤なら、ウールやシルクなどデリケート素材にも使用できます。
ただし、素材や装飾により使用できない場合があるので、事前に衣類のタグにある洗濯表示を確認してください。

Q.洗濯表示の見方や衣類の洗い方がわからない

A.洗濯表示の確認はアプリで簡単に!

洗濯表示の見方や洗い方で迷ったら、「これ洗える?」アプリをご活用ください。お洋服の適切な洗い方をスマホで確認できて、自分のワードローブを撮影して管理することもできる便利なアプリです。現在の洗濯表示も旧絵表示も両方チェックできて、洗濯初心者さんにぴったりです。アプリを活用して、毎日のお洗濯をより楽しく快適にしてみませんか?

<ダウンロードはこちら>
App Store
Google Play

TEACH ME, MEISTER!
教えてマイスター!

「おしゃれ着用洗剤」は、普段のお洗濯で使う洗剤とどう違うの?

衣類の風合いを守りながら洗う効果が

おしゃれ着用洗剤は、普段のお洗濯で使う一般衣料用洗剤と比べて、どんな違いがあるのでしょうか。
どちらも家庭でのお洗濯で使うものですが、主な違いが3つあります。

1.型くずれ、色あせ、毛玉、がある

ニット、スーツ、制服、パンツなどを洗濯すると、洗濯機の機械力により、縮みや型くずれなどを起こしてしまうことがあります。また、水道水に入っている塩素により、洗濯中に色あせする場合があります。

おしゃれ着用洗剤には、一般の衣料用洗剤には入っていない、型くずれ、色あせ、毛玉などを防止する効果のある成分が配合されています。

例えば、おしゃれ着用洗剤「アクロン」は、洗濯による「縮み・型くずれ」 「色あせ」 「しわ」 をケアしながらやさしく洗うので、衣類の鮮やかな色や淡い色合いを守り、シルエットもキープします。シルキータッチ成分と繊維保護成分2つの成分が繊維をコーティングするので、洗濯中にできる毛玉はもちろん、着ている間のこすれ毛玉を防ぐ効果も。お洗濯による型くずれや色あせ、テカリをケアする効果もあるので、風合いよく仕上げることができますよ。

2.中性洗剤で酵素、蛍光剤(蛍光増白剤)が無配合

一般衣類用洗剤には、弱アルカリ性の製品や、汚れを落としやすくするためにたんぱく質分解酵素が配合された製品がありますが、これらはウールやシルクなどの動物性の繊維(たんぱく質)にダメージを与える可能性があります。
また、蛍光剤(蛍光増白剤)は白い衣類をより白く見せる効果がありますが、生成り(きなり)や淡い色合いの衣類に使うと、色が白っぽく変化することがあります。

対しておしゃれ着用洗剤は、中性洗剤で酵素や蛍光剤(蛍光増白剤)は無配合です。そのため、ウールやシルク、生成り(きなり)や淡い色合いの衣類にも安心して使えます。

3.やさしく洗ってもしっかり汚れを落とすように作られている

おしゃれ着用洗剤は、手洗いや洗濯機の「手洗いコース」「おしゃれ着コース」「ドライコース」「おうちクリーニングコース」など弱水流コースでやさしく洗っても、汚れやニオイをスッキリ落とすように作られているのが特徴です。

「手洗いコース」「おしゃれ着コース」「ドライコース」「おうちクリーニングコース」など弱水流コース

例えば、おしゃれ着用洗剤「アクロン」は洗浄成分に浸透性の高い界面活性剤が使われているため、弱い水流でもすばやく繊維に浸透し、汚れをキレイに落とし、衣類の風合いを守りながら洗えます。

ライオン社員の「おしゃれ着洗い」活用例

「おしゃれ着洗い」を上手に、楽しみながら実践しているライオン社員の活用術をご紹介します。
ニットやパンツなどのおしゃれ着だけでなく、お気に入りのTシャツや子ども用ドレスのお手入れにも役立てています。おしゃれ着洗いは面倒くさい、ハードルが高いと思っている方も、参考にしてみてはいかがでしょうか。

【お洗濯マイスターからひと言】
一人暮らしの男性も楽しみながら「おしゃれ着洗い」を活用しているケースを発見!伸びがちなTシャツの干し方も工夫していて、大切に着たい服にはぜひトライしたいですね。手洗いはちょっと面倒と思いがちですが、好きな音楽を聴きながらというのも素敵なアイデアですね!

