「シャワー派」必見!浴室のカビを防ぐ方法

Meister5 face photo

LION リビングケアマイスター

杉本 美穂すぎもと みほ

「シャワー派」必見!浴室のカビを防ぐ方法

立ってシャワーを浴びると広い範囲に汚れが飛び散る

普段シャワーしか使っていないのに、浴室全体にカビが生えてきて気になるというあなた、壁も床もしっかりお掃除していますか?
立ってシャワーを浴びていると、泡やシャワーのしぶきとともに広い範囲に汚れが飛び散っています。ジメジメした時期にもカビを生えさせない、シャワー派にあなたにおすすめの浴室掃除をご紹介します。

カビは「からだから出た汚れ」が大好き

カビは、皮脂や垢(皮膚の老廃物)などの「からだから出た汚れ」を栄養源にして成長します。からだから出た汚れが含まれていない石けんカスやシャンプーにカビの胞子がついても発芽しませんが、垢や皮脂に胞子がつくとカビは発芽し汚れを栄養源としながら菌糸をのばして増殖します。浴室のカビを防ぐには、とにかく汚れをできるだけ残さないことが大切です。

<浴室内の各種汚れに対するカビの生育状況>

シャワーを止めるのは壁や床を流してから

シャワーを使って身体や髪を洗い終わったあと、すぐにシャワーを止めて浴室を出てしまっていませんか?それでは自分自身がキレイになった分、壁や床が汚れを受け止めたままの状態になってしまっています。毎日シャワーで自分だけがキレイになるだけではなく、壁や床に飛び散った汚れを、お湯のシャワーでしっかり流してキレイにしてから、シャワーを止めましょう。これだけでもカビが好む栄養源を減らすことができます。

壁・床・鏡は「浴室用洗剤」で洗う

毎日シャワーで汚れを流していれば、それだけで安心というわけではありません。ひとり暮らしでも週に1回は、壁や床を「浴室用洗剤」で掃除しましょう。からだから出た皮脂汚れなどをしっかり落とし、さらに除菌するには、洗剤が必要です。平らな壁ならばスポンジを使って、凹凸がある床などは浴室用ブラシを使って、やさしくていねいにこすって洗います。

浴室用洗剤を使用する
平らなスポンジを使う
凸凹がある床などはブラシを使う

カビを見つけたらすぐに対処する

カビを見つけたら、すぐに「塩素系カビ取り剤」で除去しましょう。放っておくと広がるだけでなく、目地やゴムパッキンなどの奥深くに菌糸を伸ばし、取れなくなってしまいます。カビ取り掃除の方法について詳しくはこちらをご覧ください。

「浴室用防カビくん煙剤」で定期的に除菌

浴室全体のカビの発生を防ぐには、1~2か月に一度、定期的に「浴室用防カビくん煙剤」を使うのがおすすめ。水を使って除菌成分銀イオンの煙を発生させるので、安全でとても簡単です。手の届きにくい天井や換気扇の裏側なども、しっかり除菌できます。
浴室用の防カビくん煙剤を定期的に使用していれば、塩素系カビ取り剤をつかったカビ取り掃除は不要になります。

注意

水は、容器の黒い点線までの少しの量でOK。この時、水を入れすぎると煙が出なくなるので注意してください。

LION おすすめの商品

Lidea会員になってクーポンを登録すればお店でお買い物するだけで電子マネー/ポイントカードのポイントが貯まります。

80P

ルック おふろの防カビくん煙剤 各種 いずれか1個で

このクーポンの詳細を見る

  • ※表示中のクーポンおよび商品はイメージです。
  • ※クーポンのご利用には、Lideaおよびカタリナへの会員登録が必要です。
お掃除

この記事を作成・監修したマイスター

みんなのコメント(0

この記事へのコメントを投稿してください。



みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です

キーワードから探す


あわせて読まれている記事

LION おすすめの情報

人気のアイデア 急上昇ランキング


Lideaからのお知らせ

夏休みの自由研究応援キャンペーン2018
irodori - くらしを彩るウェブマガジン

注目の記事

夫婦円満都市推進プロジェクト
災害時の清潔・健康ケア

Lidea公式facebookページ 日々更新中!

知っていると便利な情報や
お得なキャンペーンをお知らせします♪