「捻挫」の原因と症状

Meister4 face photo

LION ヘルスケアマイスター

山岸 理恵子やまぎし りえこ

健康・美容
「捻挫」の原因と症状

「捻挫」は組織や靭帯が損傷を受けた状態

「捻挫」とは、手足の関節に大きな力が加わることにより、関節を包んでいる組織や靭帯(じんたい)が損傷を受けた状態をいい、からだの全体重を支える足首によく起こります。今回は、捻挫の原因と症状についてご紹介します。

捻挫になりやすい「部位」とその「原因」

捻挫になりやすい「部位」は、手足などの骨と骨をつなぐ関節周辺の組織です。関節は、骨と骨とをつなぐ組織「靭帯」、関節を包みこむ「関節包(かんせつほう)」、関節の動きを滑らかにする「滑液(かつえき)」を分泌する「滑膜(かつまく)」からなります。

本来、関節には一定の運動範囲がありますが、その運動範囲以上の動きを無理にしてしまうと、それが「原因」で関節周辺の組織がねじれ、部分的に切れてしまいます。このような損傷が起きても、関節の骨同士の位置関係が正常に保たれている状態を「捻挫」といいます。

捻挫は、ほぼすべてが外傷によるもので、からだの全体重を支える足首によく起こります。

捻挫になりやすい「部位」とその「原因」

捻挫の「症状」

捻挫をすると、関節が腫れ上がり、動かしたり押したりすると痛むことがあります。腫れ以外の変形はありませんが、数日後に皮下出血による「あざ」があらわれる「症状」が多いです。

以下のように、捻挫の重症度は、靭帯の伸びや断裂の程度によって異なります。

捻挫の重症度
重症度状態
軽度 靭帯は伸びても、断裂してない状態です。痛みや腫れはそれほどありませんが、同じ部位で捻挫を繰り返す 可能性が高くなります。
中度 靭帯の一部が断裂した状態です。腫れや皮下組織の損傷が目立ち、痛みのために歩くことが困難になりま す。
重度 靭帯が完全に切れた状態です。ひどい腫れや皮下出血が見られ、足首は不安定になり、体重をかけることができなくなります。

2~3日たっても患部の腫れがひかず、体重をかけると強い痛みが起こる場合は、骨折している可能性があります。痛みが続く場合は、すぐに医師の診察を受けてください。

LION おすすめの商品

この記事を書いたマイスター

みんなのコメント(0

この記事へのコメントを投稿してください。


関連するくらしのアイデア


みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です

キーワードから探す


あわせて読みたい記事

LION おすすめの情報

人気のアイデア 週間ランキング


Lideaからのお知らせ

Lidea コメント投稿キャンペーン

注目の記事

夫婦円満都市推進プロジェクト
家事フェス
災害時の清潔・健康ケア