外出先での応急処置に!「シミとり剤」の正しい使い方

外出先での応急処置に!「シミとり剤」の正しい使い方

市販の「シミとり剤」は、水溶性と油溶性、どちらのタイプのシミにも効果を発揮する優れもの。シミを作ってしまった時の、「シミとり剤」を使った染み抜きの方法をご紹介します。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

常備したい市販の「シミとり剤」

外出先で、ワインやパスタのソースをこぼしてしまった時、どのようにしていますか?むやみに、ゴシゴシこすってしまうと、かえって汚れを落としにくくしてしまうことがあります。

いざという時のために、市販の「シミとり剤」を携帯できるサイズのものをバッグに入れておくと、外出先でシミをつくってしまった時、すぐにシミの応急処置ができます。携帯用には、1本で水溶性と油溶性のどちらのシミにも効果を発揮するものがおすすめです。
もちろん、お家での本格的な染み抜きにも大活躍します。今回は、シミとり剤を使ったシミの応急処置の方法をご紹介します。

「シミとり剤」で行う応急処置の方法

市販の吸収シート付きの「シミとり剤」を使った「応急処置」の方法をご紹介します。
文章でわかりにくい部分については、動画をご用意していますので併せてご覧ください。

1. 固形物や水分をティッシュなどで取り除く

シミになっている部分に残っている固形物を、ティッシュなどで取り除きます。

2. シミの裏側に添付の吸収シートをあてる

シミとり剤に添付されている吸収シートを、衣類の下に置きます。シートがない場合は、ハンカチや乾いたティッシュを使います。

3. シミとり剤で汚れをたたき出し吸収シートに吸わせる

シミとり剤の先端をシミの部分にトントンとあてながら、シミの外側から叩きはじめ、徐々に中心に向かって叩き、シミをシートに叩き出しましょう。
シートの位置をずらして、シミが落ちるまで、同じ操作をくり返します
シミが衣類に後戻りするのを防ぐためにも、吸収シートはきれいな面を使いましょう。

シミ取り剤で汚れをたたき出し吸収シートに吸わせる

4. シミとり剤の成分を落とす

シミが落ちたら、乾いたハンカチやティッシュなどをシミとり剤で湿った部分の下に敷き、上から水で濡らし固く絞ったハンカチやティッシュなどでシミの部分を十分たたき、残ったシミとり剤を取り除きましょう。

5. 自然乾燥

最後に、自然乾燥させます。なお、シミとり剤で応急処置をしても落ちていない場合は、家に帰ってからお洗濯や、さらに念入りな染み抜きをしましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。
ポイントは叩き出す!正しい染み抜きのテクニックとは?

シミとり剤を使う時の注意点

和服や皮革製品、ゴム、アセテート、水で色落ちするもの、水で輪ジミになるものには使用できません。

<シミとり剤の使い方>

この記事を作成・監修した
マイスター

大貫 和泉

お洗濯マイスター

大貫 和泉

おおぬき いずみ

洗濯用洗剤などの製品開発・調査に約20年携わってきました。
母親としての経験と研究活動を融合し、日々のお洗濯に役立つ情報をわかりやすくお伝えしていきます。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

Lidea会員限定キャンペーン アンケートボタンを押すだけで
LION商品が抽選で当たる!

この記事は
面白かったですか?

応募規約はこちら

今月のプレゼント

システマハグキプラス 電動歯ブラシとハミガキのセットを30名様にプレゼント。

・[医薬部外品]システマ ハグキプラス プレミアム ハミガキ 95g
・システマハグキプラス音波アシストブラシやわらかめ(本体)

※ハミガキの香味は選べません。

  • 1記事につき1回のご回答が可能です。
  • 1か月に10口までのご応募となります。
  • 今回の回答数はマイページ上でご確認いただけます。
  • facebook
  • Twitter
  • LINE