【座談会】NANOX担当者もタジタジ|コスプレイヤー&アイドルファンの激アツ!ニオイ事情

【座談会】NANOX担当者もタジタジ|コスプレイヤー&アイドルファンの激アツ!ニオイ事情

自分のニオイがまわりにどう思われているのか気になることはありませんか?特に大好きな人の前ではより気になってしまうのではないでしょうか。Lidea編集部は、愛するキャラになりきるコスプレイヤーたちや憧れの"推し(大好きな人)"に会い続ける人が、普段どんなケアをし、どれぐらいニオイを気にしているのかを知るため座談会を実施しました。汗をたっぷりかいた衣類のケア方法についても紹介します。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

コスプレ&声優アイドル好きな4人に集まってもらいました

まずは、今回座談会で集まってくれた方々の紹介です。

座談会メンバー

(左から)千都(せんと)ちひろさん、アキラDXさん、平田弘樹さん、小林祥太郎さん

千都ちひろさん:幅広いジャンルの衣装を着こなし、多くのファンを抱えるコスプレイヤー。コスプレ雑誌のライターもしている。

アキラDXさん:クールな男装で人気のコスプレイヤー。イケメンコンセプトカフェなどで活動中。

平田弘樹さん:女性声優アイドルのファン。推しのライブやイベントのため、遠征をすることも。

小林祥太郎さん:女性声優アイドルのファン。ライブでは力の限り盛り上がり、いつも汗だくに。

イベント会場では至近距離で人と接したり、憧れのアイドルやタレントと間近に会ったり…。まわりの人との距離が近くなる彼らは、汗やニオイに対してどれぐらい関心があるのでしょうか?

 

ニオイの情報に敏感なNANOX(衣類用洗剤)担当者・廣岡茜と一緒に、みなさんが普段熱中している“推し事”についてお話を伺います。

廣岡茜

NANOX担当の廣岡茜。汗やニオイケアについて皆さんのリアルな声を聞きたい!と興味津々。

みんなの“推し事”とは?

アキラDXさん

この日は猫のコスプレだったアキラさん。ジャケットの模様は手描き!

“推し事(おしごと)”とは、愛してやまない相手やジャンルについての活動のこと。4人はどんな活動に熱中しているでしょうか?

 

――皆さんの参加イベントのジャンルや頻度について教えてください。

千都「私はコスプレ雑誌のライター兼モデルをやっています。だいたい週に3~4日はコスプレをしています。その他に、ファンの方とのイベントや撮影会が続くと、週7でコスプレ…という時もありますね」


アキラ「すごい!私服より衣装を着てる日のほうが多いんだね。私はコンセプトカフェでのイベントやライブ活動がメインです。コスプレの頻度は週に1~2日ですが、その時は朝から夜まで衣装を着続けている日もあります」 

千都ちひろさん

ケモ耳のコスプレは大人気だそうです!

千都 「特定のキャラクターの衣装を着ることもありますが、最近はオリジナルの自作衣装を着る機会が増えました」


小林「僕は声優アイドルさんのライブ参戦に勤しんでいます。頑張って最前列を狙ってます(笑)」


平田「同じく声優アイドルさんのライブに行くことが多いですが、僕は握手会などに行くこともありますね。その時は距離が近くて緊張します…!」 


小林「ライブ会場で最前列に行くと、推しとの距離が一気に近づきますが、神々しすぎて自分が近づくのは恐れ多いと思ってしまいます(笑)」

平田さん&小林さん

プライベートでお友達だという平田さんと小林さん。推しの話をすると瞳が輝きます

私たちのニオイ事情

ここからは、人との接近が多い“推し事”中のニオイや汗についてどう感じているか、4人に話を伺います。

気になるのは、自分の汗のニオイ

――皆さんは、どんな時に自身のニオイが気になりますか?

