「ちょこっと掃除」で「尿ハネ」対策!トイレをキレイにキープする方法

Meister8 face photo

LION リビングケアマイスター

吉井 和美よしい かずみ

お掃除
「ちょこっと掃除」で「尿ハネ」対策!トイレをキレイにキープする方法

1分でできるトイレの「ちょこっと掃除」

飛び散った尿は、放っておくと数時間でイヤなニオイを発生します。トイレ空間のキレイをキープするには、気付いた時、使ったついでにできる「ちょこっと掃除」が効果的です。

今回はトイレに入ったついでにたった1分でできる、「トイレットペーパー」を使った簡単なトイレ掃除をご紹介します。

「トイレ用ふき取りクリーナー」で簡単&経済的なお掃除を!

雑巾は、用意や後片付けに時間がかかるので、「ちょこっと掃除」には不向きです。ちょこっと掃除には、すぐそこにあるトイレットペーパーが便利。

トイレットペーパーだけで乾ぶきするのではなく、「トイレ用ふき取りクリーナー」を一緒に使うと効果的です。

トイレ用ふき取りクリーナーの3つのメリット

1.トイレットペーパーがボロボロにならない
2.汚れに気付いた時や自分が入った時に、サッとお掃除できる
3.既製品のトイレのお掃除シートと違い、掃除する場所の広さに合わせて、洗剤もトイレットペーパーの量も自分で調整できるので経済的

「即席ふき取りシート」でちょこっと掃除

トイレを使ったついでにサッとふき取りができる、トイレットペーパーを活用した便利な「即席ふき取りシート」。そのつくり方とシートを使用したお掃除方法をご紹介します。

つくり方

1.トイレットペーパーを切り取って折りたたむ

ミシン目3つ分の長さ(60cmくらい)のトイレットペーパーを切り取って、手のひらサイズの大きさに折りたたみます。

2.トイレ用ふき取りクリーナーをかける

2.トイレ用ふき取りクリーナーをかける

トイレ用ふき取りクリーナーを2、3回プッシュします。一度たたんで開き、泡を全体にしみ込ませたら完成です。

「ちょこっと掃除」でココをこまめに尿ハネ対策しよう!

「便器の外側」「床」「壁」のお掃除方法

1.便器の外側

1.便器の外側

尿がたれていることもあるので、便器の正面を中心にサッとふきましょう。

2.床

2.床

尿ハネやホコリをふき取ります。特に便器のまわりや便器と床の隙間はていねいに。

また、トイレのホコリも菌のすみかになりやすいので、こまめにふき取りましょう。

3.壁

3.壁

壁も定期的にふきましょう。立って用をたす家族がいるご家庭では、腰の高さより下の部分は要注意です。掃除したい場所にトイレ用ふき取りクリーナーを直接スプレーし、乾いたトイレットペーパーでふいてもOKです。ただし、フローリングなど床や壁の素材によっては、水気を嫌うものもあるので注意が必要です。

トイレの壁や床のふき掃除の方法は動画でもご紹介しています。

暮らしのマイスター トイレの掃除 床や壁

汚れやすい「便座」や「便器のフチ」のお掃除方法

以下に、汚れやすい「便座」や「便器のフチ」のお掃除手順をご紹介します。

1.ふき取りクリーナーを直接スプレーする

1.ふき取りクリーナーを直接スプレー

汚れがつきやすい「便座」や「便器のフチ」などには、直接トイレ用ふき取りクリーナーをシュッとスプレーします。

2.トイレットペーパーでふき取る

丸めたトイレットペーパーで泡を伸ばしながら、周辺の汚れをふき取りましょう。

使ったトイレットペーパーは、ふき終わったらトイレにポイッと捨て、流します。そのあと、水ぶきの必要はありません。

便座のふき掃除の方法は動画でもご紹介しています。

暮らしのマイスター トイレの掃除 便座

毎日掃除したいトイレの「ノズル」周辺のお掃除方法

ノズルは格納されているので、直接尿ハネ汚れがかかることはありません。むしろ注意すべき場所はノズルの周辺。ノズルが出入りする場所のカバーを中心とした便器の奥の方は、男性が立って小用をした時に最も尿が飛び散りやすいところです。立って小用をするご家族がいる家では、ノズル周辺も中性のトイレ用ふき取りクリーナーとトイレットペーパーで毎日こまめに掃除しましょう。

クリーナーとトイレットペーパーを組み合わせて

便座の奥の方は機構が複雑なので、機器に直接トイレ用ふき取りクリーナーを吹きかけずに、トイレットペーパーの方に染み込ませて使いましょう。

「スリッパの裏」も忘れずにお掃除

「スリッパの裏」も忘れずにお掃除

トイレの床を踏み続けているスリッパの裏も汚れがいっぱい。床をふいた時は、スリッパの裏側もふくことを忘れずに。


教えて マイスター

トイレットペーパーでの「乾ぶき」では不十分?

「乾ぶき」だけでは不十分

トイレの尿の飛び散りに気付いた時、トイレットペーパーでサッとお掃除する方は多くいらっしゃいます。しかし、乾いたペーパーで「乾ぶき」するだけでは不十分です。

比較すれば「除菌効果」は一目瞭然!

菌がついているところを、トイレットペーパーだけでふいた場合とトイレットペーパーとトイレ用ふき取りクリーナー(ルックまめピカ)を使ってふいた場合とを比べてみると、その「除菌効果」は、下の写真の通り一目瞭然です。

比較すれば「除菌効果」は一目瞭然!
黄色ブドウ球菌をプラスチック板につけて実験。ふき取り後、菌を色素で染着処理

写真内の青く染まっているところは、菌が残っていることを示しています。トイレットペーパーの乾ぶきでは、「除菌」まではできないことがわかります。除菌をする時は、トイレ用ふき取りクリーナーをスプレーし、5分置いてからふき取りするようにしましょう。

LION おすすめの商品

この記事を書いたマイスター

みんなのコメント(0

この記事へのコメントを投稿してください。


関連するくらしのアイデア


みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です

キーワードから探す


あわせて読みたい記事

LION おすすめの情報

人気のアイデア 週間ランキング


Lideaからのお知らせ

ひとりでできるよキャンペーン

注目の記事

家事フェス
災害時の清潔・健康ケア