衣類の「縫い目のほつれ」を直す方法

衣類の「縫い目のほつれ」を直す方法

ブラウスの袖つけ部分など、縫い目のほつれに気付いたらどうしますか?そのまま洗濯するとほつれが大きくなるので、洗濯前に必ず繕っておきましょう。ほつれた所を確認して衣類を裏返し、縫い代をマチ針でとめてから、返し縫いで縫い合わせます。縫い始めも縫い終わりも、ほつれていない部分と少し重ねて縫うのがポイント。

Share

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

パンツの股上やブラウスの袖つけ部分などは、縫い目がほつれやすい部分です。ほつれたままお洗濯すると、ほつれが一層大きくなってしまいます。小さなほつれであっても、お洗濯前に、必ず繕っておきましょう。

1.ほつれた所を確認して衣料を裏返し、両方の縫い代をマチ針でとめます。

2.ほつれている糸を布の裏側から軽く引っ張って、表にほつれた糸が残らないようにします。不用な糸は切ります。

3.「返し縫い」で縫いあわせていきます。ほつれた部分から縫い始めるのではなく、ほつれる前の縫い目と5cm程度重なる位置から返し縫いをしていきます。

4.縫い終わりも同じように5cm程度ほつれていない部分と重ねて縫い、最後に玉止めを作り、縫い代の裏に隠します。

POINT

豆知識

返し縫いの縫い方

1.糸の端に玉結びを作り、布の裏側から表に向けて針をさします。

2.1でさした位置よりも後ろに針をさし、図のように布の裏側から針を1.との間隔の倍、前に進めます。

3.最初に針をさした場所の脇に針を戻します。この行程を繰り返します。

この記事を作成・監修した
マイスター

片木 徹也

お洗濯マイスター

片木 徹也

かたぎ てつや

洗濯用洗剤などの製品開発に約15年携わってきました。
日々のお洗濯を楽しく、快適に行っていただけるよう、技術に基づいたノウハウをわかりやすくお伝えしていきます。

Share

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

お洗濯の新着記事もチェック!

SOCIAL MEDIA Lideaでは各種SNSでも
最新情報をお届けしております

MAIL MAGAZINE Lideaの記事更新情報や、お得なキャンペーン情報を
いち早くメールマガジンでお届けします!

規約に同意する

reCAPTCHA

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

LINEに保存