「スカート」の上手なお洗濯方法

「スカート」の上手なお洗濯方法

「スカート」は、ウールやシフォンなど様々な素材があり、ギャザーやフレア、プリーツなどデザインも多彩です。今回は、少し取り扱いが難しい「スカート」のお洗濯方法をご紹介します。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

ウールやシフォン、レース、ストレッチなど様々な素材があり、かつタイトやギャザーなどデザインも多彩な「スカート」。自分でお洗濯するとなると、どうしてよいのか迷ってしまうのではないでしょうか?
今回は、そんなスカートの素材やデザインに合ったお洗濯方法をご紹介します。

まずは自宅で洗えるか、洗濯表示をチェック

洗い始める前に、必ず洋服のタグにかかれている「洗濯表示」をチェックしましょう。
以下の表にあるマークがついていたら、自宅で手洗い、または洗濯機で洗うことができます。

  • ※2016年12月から洗濯表示が新しくなりました。

手洗いマークの衣類を洗濯機で洗う場合は、洗濯機で洗えるかどうか洗濯機メーカーの情報を確認しましょう。

「洗濯表示」についてもっと詳しく知りたい方は、この記事をごらんください。
難しくない!新しい洗濯表示(洗濯マーク)を覚えて上手にお洗濯

スカートを洗うときのポイント

洗剤は「おしゃれ着用洗剤」(アクロン)がおすすめ

使用する洗剤は、洗濯時の色あせ・型くずれ、着用中に発生する毛玉・テカリを防止する効果のあるおしゃれ着用洗剤(アクロン)がおすすめです。

汚れている部分には前処理を

目立つ汚れやシミがある部分をチェックして、前処理をしておきましょう。気になる汚れがある時は、おしゃれ着用洗剤の原液をつけましょう。

おしゃれ着用洗剤で前処理する 

洗濯機で洗う場合

1. 洗濯ネットに入れる
型くずれを防ぐために、ファスナーやホック、ボタンなどをとじて洗濯ネットに入れます。ビーズやスパンコール、刺しゅうなど、お洗濯中に取れる可能性のある装飾がついている場合や、レースのスカートの場合は、裏返してから洗濯ネットへ入れましょう。

【要注意!】 濃い色のスカートは、色落ち色移りの心配があるので、単独で洗いましょう。

2. 標準コースはNG。やさしく洗う
型くずれを防止するために、洗濯機のおしゃれ着コースを選んで洗いましょう。おしゃれ着コースは、「手洗い」「ドライ対応」「おうちクリーニング」など、各洗濯機によってコース名が異なります。

3. 柔軟仕上げをする
柔軟剤は、衣類をやわらかくするほか、静電気防止効果もあるので、裾や裏地のまとわりつきがなくなります。洗濯じわを減らしたり、汗のニオイや食べ物のニオイが付くのをおさえたりする消臭・防臭効果のある柔軟剤もあります。目的に応じて使い分けましょう。

4. 短時間で脱水
洗濯じわや型くずれを防ぐために、脱水時間は短めにしましょう。

手洗いの場合

1. 洗剤液にスカートを入れてやさしく「押し洗い」
洗濯おけや洗面ボウルに、30度以下の水とおしゃれ着用洗剤(アクロン)を適量(アクロンの場合、水4Lに対して10mlが目安)入れ、スカートを静かにしずめて、やさしく「押し洗い」します。
シフォンのような薄地のスカートは、アコーディオンを弾くように、両手を広げたり寄せたりして、優しく洗います。

押し洗い

押し洗い

アコーディオン洗い

アコーディオン洗い

2. きれいな水ですすぎを2回繰り返して
洗濯おけや洗面ボウルに新たに水を入れ、1と同じ要領で「すすぎ」を2回行いましょう。
2回目のすすぎの時に、「柔軟剤」を入れて軽く押すと、ふんわりと仕上がり、静電気の発生を抑えたり、着用中・着用後の衣類の汗のニオイを消臭・防臭することができるのでおすすめです。

3.タオルドライする
すすぎ後、軽く手で絞ったら、バスタオルの中に入れてたたみ、上から押して水分を取ります。

バスタオルにつつんでタオルドライ

バスタオルにつつんでタオルドライ

「干す」時のポイント

1. 干す前にしわを伸ばし形を整える

洗濯じわを防ぐため、脱水後はすぐに取り出します。両手でウエスト部分を持って振りさばきます。また厚手のスカートは、全体を3~4つ折りにたたんで、手のひらで軽くたたいてしわを取ります。

