トイレの「手洗い器」と「タンク」のお掃除方法

トイレの「手洗い器」と「タンク」のお掃除方法

トイレの便器以外の場所、「手洗い器」や「タンク」、手洗い器の「水栓金具」、タンクのレバー、給水管などの「金属部分」をキレイにする方法をご紹介します。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

「手洗い器」や「タンク」も美しく!

トイレ掃除というと、便器を中心に考えがちですが、「手洗い器」や「タンク」、それらの「金属部分」なども含めて、トータルでキレイにしたいところです。トイレの隅々までキレイにして、一段と気持ちの良い空間にしましょう。

「手洗い器」や「タンクの表面」の普段のお掃除

「手洗い器」の上部や「タンクの表面」にトイレ用ふき取りクリーナーを直接スプレーして、ホコリなどをトイレットペーパーや布でキレイにふき取ります。

水垢や手垢がつきやすい水栓金具や、タンクのレバー部分には、直接トイレ用ふき取りクリーナーをかけず、トイレットペーパーや布にふき取りクリーナーをつけ、キレイにふき取ります。

「手洗い器」や「タンクの表面」の普段のお掃除

「手洗い器」や「タンクの表面」の普段のお掃除

「黒ズミ汚れ」を落とすには

「黒ズミ汚れ」を落とすには

手洗い器の上部の「黒ズミ」は、水垢にススなどの汚れが混じったものです。ガンコで落ちにくい汚れなので、浴室用クレンザーなどをスポンジにつけ、こすり落とすのが効果的です。スポンジの代わりに、丸めたラップを使ってこするのもおすすめです。そのあと、しっかり水ぶきします。

クレンザーがタンクの中に入ると故障の原因になることがあるので、タンクの中に入らないように、お掃除する前に、タンクの穴に布を詰めておきましょう。

「金属部分」(手洗い器の水栓金具、タンクのレバー、給水管など)のお掃除

「金属部分」は、浴室用クレンザーをやわらかい布などにつけ、汚れをこすり落とします。そのあと、クレンザー成分が残らないように、しっかり水ぶきします。

金属メッキのはがれに注意

最近の水栓金具には、プラスチックに金属のメッキが施されているものもあります。クレンザーなどで汚れをこする時は、メッキがはがれないように気を付けましょう。

金属部分の「つや」を出すには

金属部分は、クレンザーで磨いて水ぶきしたあと、乾いたキレイな布で乾ぶきすると、「つや」が出てピカピカになります。

この記事を作成・監修した
マイスター

杉本 美穂

リビングケアマイスター

杉本 美穂

すぎもと みほ

家事関連の製品企画、マーケティングを約20年、生活者向け講習会などを約10年経験してきました。
毎日大変な料理や食事の後片付けなどを手早くラクにできるように、わかりやすくお伝えしていきます。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

Lidea会員限定キャンペーン アンケートボタンを押すだけで
LION商品が抽選で当たる!

この記事は
面白かったですか?

応募規約はこちら

今月のプレゼント

浴そうをこすらず洗える新方式のお風呂用洗剤、「ルックプラス バスタブクレンジング」を抽選で30名様にプレゼント!

ルックプラス バスタブクレンジング 本体 500ml

※香りはお選びいただけません。

  • 1記事につき1回のご回答が可能です。
  • 1か月に10口までのご応募となります。
  • 今回の回答数はマイページ上でご確認いただけます。
  • facebook
  • Twitter
  • LINE