千都「エナメル素材やレザー素材で、体にピタッと貼りつく衣装を着る時は、汗の量がヤバいんですよ~!特に夏場は、インナーが手でしぼれるほどビショビショに…。ファンの方とツーショットチェキを撮る時は、『ニオイ大丈夫かな!?』と毎回思ってます」


アキラ「あるある!脇汗とか気になる(笑)。私が働いているコンセプトカフェは、お客様は99%が女性で、お客様との距離が近いんです。ハグをしたり、フードを『あ~ん』しながら食べさせてもらったり。いわゆる“ゼロ距離”になることも多くて、自分含めキャストは全員ニオイに気を使ってますよ

コスプレイヤーのおふたりが話しているシーン

コスプレイベントでは、ファンと至近距離になることが多いそう

廣岡「すごいファンサービス!しかも、カフェでは一日中活動されているんですよね?」


アキラ「そうなんです。だから夕方や夜になるにつれて、汗のニオイや口臭、体臭が出てきてないか気になりますね。お客様がニオイを感じると、現実に引き戻されてガッカリしちゃうでしょうから、自分のニオイが出ていないか意識しています」


平田「推される側の人たちにも、陰の努力があるんですね…!僕もライブに行くたび、終わるとインナーもTシャツも汗でベタベタ。着替えは必須です」


小林「ライブ中はまわりも汗だくですけど、帰りの電車とかはそうじゃないですよね。自分のニオイのせいで、白い目で見られたら嫌だな…と、必ず着替えて帰るようにしています。帰り道でヒソヒソ言われて、楽しかったライブの思い出が、嫌な記憶に塗り替えられてしまうのが怖いんです。メンタルが弱い(苦笑)」 

いいニオイも嫌なニオイも、他人のニオイはすぐ気づく

廣岡が興味深そうに話を聞く

普段は聞けない“ニオイあるある”に、真剣に耳を傾けます

廣岡「まわりの人のニオイが気になることはありませんか?」


平田「正直なところ、イベントやライブ会場で、まわりのお客さんの嫌なニオイがすることはよくあります(苦笑)。汗のニオイや体臭もありますし、タバコのニオイや、洗濯物の生乾きのニオイなんかも。友達のニオイが気になっても、直接は言いづらいですし」


小林「イベント会場で他人のニオイが気になるたびに、『やっぱり自分も気をつけないと!』と思いますね」


千都「それとは反対に、いい香りがするファンの方はよく覚えてますよ~!


アキラ「わかる~。さりげなく洗剤や柔軟剤のいい香りがフワッと漂うと、清潔感があるなと思って記憶に残るよね」


小林「なるほど!ニオイに気を使うと、『推しに嫌な思いをさせない』だけでなく、『推しにいい印象で覚えてもらう』ことにつながるかもしれないんですね!」

“推し”の価値を下げない。それがニオイ対策

千都ちひろさんの熱弁

制汗剤がマストアイテムだという千都さん

――ニオイ・汗対策はどんなことをしていますか?

千都「私も小林さんや平田さんと同じで、イベント後はインナーもすぐ着替えてます。制汗剤やボディシートでもケアしてからじゃないと、とても帰れない…!」


アキラ「コスプレのイベント会場って、シャワーまで備えている所はほとんどないんですよ。だから更衣室は、コスプレイヤーそれぞれのニオイケア商品の香りが充満しまくってます(笑)。やっぱりみんな、帰りの身だしなみも気をつけたいから」


小林「『あの声優アイドルのファンは不潔な人が多い』なんて思われないよう、ライブには着替えやニオイケア商品は必ず持っていきますし、普段の生活でも気をつけているつもりです」


平田尊い推しの評判を下げることはしたくないですからね(笑)。あとは、ライブ中もタオルでこまめに汗を拭いたりしています」

平田さんのニオイケアについて

好きな人のために自分のケアは欠かさない。愛が伝わります!

廣岡「汗やニオイのケア商品の情報は、皆さんどうやって手に入れているんですか?」


アキラ「コスプレイヤー同士で、情報交換をしたりしますよ。『あのメンズ用のケア商品がサッパリできていいよね~』とか。そこから自分でいろいろ試して、お気に入りを見つけます」


千都「夏が近づいてくると、SNSでニオイケアに関する情報を目にすることも増えますね。『おじさんでも女子高生の香りになれる』みたいな、おもしろい触れ込みのボディソープがバズったりして」


平田「それ、僕も見て気になってました(笑)。オタクのニオイあるある的なものが、ネタとしてSNSに流れてくると、『夏場は特に気をつけなきゃ』と感じますね」


小林「ニオイケア商品のCMも増えますしね。僕はそういう情報源に触れて、実際に店頭に見に行く…という感じが多いかな?」


アキラ「実は、男性は汗やニオイのケアがおろそかな人もいるイメージがあったんですが、おふたりのように意識が高い人も増えてきてるのかもしれないですね」

汗だくの衣類はどうやってケアしている?