軽くたたいてしわを取る

軽くたたいてしわを取る

2. 筒状に干す

スカートの形を保ち、早く乾かすために、角ハンガーや小物干しを使って筒状に吊るし、日陰に干します。

立体的になるように干す

立体的になるように干す

もっとキレイに仕上げるための種類別ポイント

スカートをもっとキレイに仕上げるために、以下の「ポイント」に注意しましょう。

1. ギャザースカートは「ピッピ・テク」

縦方向に軽くピッピと引っ張ってから振りさばけば、ふっくら自然なギャザーになります。

ギャザースカートは「ピッピ・テク」

縦方向に軽く引っ張る

2. レースのあるスカートは「指先アイロン」

縮んだり、形がくずれたりするレースの編み目を「指先アイロン」で整えながら、しわを伸ばします。

縮んだレースの編み目を指先で整えながら伸ばす

縮んだレースの編み目を指先で整えながら伸ばす

3. タイトスカートは「サンドアイロン」

ウール素材などのタイトスカートは、両側から手ではさむ「サンドアイロン」で、上から下へ軽く滑らせるようにしてしわを伸ばして表面を整えます。

スカートの両側から手ではさんで、上から下へ軽く滑らせる

スカートの両側から手ではさんで、上から下へ軽く滑らせる

「アイロンがけ」の方法

温度設定をしたら、ポイントをおさえて、各部分に「アイロンがけ」をしていきましょう。

<温度を設定>
洗濯表示を確認し、洗濯表示に合わせて温度を設定しましょう。

<ポイントをおさえる>
以下のポイントをおさえてアイロンをかけます。

1. あて布をする

テカリを防ぐために、当て布をします。

2. 裏側→表側の順に

裏側→表側の順にアイロンがけします。

3. 筒状のスカートの場合

「馬」という細長いカタチをした小型のアイロン台の角を利用するか、バスタオルを丸めてスカートに詰めてアイロンをかけると、腰まわりなどの仕上がりがキレイになります。

バスタオルを丸めてスカートに詰めてアイロンがけ

バスタオルを丸めてスカートに詰めてアイロンがけ

4. プリーツがある場合

ひだを整えて当て布をした上から軽くおさえます。

5. 濃色の綿やウールの衣類

テカリを防ぐために必ず当て布をし、軽くおさえるようにかけます。

6. 脇縫い部分など布が重なっている部分

おし付けすぎないように注意します。

「お洗濯しない時」のお手入れ法

「お洗濯しない時」のスカートのケア方法を知っておくと便利です。

1. しわ取り消臭スプレーを使う

しわ取り消臭スプレーでニオイとしわを取ってリフレッシュさせましょう。着用後、スカート全体にしっとりする程度にスプレーし、全体を軽く引っ張りながらしわを伸ばして形を整えておくと、乾燥した時にはニオイもしわも取れて、気持ち良く着用できます。

2. 冬は静電気防止スプレーを活用

冬は静電気防止剤を活用しましょう。お出かけ前にスプレーすれば、裾や裏地がまつわりつくのを防ぐことができます。

TEACH ME, MEISTER!
教えてマイスター!

人気のレーススカート、どう洗えばいい?

初めてお洗濯する際には型くずれに要注意

スカートは、洗濯機の標準コースでお洗濯すると、洗濯ネットに入れても縮んだり、レースがほつれるなどの型くずれをおこしたりしてしまうことがあります。こうした型くずれは、特に購入後初めて洗濯をするときに起きやすく、一度型くずれを起こしてしまうと元に戻すことが難しくなります。
型くずれを防ぐためには、洗濯ネットに入れて衣類を保護し、「型くずれ防止効果のあるおしゃれ着用洗剤」を使用して洗濯機のおしゃれ着コースなどの「弱い水流のコース」を使用する、あるいは手洗いで洗濯をした後に、衣類にあった干し方をすることが大切です。

レーススカート 洗い方

標準コースで洗濯(左) おしゃれ着コースで洗濯(右)

この記事を作成・監修した
マイスター

大貫 和泉

お洗濯マイスター

大貫 和泉

おおぬき いずみ

洗濯用洗剤などの製品開発・調査に約20年携わってきました。
母親としての経験と研究活動を融合し、日々のお洗濯に役立つ情報をわかりやすくお伝えしていきます。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

Lidea会員限定キャンペーン アンケートボタンを押すだけで
LION商品が抽選で当たる!

この記事は
面白かったですか?

応募規約はこちら

今月のプレゼント

トップHYGIA(ハイジア)から生まれ変わったスーパーNANOX ニオイ専用とトップNANOX スプレーをセットにして30名様にプレゼント!

  • トップ スーパーNANOX ニオイ専用 400g
  • トップNANOX 衣類・布製品の除菌・消臭スプレー 350ml
  • 1記事につき1回のご回答が可能です。
  • 1か月に10口までのご応募となります。
  • 今回の回答数はマイページ上でご確認いただけます。
  • facebook
  • Twitter
  • LINE