種類別!取れかけた「ボタン」のつけ方

種類別!取れかけた「ボタン」のつけ方

取れかかったボタン、そのままにしていませんか。取れてなくなってしまう前に補修しましょう。他の洗濯物と絡まることがあるので、洗濯前に補修することをおすすめします。2つ穴ボタン、4つ穴ボタン、足つきボタン、スナップボタン、それぞれの縫いつけ方とコツを、図を使ってわかりやすく紹介します。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

取れかけたボタンがほかの洗濯物とからまったりしないように、お洗濯前に確認して補修しておきましょう。

2つ穴ボタン

<つけ方の手順>

1.糸を2本どりにして玉結びを作り、ボタンをつける位置の布地を表からすくいあげ、ボタンの穴に糸を通します。

2.2つあるボタン穴に針と糸を3~4回通します。つけた後にボタンをはめやすいように、布地の厚み分ボタンを少し浮かせ、つけましょう。厚手の布地の場合は、ボタンと布地の間に別の部分の布地を挟んで作業すると、浮かせやすくなります。

3.ボタンと布地の間に糸を出し、図のように針についている方の糸で何回か巻いて、針を通して固定します。

4.つけ根位置の布地を2~3回すくって、布地の裏側で糸を玉止めします。

【注意!】
・厚地のジャケットなどには、専用のボタンつけ糸などの太目の糸を使うと、しっかりつけられます。
・ボタンをつける位置が規定の場所からずれてしまうと、衣料全体の形が崩れてしまいます。縫いつける前に、入念に確認しましょう。

4つ穴ボタン

<つけ方の手順>

2つ穴ボタンと同じ要領で、4つの穴に糸を通して取りつけます。

足つきボタン

<つけ方の手順>

1.布地に対してボタンの脚が垂直になるようにボタンを置きます。

2.糸の端を玉結びし、布の裏側からボタンの脚の脇に針をさしてボタンの穴をくぐらせ、針を布の裏に戻します。これを3~4回繰り返します。

3.布の裏側で玉止めを作り、玉止めと布の間に糸を通してから糸を切ります。

スナップボタン

<つけ方の手順>

1.糸を2本どりにして玉結びを作り、凸スナップをつける位置の中央に玉結びがくるように、図のように布地をすくいます。

2.凸スナップの穴に糸を通し、できた糸の輪に針をくぐらせて、しっかり引いてとめます。

3.1つの穴に3回ずつ針を通し、4つの穴を全部縫いつけます。最後に玉止めを作り、スナップの下に通して糸を切ります。

4.とりつけた凸スナップを、凹スナップをつける面に押しつけて印をつけ、その位置に凹スナップを凸スナップと同様に縫いつけます。

この記事を作成・監修した
マイスター

片木 徹也

お洗濯マイスター

片木 徹也

かたぎ てつや

洗濯用洗剤などの製品開発に約15年携わってきました。
日々のお洗濯を楽しく、快適に行っていただけるよう、技術に基づいたノウハウをわかりやすくお伝えしていきます。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

Lidea会員限定キャンペーン アンケートボタンを押すだけで
LION商品が抽選で当たる!

この記事は
面白かったですか?

応募規約はこちら
詳しい応募方法はこちら

今月のプレゼント

【帰宅したらまずスプレー!】
外出先からの帰宅時や調理の前後・食事の前に、サッと消毒
新発売の細菌・ウイルスに効く(※)手指消毒スプレーの本体と
つめかえをセットで100名様にプレゼント!

※エンベロープ型ウイルスにてテスト。
全ての細菌・ウイルスに効果があるわけではありません。

    プレゼント詳細

  • キレイキレイ薬用手指の消毒スプレー 本体とつめかえ
    ※画像はイメージです。
  • 回答は期間中、1記事につき1回のみ可能です。
  • 最大10記事への回答ができます。
  • 期間中の回答数はマイページにてご確認いただけます。
  • ご当選された方には翌月中旬頃メールにてご連絡いたします。

  • line