「トイレ掃除」汚れも臭いもスッキリ!場所別掃除のコツ決定版!

Meister8 face photo

LION リビングケアマイスター

吉井 和美よしい かずみ

お掃除
「トイレ掃除」汚れも臭いもスッキリ!場所別掃除のコツ決定版!

トイレは、こんな場所まで汚れている!

ライオンが行った調査では、男性が立って小用をした場合、便器の外に飛び散る尿ハネは、1日になんと約2300滴※1も!!
トイレをこまめにお掃除している方も多いと思いますが、実は尿ハネなどで思った以上に汚れています。

    ※1 床に尿ハネに反応する感水紙を敷き、男性が立って小用を7回(1日の平均回数に相当)したときに床に飛び散った直径2mm以下の尿ハネの数をカウント。

<尿ハネのイメージ>

    尿ハネの様子を可視化した実験結果。蛍光を発する成分を混ぜた水を大きな注射器で300mL(成人男性が1回の小用で排泄する平均量)を7回繰り返し放出した後、ブラックライトで照らして撮影した。光って見えるのが飛び散った尿ハネを示します。

また、立って小用をしたときばかりでなく、座って小用をした場合でも(男女とも)、便座裏に多数の尿ハネが飛び散ります。

尿ハネは、臭いの原因にもなります。床や便座などにいる菌が尿を分解し、ツーンとするアンモニア臭を発生させるほか、尿は乾燥するだけでもムッとする不快な臭いを発生させるのです。

いつもキレイに掃除しているつもりでも、まだ臭いが残っている……というかたは、もしかしてどこかに尿ハネ汚れが残っているのかも。

こちらの記事もご覧ください。
「トイレのニオイ」は「尿ハネ」と「尿石」が原因だった!

 

トイレ掃除はこの場所をチェック!

トイレ掃除は、尿ハネ以外にも、黄ばみや黒ズミなどのガンコな汚れがあったり、うっかり見落としがちな所があったりして、ちゃんと掃除できているか気がかりな方も多いのでは。そこで、今回は場所ごとに分けて、汚れも臭いもスッキリとれるトイレ掃除のコツをご紹介します。

場所別のトイレのお掃除方法

<目次>
便器の中/フチ裏
便器の水たまり部
ノズル
便座の隙間や奥
手洗い器/タンク
換気扇
日常の「ちょこっと掃除」

便器の中/フチ裏

尿石汚れ

便器の中で忘れずにお掃除したいのが「フチ裏」。
見えにくい場所なのでお掃除しにくいうえに、水が流れにくく、放っておくと、写真のように飛び散った尿が変化してガンコな「尿石汚れ」※2になってしまい、悪臭の元にもなります。

    ※2 尿に含まれている尿素やタンパク質などが、菌の作用によって変化してガンコにこびりつき、石のように固まった黄ばみ汚れのこと。

フチ裏のお掃除方法

酸性のトイレ用洗剤をぐるっとかけて、ブラシでこすり洗い

尿石汚れを分解してしっかり落とすには、酸性のトイレ用洗剤がおすすめです。

便器の「フチ裏」を狙ってトイレ用洗剤をぐるっと1周かけます。2~3分おいてから、「フチ裏」や便器の中や水面の周囲、底の部分など便器の内側全体をブラシでこすります。
仕上げに、水を流して汚れや洗剤を洗い流します。この時、「フチ裏」周辺は水が流れにくいので、トイレ用ブラシでこすりながら洗い流しましょう。

便器の水たまり部

便器の水たまり部にいつのまにかできるリング状の黒ズミ。実はその正体は2種類あることをご存じですか?
1つはバイ菌によるヌメリが原因でできる黒ズミで、この場合は比較的楽に落とすことができます。もう1つは、水垢にススなどの汚れが入り込んでできた黒ズミで、落としにくいガンコな汚れです。

どちらの黒ズミ汚れか分からない場合は、まずは1つ目の方法を試してみて、落ちない場合に2つ目の方法を試してみましょう。

ヌメリが原因でできる黒ズミのお掃除方法

トイレ用ブラシでこするか、塩素系のトイレ用洗剤をかける

ヌメリによる黒ズミは、酸性のトイレ用洗剤をかけ、トイレ用ブラシでこすって落とします。仕上げに水を流して汚れをキレイにしましょう。塩素系のトイレ用洗剤を便器にかけ、水を流す方法でもキレイになります。

