種類別!取れかけた「ボタン」のつけ方

Meister3 face photo

LION お洗濯マイスター

山縣 義文やまがた よしふみ

お洗濯
種類別!取れかけた「ボタン」のつけ方

取れかけたボタンがほかの洗濯物とからまったりしないように、お洗濯前に確認して補修しておきましょう。

2つ穴ボタン

<つけ方の手順>

 1.糸を2本どりにして玉結びを作り、ボタンをつける位置の布地を表からすくいあげ、ボタンの穴に糸を通します。

2.2つあるボタン穴に針と糸を3~4回通します。つけた後にボタンをはめやすいように、布地の厚み分ボタンを少し浮かせ、つけましょう。厚手の布地の場合は、ボタンと布地の間に別の部分の布地を挟んで作業すると、浮かせやすくなります。

3.ボタンと布地の間に糸を出し、図のように針についている方の糸で何回か巻いて、針を通して固定します。

4.つけ根位置の布地を2~3回すくって、布地の裏側で糸を玉止めします。

【注意!】
・厚地のジャケットなどには、専用のボタンつけ糸などの太目の糸を使うと、しっかりつけられます。
・ボタンをつける位置が規定の場所からずれてしまうと、衣料全体の形が崩れてしまいます。縫いつける前に、入念に確認しましょう。

4つ穴ボタン

 <つけ方の手順>

2つ穴ボタンと同じ要領で、4つの穴に糸を通して取りつけます。

足つきボタン

<つけ方の手順>

1.布地に対してボタンの脚が垂直になるようにボタンを置きます。

2.糸の端を玉結びし、布の裏側からボタンの脚の脇に針をさしてボタンの穴をくぐらせ、針を布の裏に戻します。これを3~4回繰り返します。

3.布の裏側で玉止めを作り、玉止めと布の間に糸を通してから糸を切ります。

スナップボタン

<つけ方の手順>

1.糸を2本どりにして玉結びを作り、凸スナップをつける位置の中央に玉結びがくるように、図のように布地をすくいます。

2.凸スナップの穴に糸を通し、できた糸の輪に針をくぐらせて、しっかり引いてとめます。

3.1つの穴に3回ずつ針を通し、4つの穴を全部縫いつけます。最後に玉止めを作り、スナップの下に通して糸を切ります。

4.とりつけた凸スナップを、凹スナップをつける面に押しつけて印をつけ、その位置に凹スナップを凸スナップと同様に縫いつけます。

みんなのコメント(0

この記事へのコメントを投稿してください。


関連するくらしのアイデア


みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です

キーワードから探す


あわせて読みたい記事

LION おすすめの情報

人気のアイデア 週間ランキング


Lideaからのお知らせ

”親子の楽しい歯みがきタイム”応援キャンペーン

注目の記事

家事フェス
夫婦円満都市推進プロジェクト
災害時の清潔・健康ケア