デリケートなケア事情を語るコスプレイヤー

コスプレイヤーのデリケートなケア事情を誠実に話してくださるおふたり

衣類を入れる袋はマストアイテム

――ニオイ対策として、インナーや着替え、タオルなどのお話が出ていましたが、衣類のケアは何かされていますか?

千都「インナーは、通気性や吸湿性がいいものを選ぶようにしてます。それでもイベントの時はサウナみたいに汗だくになっちゃうので、ポリ袋に密閉して持ち帰ってますよ」


アキラ「確かに、汗で濡れたインナーや衣装をそのままバッグに入れるのは絶対に嫌!」


小林「僕もライブだと部活並みに汗をかくので、持ち帰り用の袋は重要です(笑)」

スメハラに気を使う小林さん

「推し事以外に、会社でのスメハラにも気を使う時代ですね」と話す小林さん

推し事のあとは汗だく。すぐに洗えない環境がネック

廣岡「なるほど。衣類の洗濯は、どんなふうにしていますか?」


アキラ「できる限り帰ってすぐ洗ってます。ジャケットや、自分で装飾した衣装などはなかなか洗えないので、衣類用の消臭スプレーでケアしてますね」


千都「私はマンション住まいなので、帰りが深夜になった場合、ご近所さんに配慮すると洗濯機を回せなくて…。帰宅後すぐ洗濯機の中に入れて、翌朝に洗うようにはしてるんですけど」


平田「僕も基本的にはすぐ洗いますが、寝落ちしちゃって、翌朝に洗濯し直すことも(苦笑)。あと、遠征から夜行バスで帰るときは、すぐには洗濯できないですね」

笑いながら語る千都ちひろさん

忙しい時の衣類ケアについては、笑うしかない失敗談も…

千都「実はホテル泊が続いた時、イベント初日の衣装を丸3日放置して、帰ってきたらカビが生えてたことが…!その衣装は即捨てました(泣)」


廣岡「きゃ~!皆さんイベントが続くと、なかなか洗濯できない時もあるんですね」


小林「すぐ洗っても、部屋干しがうまくいかないと生乾きになっちゃうことも悩みです。一応は乾くので着てみるんですが、少し経つとムワッと、いつもと違う嫌なニオイが気になるように…」

むむむ…嫌なニオイのもとになりやすい、汗だくの衣類の洗濯については、皆さん意識しつつも、あれこれ悩まされている部分もあるようですね。どうやったらニオイを抑えることができるのでしょうか?

 

座談会でさまざまなお悩みを聞いていたNANOX担当・廣岡が、悩みがちな衣類のニオイの解決法を4人に伝授しました。

衣類に染み付いた汗や汚れがニオイの原因に

座談会の様子

廣岡の“推し”熱弁タイム

廣岡「ニオイが発生する最大の原因は、ズバリ汗や汚れでニオイが染みついた衣類。特に汗濡れを放置した衣類は、菌が繁殖し、ニオイの原因になります。また、その衣類のニオイをきちんと洗濯で落とせていないと、乾いた後もニオイが戻ってきたり、洗濯槽や一緒に洗濯した別の衣類にニオイが移ってしまうことも…。

特に、汗濡れの衣服を通気性の悪いポリ袋に入れておくと、菌がどんどん繁殖してしまいます。例えるなら、ニオイの爆弾を持っているようなものかもしれません」


「ニオイの爆弾」というワードに、参加者の皆さんが「嘘ー!」「いったいどうしたら!?」とざわつきます。

 

そこで廣岡が「汗だくで推し事に励む皆さんに、推したい洗剤があるんです!」と取り出したのが、液体洗剤「トップ スーパーNANOX ニオイ専用」。

NANOXニオイ専用

紫色のNANOXが新たに誕生しました!