水垢に入り込んだ汚れが原因でできる黒ズミのお掃除方法

クレンザーでこすり洗い

クリームクレンザーなどをスポンジにつけ、少しずつ汚れをこすり落としましょう。この時、溜まっている水の水位を下げると掃除しやすくなります。水位を下げるには、洗面器1杯分の水を便器の中に勢いよく流し入れるか、小さな容器を使って便器の中の水をくみ出しましょう。

こちらの記事もご覧ください。
「フチ裏」が決め手!便器の中のお掃除方法

 

ノズル

使うとき以外は格納されていて目につかず、うっかりお手入れを忘れがちな「温水洗浄ノズル」ですが、いつでも気持ちよく使えるように定期的にお手入れしましょう。

ノズルを出し、全体をやさしくふく

まず、トイレの操作パネルの「ノズルそうじ」ボタン(機種によって名称が異なります)を押してノズルを出し、トイレ用ふき取りクリーナーをスプレーしたトイレットペーパーか、やわらかい布でノズル全体をふきます。ノズルやノズル収納口の周辺に気になる汚れがついていたら、小さいブラシなどでこすりましょう。最後に、「ノズルそうじ」ボタンを押して、ノズルを収納します。

お掃除する時に、ノズルを強く押したり引っ張ったりすると、曲がったり外れたりするおそれがあります。片方の手で下を支えながら、軽い力でやさしくお手入れしましょう。

機種によってノズルの出し方などが異なるので、必ず取扱説明書で確認してください。

便座と床の隙間や便座の奥

「便器と床の隙間」は意外な盲点。たれた尿が入り込み、汚れています。見逃さずにキレイにしましょう。掃除がしにくい「便座の奥」は、便座を外すとお手入れしやすくなりますよ。

便器と床の隙間のお掃除方法

隙間に「ちょこっとシート」を竹串で差し込んでふく

長さ50cmくらいに切り取ったトイレットペーパーにトイレ用ふき取りクリーナーを2~3回ふきかけて「ちょこっとシート」を作ります。
トイレ用ふき取りクリーナーは、ペーパーがボロボロになりにくいものを使うのがおすすめです。

そのシートを、竹串を使って便器と床の隙間に差し込み、便器に沿ってぐるりと、周囲の隙間をキレイにふいていきましょう。

便座の奥と裏側のお掃除方法

便座を外すと掃除しやすい!

実は、便座を簡単に外せるタイプはけっこう多いのをご存じですか。便座を外すと手の届きにくい奥の隙間も、お手入れが簡単になりますよ。メーカーや機種によって外す方法が異なるので、必ず便座の取扱説明書をご確認ください。

便座を外す際は、はじめに電源プラグを抜き、電源コードや給水ホースがついている場合は、無理に引っ張らないように気を付けましょう。

便器の奥の表面や便座の裏側は、トイレットペーパーにトイレ用ふき取りクリーナーを2~3回ふきかけて作った「ちょこっとシート」を使ってふきましょう。この時、便座を落とさないように安定する場所に置いて、コードや水道管に気を付けながらお手入れしましょう。

脱臭フィルターがついている機種では、外してフィルターにつまったホコリなどを、小さいブラシを使ってキレイに取り除きます。水洗いをした場合は、よく乾かしてから取り付けましょう。最後に、便座を元に戻し、電源プラグを差します。

手洗い器・タンク

トイレ掃除というと便器を中心に考えがちですが、「手洗い器」や「タンク」などもトータルでキレイにすると、一層心地いい空間になりますよ。

手洗い器の上部やタンクの表面のお掃除方法

トイレ用ふき取りクリーナーを直接かけて拭く

「手洗い器」の上部や「タンクの表面」にトイレ用ふき取りクリーナーを直接スプレーして、ホコリなどをトイレットペーパーや布でキレイにふき取ります。

手洗い器の黒ズミのお掃除方法

クレンザーでこすり洗い

手洗い器の上部の「黒ズミ」は、水垢にススなどが混じったガンコな汚れです。クリームクレンザーをスポンジか丸めたラップにつけ、こすり落とすのが効果的。そのあと、しっかり水ぶきしましょう。

