冬はお風呂につかるのがオススメ!「お風呂の作用」とは?

冬はお風呂につかるのがオススメ!「お風呂の作用」とは?

寒い冬は温かい「お風呂」につかると、身も心も安らぎますよね。それはなぜなのでしょうか?お風呂が私たちのからだに与える「作用」についてご紹介します。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

寒い時に癒やされる「お風呂」

寒い時に癒やされる「お風呂」

寒い時、お風呂につかるとホッとしませんか?お風呂にはからだを温めるだけでなく、心を癒やしたり、疲れを和らげたり、という効果があることは広く知られています。では、「お風呂」につかることには、具体的にどのような作用があるのでしょうか?

お風呂の「3大作用」

お風呂に入ることでからだが受ける物理作用には、「温熱」「水圧」「浮力」の「3大作用」があります。それぞれ、どのような効果を生じさせるのか、以下にご紹介します。

1. 温熱

温かいお湯につかることで皮膚の毛細血管が広がり、血流量が増加します。これにより疲労物質や老廃物が取り除かれます。さらには自律神経をコントロールする効果もあります。

42℃くらいの熱めのお湯は、交感神経を緊張させ、眠気を一掃して心身を活発にする効果があります。反対に、40℃以下のぬるめのお湯は、副交感神経の活動を優位にするため、精神的に安らぎ、落ち着いた気分にしてくれます。

2. 水圧

お湯の中では、バストが1~3cm、ウエストは3~6cmも細くなるほどの水圧を受けます。この圧力がたまった血液を押し出すため、むくみの解消などに効果的です。

また、水圧によって横隔膜(肺とお腹の境にある膜)が押し上げられ、肺の容量が少なくなるため、空気の量が減少します。これを補おうとして呼吸数が増え、また一方で、静脈の血液やリンパ液が一斉に心臓に戻されてくるので、心臓の働きが活発になり全身の血行が良くなります。

3. 浮力

お風呂に首までつかると体重が約9分の1になります。このため、筋肉や関節が体重を支える緊張から解放され、心身ともにリラックスできます。

これらの「お風呂の3大作用」を上手に活用することで、様々な効果を得ることができます。

この記事を作成・監修した
マイスター

芳賀 理佳

ヘルスケアマイスター

芳賀 理佳

はが りか

くらしを彩る製品の香りの研究・開発、および身体洗浄剤・制汗剤の開発に約25年携わってきました。
快適な毎日が過ごせるよう、からだの健康・衛生・美容に役立つ情報をご紹介していきます。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

Lidea会員限定キャンペーン アンケートボタンを押すだけで
豪華商品が抽選で当たる!

この記事は
面白かったですか?

応募規約はこちら

豪華賞品が抽選で当たるキャンペーン実施中!

A賞

「ほどよいミニマリスト」
香村薫さん&ライオンちゃんが
あなたのキッチンのお悩み解決!&
リード プチ圧力調理バック(1か月分)

1名

B賞

"チョイ手間"で更に美味しく
お好きなお肉で「味しみ」体験
お肉ギフト券(15万円分)&
リードクッキングペーパー

3名

C賞

ガンコ汚れ対策・
しっかりオーラルケア清潔&
健康な暮らしアイテム
スーパーNANOX&クリニカ
アドバンテージネクストステージ

100名

  • facebook
  • Twitter
  • LINE