スムーズな「ゴムひも」の通し方

Meister3 face photo

LION お洗濯マイスター

片木 徹也かたぎ てつや

スムーズな「ゴムひも」の通し方

袖口や下着のウエストなど、衣料にはゴムが多く使われています。ゴムがゆるくなってしまったら、きちんとゴムひもを入れ替えましょう。

<通し方の手順>

1.ゴムの端にゴム通しをつけて、通し穴の入り口から入れていきます。もう片方の端は、切らないでおきます。通していくときにゴムがねじれないように、手元を確認しながら注意深く入れていきましょう。

ゴムを切ってから通す場合

ゴムの最後の部分に、通し穴より大きい安全ピンをつけておくと、途中で通し穴の中にゴムが入っていってしまうのを防ぐことができます。

2.通し終わったらゆるみを均等にして、ゴムをしばるか安全ピンなどで仮止めします。長さの調節をします。

3.ゴムを切り、ゴムの最初と最後の部分を3cm程度重ねて、マチ針でとめて縫い合わせます。ゴムの出入り口もマチ針でとめると、よりしっかり固定され縫いやすくなります。

お洗濯

この記事を作成・監修したマイスター

みんなのコメント(0

この記事へのコメントを投稿してください。



    みんなのハテナ

    掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

    これまでに寄せられた悩みを見る >

    質問するには
    ログインが必要です

    キーワードから探す


    あわせて読まれている記事

    LION おすすめの情報

    人気のアイデア 急上昇ランキング


    Lideaからのお知らせ

    irodori - くらしを彩るウェブマガジン

    注目の記事

    夫婦円満都市推進プロジェクト
    災害時の清潔・健康ケア

    Lidea公式facebookページ 日々更新中!

    知っていると便利な情報や
    お得なキャンペーンをお知らせします♪