「下痢」を予防するための4つのポイント

「下痢」を予防するための4つのポイント

皆さんは、日頃下痢にならないために何か予防をしていますか?下痢を防ぐには、日頃の健康管理が大切です。暴飲暴食は避け、食事はよく噛んでゆっくり食べましょう。食品などの衛生管理,調理法にもご注意を。辛いものや冷たいものなど、下痢を起こしやすい食品は控えめにする、からだを冷やさないようにするといった対策も有効です。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

下痢を予防するには日頃の「健康管理」が大切

皆さんは、日頃下痢にならないために何か予防をしていますか? 下痢を防ぐには、日頃の「健康管理」が大切です。そこで今回は、下痢を予防するための4つのポイントをご紹介します。

「暴飲暴食」は控える

「暴飲暴食」は、下痢を引き起こすことがあります。下痢を起こしやすい人は、水分のとり過ぎや、お酒の飲み過ぎに注意しましょう。

また、食べ過ぎや早食いは消化不良を起こし、その結果、発生したガスが腸の粘膜を刺激して、腸が異常収縮するため、下痢が起こります。食事はよく噛んで、ゆっくりと食べるようにしましょう。

食品の「衛生管理」や「調理法」に気を付ける

食あたりや食中毒など、ウイルスや細菌の感染による下痢を防ぐには、食品や食器などの「衛生管理」が大切です。特に、生鮮食品などの加熱していない料理は食中毒を引き起こしやすいため、病原菌の多い夏場の魚介類などは、しっかり加熱するなど「調理法」にも注意しましょう。

「下痢を起こしやすい食品」は控える

果物や豆類に含まれる「糖類」や「甘味剤」は、水分を腸内にためる作用があるため下痢を引き起こすことがあります。また、辛い食べ物やコーヒー、冷たい食べ物や飲み物なども、消化管への刺激によって下痢を引き起こすことがあるため、これらの「下痢を起こしやすい食品」は控えるようにしましょう。

「冷え」に注意する

生理の時期や「冷え」による下痢を予防するには、からだを冷やさないようにすることが大切です。衣類や防寒具などに気を配り、腹部を温かくしておきましょう。

芳賀 理佳

ヘルスケアマイスター

芳賀 理佳

はが りか

くらしを彩る製品の香りの研究・開発、および身体洗浄剤・制汗剤の開発に約25年携わってきました。
快適な毎日が過ごせるよう、からだの健康・衛生・美容に役立つ情報をご紹介していきます。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

Lidea会員限定キャンペーン アンケートボタンを押すだけで
LION商品が抽選で当たる!

この記事は
面白かったですか?

応募規約はこちら

今月のプレゼント

【こんな時こそ、毎日のケアが大事】歯ぐき活性化で歯周病を防ぐハミガキと、超極細毛の音波アシストブラシをセットで30名様にプレゼント!

    プレゼント詳細

  • システマハグキプラスプレミアムハミガキ エレガントフルーティミント
  • システマハグキプラス音波アシストブラシ
    ※画像はイメージです。
  • 回答は期間中、1記事につき1回のみ可能です。
  • 最大10記事への回答ができます。
  • 期間中の回答数はマイページにてご確認いただけます。
  • ご当選された方には翌月中旬頃メールにてご連絡いたします。
  • facebook
  • Twitter
  • LINE