クレンザーがタンクの中に入ると故障の原因になることがあります。お掃除する前に、タンクの穴に布を詰め、クレンザーが入らないようにしておきましょう。その際、布をタンクの中に落とさないように気をつけましょうね。

金属部分のお掃除方法

浴室用クレンザーでやさしく磨き、水ぶき&乾ぶきする

水垢や手垢がつきやすい水栓金具やタンクのレバー、給水管などの「金属部分」は、クリームクレンザーをやわらかい布につけ、汚れをこすり落とします。そのあとしっかり水ぶきして、クレンザー成分が残らないようにしましょう。仕上げに、キレイな布で乾ぶきします。

なお、最近の水栓金具には、プラスチックに金属のメッキが施されているものもあるので、クレンザーなどで磨く時は、メッキがはがれないようにご注意ください。

こちらの記事もご覧ください。
トイレの「手洗い器」と「タンク」のお掃除方法

 

換気扇

換気扇のお手入れどうしていますか?実はトイレの「換気扇」は、ホコリだらけ!汚れたままだと換気効率がダウンすることもあります。

<トイレの換気扇の一例>

ホコリをていねいに吸い取ってから、ふく

換気扇のカバーが外れるようなら、カバーを外します。 本体やフィルターにホコリがたくさんついている場合には、まず掃除機を使ってホコリをていねいに吸い取ってから、トイレ用ふき取りクリーナーを布またはトイレットペーパーにふきかけ、ホコリをふき取ります。

日常の「ちょこっと掃除」でキレイをキープ!

たった1回トイレを使用しただけでも、便器まわりにはかなり尿ハネします。小さなお子さんはトイレを使う時、便座や床を触ることもあり、衛生面も気になりますね。普段は、大人がトイレを使ったついでの「ちょこっと掃除」でキレイをキープしましょう。トイレットペーパーを活用したお手入れなら、サッと拭けてトイレにポイッと捨てられ、便利ですよ。

「ちょこっと掃除」の方法

床やスリッパの裏は「ちょこっとシート」でふき取る

「ちょこっとシート」で、尿ハネやホコリなど、床の汚れをふき取りましょう。

長さ50cm程度に切り取ったトイレットペーパーを折りたたみ、トイレ用ふき取りクリーナーを2、3回プッシュ。一度たたんで開き、泡を全体にしみ込ませたら「ちょこっとシート」の完成です。

トイレ用ふき取りクリーナーは、ペーパーがボロボロになりにくいものを使うのがおすすめです。

便器まわりの床や、便器と床の隙間は特にていねいに。スリッパの裏も汚れがいっぱい。ついでにキレイにしましょう。

便座や便器のフチ上はトイレ用ふき取りクリーナーを直接スプレーして拭く

汚れがつきやすい「便座」や「便器のフチ上」には、トイレ用ふき取りクリーナーを直接スプレーし、丸めたトイレットペーパーで泡を伸ばしながら汚れをふき取りましょう。そのあと、水ぶきの必要はありません。
立って小用をする男性の家族がいる場合は、ノズルの周辺(格納カバーなど)も尿ハネで汚れやすいので、忘れずにふきましょう。

お掃除の後は、ハンドソープを使って手をキレイに洗いましょう。

こちらの記事もご覧ください。
「ちょこっと掃除」で「尿ハネ」対策!トイレをキレイにキープする方法
お掃除必須!トイレトレーニング中の子どもがトイレで触る場所はココ!

LION おすすめの商品

この記事を書いたマイスター

みんなのコメント(0

この記事へのコメントを投稿してください。


関連するくらしのアイデア


みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です

キーワードから探す


あわせて読みたい記事

LION おすすめの情報

人気のアイデア 週間ランキング


注目の記事

夫婦円満都市推進プロジェクト
家事フェス
災害時の清潔・健康ケア