廣岡「汗のニオイや皮脂は、蓄積するほど落としづらくなります。でも『トップ スーパーNANOX ニオイ専用』は、NANOXにしかできない洗浄技術や、史上最大濃度配合のプレミアム抗菌成分によって、汗臭に加え、部屋干し臭や雑菌臭など、あらゆるニオイを無臭化洗浄できるんです。 

消臭科学から生まれた“ニオイ専用洗剤”が新登場ということで、ニオイケアを心がける方々にぴったりです。洗剤が濃縮されているので、容器も超コンパクト。少量の洗剤で洗えるので、実は従来の液体洗剤(※)より回数多く使えます」

※当社トップクリアリキッド900g

NANOXの量にびっくりする様子

「こんなに少ない量で大丈夫なの!?」とびっくり

廣岡「さらに、柔軟剤の『ソフランプレミアム消臭 洗濯物が多いおうち専用』(『ソフラン特濃』)も併せて使うと、より効果的です!消臭成分が特別に濃いので、洗濯物が多くても、嫌なニオイを生みません。イベントで着替える回数が増え、洗濯物が多くなりがちな皆さんに、推させて頂きます!」 

ソフランプレミアム消臭

ソフラン特濃をプラスして、さらに鉄壁のニオイケアが完成!

衣類のニオイケアに悩んでいた参加者の皆さんですが、「トップ スーパーNANOX ニオイ専用」なら、あらゆるニオイへの対策を全部お任せできる!ということで、ぜひ使ってみたい!と盛り上がっていました。

 

アキラ「衣類の汗のニオイがなくなると、お客様と接する時の不安もなくなるし、イベント会場は汗以外のいろいろなニオイも集まるので、すべて無臭化できるのはうれしいですね」


小林「ニオイが蘇ってしまうのが気になっていた衣類も、今度のライブまでにこれでしっかり洗濯しておきたいです!」


千都NANOXは容器が小さいから、他の洗剤と同じ価格でも洗える回数が少ない『セレブ専用洗剤』だと勘違いしてました……。コンパクトで洗濯機まわりに置きやすいのも助かるので、家族や友達にもおすすめしようと思います!」


平田「柔軟剤を選ぶポイントはあまり意識していなかったので、『ソフラン特濃』も使ってみたいです。アクアジャスミンの香りもさわやかでいいですね」

 

愛のぶんだけかいた汗は、「トップ スーパーNANOX ニオイ専用」でキレイさっぱり落とす…。みなさんの“推し事”のお助けアイテムになるかもしれませんね!

座談会の様子

好きなものへの愛情あふれる皆さんのおかげで、座談会は和気あいあいとしたムードで終了!

「推し事をする以上、まわりに迷惑をかけない」という思いを、それぞれ語ってくださった今回の座談会。自分もまわりも、そして大好きな人も、全員が気持ちよくなるために…。ニオイケアは、みなさんの推し事における大事なエチケットだということがわかりました。

 

ご協力ありがとうございました! 

矢郷真裕子プロフィール写真

書いた人:矢郷真裕子

編集者・ライター。出版社勤務を経てフリーランスに。服好きが高じて、大学在学中はファッションビジネス論の学習や被服素材の性能実験などに打ち込み、衣料管理士の資格を取得。しかし家事全般は絶望的にノーセンスのため、日々修業中。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

Lidea会員限定キャンペーン アンケートボタンを押すだけで
LION商品が抽選で当たる!

この記事は
面白かったですか?

応募規約はこちら

今月のプレゼント

システマハグキプラス 電動歯ブラシとハミガキのセットを30名様にプレゼント。

・[医薬部外品]システマ ハグキプラス プレミアム ハミガキ 95g
・システマハグキプラス音波アシストブラシやわらかめ(本体)

※ハミガキの香味は選べません。

  • 1記事につき1回のご回答が可能です。
  • 1か月に10口までのご応募となります。
  • 今回の回答数はマイページ上でご確認いただけます。
  • トップページ
  • 【座談会】NANOX担当者もタジタジ|コスプレイヤー&アイドルファンの激アツ!ニオイ事情
  • facebook
  • Twitter
  • LINE