POINT

お気に入りのTシャツは「おしゃれ着洗い」しています!

ライオン社員・林 滉一朗

服が好きなので、お気に入りのTシャツやクリーニングに出せないような装飾の入った服は、おしゃれ着用洗剤(アクロン)を使って手洗いしています。

お洗濯タイムは、好きな音楽を聴きながら♪

生地が重たいトップスは、そのままハンガーに干すと、首回りが伸びたり、肩のハンガー跡が気になるので、干し方をひと工夫。Tシャツを干す時は、肩幅に合わせた太めのハンガーを使い、首元が伸びないように下からハンガーを入れています。

Tシャツは縦半分にたたんで、二つ折りにしてハンガーにかける時も。

すそが伸びず、乾いてからたたむ時もキレイな形に!

乾きやすくしたい時は、Tシャツをたたまず、広げて干しています。

干す時には、軽く引っ張ってしわを伸ばします。

手洗いだと、型くずれを防ぐだけでなく、直接肌に触れて汗や皮脂の気になる部分、襟元などを念入りに洗える点もメリットだと思います。

汚れやすい襟元には、おしゃれ着用洗剤を塗ってから…

両手でもみ洗い。

僕にとって、おしゃれ着用洗剤は大切に着たい衣類のお手入れに、なくてはならない存在です!

【お洗濯マイスターからひと言】
続いて、ママさんの活用術をご紹介します。小さなお子さんは汗をよくかくし、汚れも付きやすいもの。ザブザブ洗いにくいドレス類も、おしゃれ着用洗剤+洗濯機を活用して、お子さんの服を清潔にキープしています!

POINT

子ども用のドレスやビーズつきの洋服も、おしゃれ着用洗剤でラクチンお洗濯

ライオン社員 片山美智子

5歳の娘はプリンセスに夢中。プリンセス風のドレスやビーズのついた服が好きで、毎日でも着たがります。子どもの服は、私の服より繊細なものが多いですね。

プリンセス風のドレスやビーズのついた服 おしゃれ着洗い

でも、おしゃれ着用洗剤を使って弱流水コースで洗えば、あとは干すだけ。洗濯機まかせでも型くずれせずに仕上がるから、助かっています。仕事に育児に忙しい私の強い味方です!

プリンセス風のドレスやビーズのついた服 おしゃれ着洗い

【お洗濯マイスターからひと言】
2人とも洗いたい衣類に合わせて、おしゃれ着洗いをうまく活用していますね。おしゃれ着用洗剤が1本あると便利なうえ、お洗濯が楽しくなりそうです。日々のお洗濯に、おしゃれ着洗いを取り入れてみてくださいね。

この記事を作成・監修した
マイスター

大貫 和泉

お洗濯マイスター

大貫 和泉

おおぬき いずみ

洗濯用洗剤などの製品開発・調査に約20年携わってきました。
母親としての経験と研究活動を融合し、日々のお洗濯に役立つ情報をわかりやすくお伝えしていきます。

Share

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

お洗濯の新着記事もチェック!

SOCIAL MEDIA Lideaでは各種SNSでも
最新情報をお届けしております

MAIL MAGAZINE Lideaの記事更新情報や、お得なキャンペーン情報を
いち早くメールマガジンでお届けします!

規約に同意する

reCAPTCHA

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

LINEに保存