旅行やお出かけと「生理」が重なった時の対処法

旅行やお出かけと「生理」が重なった時の対処法

旅行やお出かけなどせっかくの機会なら、「生理痛」に耐えて憂うつに過ごすよりできるだけ快適に過ごしたいもの。そんな生理痛をおさえるセルフケアをご紹介します。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

つらい「生理痛」を軽くするために

「旅行やお出かけの計画と生理が重なってしまった」。そんな時に「生理痛」に耐えて憂うつに過ごすのは、もったいないこと。生理痛を少しでも軽くするためのセルフケアをいくつかご紹介します。

POINT

生理痛を和らげる「セルフケア」

以下のポイントに気を付けて、生理痛を和らげるための「セルフケア」を行いましょう。

1. からだを温める

生理痛を和らげるには、からだを「温めて血行を促す」のがポイントです。保温性の高い下着やカイロなどを使って、お腹や腰を温めるようにしましょう。また、からだをきつく締めつける下着や服装は、血行の妨げになるので避けましょう。

2. 生理痛を和らげる栄養素を摂取

生理時の痛みを和らげてくれる栄養素には、「マグネシウム」「ビタミンB6」「エイコサペンタエン酸(EPA)」「ドコサヘキサエン酸(DHA)」などがあります。以下にそれぞれの働きをご紹介します。アルコールやカフェイン飲料は、ミネラルやビタミンの吸収を阻害するので控えめにしましょう。

「マグネシウム」

マグネシウムを多く含む食材は、アーモンド、乾燥ひじき、大豆など

「マグネシウム」には子宮の収縮を緩める作用があります。また、生理中はマグネシウム不足により、様々な不快症状が増大するとの報告もあります。マグネシウムを多く含む食材は、アーモンド、乾燥ひじき、大豆などです。また、魚介や乳製品、肉の加工食品などに含まれる「リン」を多く摂取すると、マグネシウムの吸収が妨げられます。

「ビタミンB6

「ビタミンB6」は、マグネシウムと同様に子宮の収縮を緩める効果があります。また、卵胞ホルモンの代謝に作用し、生理痛など不快な症状を緩和してくれます。マグロ、サンマ、サケ、サバなど魚類に多く含まれますが、腸内細菌によって体内合成ができるビタミンなので、普通の食事を摂っていれば不足することはありません。

「エイコサペンタエン酸(EPA)」「ドコサヘキサエン酸(DHA)」

青魚に多く含まれる必須脂肪酸の「エイコサペンタエン酸(EPA)」「ドコサヘキサエン酸(DHA)」は血行を良くする作用があり、また、生理痛の要因であるプロスタグランジンの合成に必要な酵素の働きを抑える働きがあるという報告もあります。

3. ゆっくり入浴する

ゆっくり入浴する

生理中は「入浴」を控えるという方もいますが、入浴でからだを温め、血行を促すことで生理痛を和らげることができます。また、ぬるめのお湯にゆっくり入ることで、リラックス効果も期待できます。浴槽の中は水圧がかかるので、月経の血液が流れ出すことも、子宮内にお湯が入ることもありません。ただし、浴槽から出ると急に経血が流れ出ることがあるので、公共の温泉や大浴場では浴槽に浸かるのは止めた方が良いでしょう。

4. 市販の「鎮痛薬」を服用

市販の「鎮痛薬」を服用

痛みがつらい時には、「鎮痛薬」でおさえるのも1つの方法です。「鎮痛薬はからだによくないのでは?」と抵抗のある方もいると思いますが、鎮痛薬は痛みを取るために開発された薬です。自分に合った薬を、用法・用量を守って使用していれば心配ありません。

「安心感」が痛みを和らげる

思春期に生理痛で悩んだ経験のある方は、「また痛くなるかも」という不安によって、痛みが助長されることもあるようです。一方、薬があるという「安心感」から、痛みが和らぐこともあるので、自分に合った薬を1つ用意しておくのも良いでしょう。ただし、鎮痛薬が体質的に合わない、効かないという方は、まず医師、薬剤師や登録販売者に相談してみましょう。

TEACH ME, MEISTER!
教えてマイスター!

「鎮痛薬を長く飲み続ける」と効かなくなることはないの?

「服用量」を守って使用

生理痛の場合、鎮痛薬が必要なほど痛いのは、1か月のうちほんの数日だけです。「服用量」を守れば心配はありません。生理の初日から痛む人は、生理が始まると同時に、初日より2~3日目の方が痛む人は、2日目から薬を飲み始めましょう。

「早め」に服用

鎮痛薬には、生理痛の原因である「プロスタグランジン」の産生をおさえる効果があるため、「ちょっと痛くなった」という時に、「早め」に服用することがおすすめです。痛みを我慢して、耐え切れなくなってから薬を服用すると、プロスタグランジンが大量に放出されたあとになり、薬の効果が半減してしまいます。

TEACH ME, MEISTER!
教えてマイスター!

「経血」が下着についてしまったら?

まずは「下洗い」

「経血」が服や下着についてしまったら、乾く前に応急処置として「下洗い」をしておきましょう。血液が乾くと、血液中のたんぱく質が固まって落ちにくくなり、シミになってしまう場合があります。

「水か40℃以下のぬるま湯」で洗う

血液がついた部分を水道水でよく洗い流します。この時、お湯ではなく、「水か40℃以下のぬるま湯」を使うようにしましょう。水の温度が高いと血液中のたんぱく質が固まって落ちにくくなります。旅行中で手元に洗剤などがない時には、下洗いまで済ませた衣類をビニール袋などに入れて、ご自宅に持ち帰ってから本洗いをしましょう。

この記事を作成・監修した
マイスター

芳賀 理佳

ヘルスケアマイスター

芳賀 理佳

はが りか

くらしを彩る製品の香りの研究・開発、および身体洗浄剤・制汗剤の開発に約25年携わってきました。
快適な毎日が過ごせるよう、からだの健康・衛生・美容に役立つ情報をご紹介していきます。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

Lidea会員限定キャンペーン アンケートボタンを押すだけで
LION商品が抽選で当たる!

この記事は
面白かったですか?

応募規約はこちら

今月のプレゼント

浴そうをこすらず洗える新方式のお風呂用洗剤、「ルックプラス バスタブクレンジング」を抽選で30名様にプレゼント!

ルックプラス バスタブクレンジング 本体 500ml

※香りはお選びいただけません。

  • 1記事につき1回のご回答が可能です。
  • 1か月に10口までのご応募となります。
  • 今回の回答数はマイページ上でご確認いただけます。
  • facebook
  • Twitter
  • LINE