ホコリやニオイをすっきり!空気清浄機の掃除・お手入れ方法

Meister5 face photo

LION リビングケアマイスター

杉本 美穂すぎもと みほ

お掃除
ホコリやニオイをすっきり!空気清浄機の掃除・お手入れ方法

「空気清浄機」の日ごろのお手入れは欠かせない

ダイキン工業の加湿ストリーマ空気清浄機(ACK70P-W)

キレイな空気をつくるには、「空気清浄機」の日ごろのお手入れは欠かせません。また、季節によって空気清浄機を使用しないというご家庭では、きちんとお手入れしてから保管しましょう。空気清浄機はメーカー・機種によってお手入れ方法が異なります。今回は、以前取材に伺ったダイキン工業の加湿ストリーマ空気清浄機(ACK70P-W)を例にして、お手入れ方法をご紹介します。

 

 

必ず取扱説明書をよく読んでから行ってください。

 ダイキン工業の空気清浄機の取扱説明書は、こちら(http://www.daikincc.com/filedown/filedown_doui.asp)になります。

「ダイキン工業の空気清浄機(加湿機能のあるタイプ)」の基本的なお手入れ

以下に、「ダイキン工業の空気清浄機(加湿機能のあるタイプ)」の基本的なお手入れをご紹介します。お手入れする時は、必ず運転を止め、電源プラグを抜いておきます。

「ダイキン工業の空気清浄機(加湿機能のあるタイプ)」の基本的なお手入れ

前面パネルと本体の拭き掃除

以下に、前面パネルと本体の拭き掃除の手順をご紹介します。

1.やわらかい布で拭く

水を含ませよく絞ったやわらかい布で拭きます。汚れがひどい時は中性洗剤を溶かした水を含ませ、よく絞ったやわらかい布で拭きます。

2.水拭きする

最後に必ず水拭きして仕上げます。傷がつくので、硬いタワシなどは使用しないでください。

 

プレフィルターのお手入れ

以下に、プレフィルターのお手入れの手順をご紹介します。

前面パネルを外す

1.前面パネルを外す

前面パネルを外して、掃除機でプレフィルターの表面についたホコリを吸い取ります。約2週間に一度は、プレフィルターをお掃除しましょう。

水洗いする

2.水洗いする

ホコリを取り除いたあと、水洗いします。

3.日陰で乾かす

水洗いしたあとは、日陰でよく乾かします。

 

脱臭フィルターのお手入れ

以下に、脱臭フィルターのお手入れのポイントをご紹介します。

脱臭フィルターの汚れが気になる時

脱臭フィルターの汚れが気になる時

脱臭フィルターを取り出して、掃除機でホコリを吸い取ります。水洗いはできません。水洗いをすると型くずれして、使えなくなってしまいます。

ニオイが気になる時

ニオイが気になる時

表面を霧吹きなどで軽く湿らせてから、風通しの良い日陰で約1日間よく乾かします。

 

ユニット1(プラズマイオン化部)のお手入れ

約2週間に1度はホコリの除去

約2週間に1度はホコリの除去

プレフィルターと同様、掃除機で表面のホコリを吸い取ります。

「ユニット1」の洗浄ランプが点灯したら

ユニット1を取り外す

1.ユニット1を取り外す

ユニット1を取り外して開き、台所のシンクなどを使って、約1時間ぬるま湯または水につけおきします。汚れがひどい時は、液体の中性洗剤を溶かしたぬるま湯でつけおきします。

【要注意!】アルカリ性・酸性の洗剤、粉末の洗剤は使わないでください。

汚れを落とす

2.汚れを落とす

やわらかい布や綿棒、古い歯ブラシなどで汚れを落とします。布などのせんいくずが残らないように気を付けましょう。

【要注意!】内部にあるイオン化線は、強く引っ張ると切れるおそれがあるので、軽く拭いてください。

3.日陰で乾かす

水でよくすすいでから、風通しの良い日陰で乾かします。

 

ユニット2(ストリーマユニット)のお手入れ

ユニット2は、掃除機でのお手入れはできません。

ユニット1と同じように、「ユニット2」の洗浄ランプが点灯したら、以下の手順でお手入れしましょう。

水またはぬるま湯につけおき

1.水またはぬるま湯につけおき

水またはぬるま湯につけおきして、お手入れします。

内部の汚れを落とす

2.内部の汚れを落とす

ユニット2の内部を、やわらかい布や綿棒で汚れを落とします。

【要注意!】内部の針を変形させないように注意しましょう。

加湿トレー・加湿フィルターのお手入れ

加湿トレーや加湿フィルターが汚れていると、いやなニオイが発生する場合があるので、定期的なお手入れが大切です。約1ヶ月に一度またはニオイが気になる時にお手入れします。

加湿トレー

加湿トレー

水洗いします。凸凹した部分は、古い歯ブラシなどで汚れを落とします。

加湿フィルターユニット

加湿フィルターユニット

約40℃以下のぬるま湯でつけおきします。こすり洗いをする時は、やわらかいスポンジを使いましょう。

ニオイや汚れが気になる時

液体の中性洗剤を溶かしたぬるま湯に、約30~60分間つけおきします。

水垢(白っぽい汚れ)が取れにくい時

クエン酸を溶かしたぬるま湯に2時間程度つけおきします。つけおき後は、よく水ですすいでからご使用ください。

【要注意!】長期間使用しない時は、必ず加湿トレーや給水タンクの水を抜き、キレイにお手入れしてから保管しましょう。

この記事を書いたマイスター

みんなのコメント(0

この記事へのコメントを投稿してください。


関連するくらしのアイデア


みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です

キーワードから探す


あわせて読みたい記事

LION おすすめの情報

人気のアイデア 週間ランキング


Lideaからのお知らせ

ひとりでできるよキャンペーン

注目の記事

家事フェス
夫婦円満都市推進プロジェクト
災害時の清潔・健康ケア