「毛布」を洗う前の確認・準備と洗い方・干し方

Meister3 face photo

LION お洗濯マイスター

山縣 義文やまがた よしふみ

お洗濯
「毛布」を洗う前の確認・準備と洗い方・干し方

毛布を「洗う前」に

大物の毛布のお洗濯はちょっと面倒だと思われがち。普段あまり洗わないものですが、洗えばスッキリ気分で快適な眠りにつけます。年末に「大洗濯」するもよし、また季節の変わり目にお洗濯するのもおすすめです。

まずは、「洗う前に」取り扱い絵表示を見て、水洗いできるか確認しましょう。

目立つ汚れがある場合には「前処理」を!

仕上がりをよくするためには、きちんと「前処理」を行いましょう。

1. 汚れをたたき落とす

もの干し竿などにかけて、ホコリや髪の毛などの汚れをたたき落とします。

2. 洗剤の原液をつける

洗剤の原液をつける

直接肌が触れる部分は皮脂や汗で汚れています。洗剤の原液をつけ、キャップの底や洗濯ブラシの背で軽くたたいて前処理をしましょう。

「洗濯ネット」に入れて洗おう

毛布を洗濯機で洗う場合は必ず「洗濯ネット」を使用してください。洗濯ネットは大物洗い用を用意します。

1. ジャバラ状にたたむ

汚れている部分を外側にし、洗濯ネットの大きさにあわせてジャバラ状(屏風だたみ)にたたみます。

2. 丸めて「洗濯ネット」へ

丸めて「洗濯ネット」へ

ジャバラ状にたたんだ毛布をロール状に丸めて洗濯ネットに入れます。

洗濯機で「毛布を洗う方法」

ここでは縦型全自動洗濯機で「毛布を洗う方法」をご紹介します。

洗濯機で「毛布を洗う方法」

1. 汚れた部分を下側に

縦型全自動洗濯機の場合、直接肌が触れて汚れのついた部分を洗濯槽底部のパルセーター(回転板)側に向けて入れます。

2. コースを選択

「大物洗いコース」や「毛布コース」を選んで、洗剤投入口に液体洗剤をセットします。

3. しっかり押し沈める

毛布は浮きやすいので、両手で5~6回程度、洗剤液にしっかりと押し沈めてから洗濯を始めましょう。

4. 柔軟剤を使う

柔軟剤を使うと、ふっくらと滑らかな肌触りに仕上がり、静電気もおさえられます。

洗濯機に入らない「大型毛布」の洗い方

洗濯機に入らない「大型毛布」は、お風呂の浴槽などを使って洗いましょう。

1. 「ジャバラ状」にたたむ

汚れた部分を外側にし、浴槽の大きさに合わせて「ジャバラ状」にたたみます。

2. 端から「足踏み」洗い

端から「足踏み」洗い

毛布がつかる程度の水と適量の液体洗剤を入れ、端から「足踏み」するように洗います。

3. すすぎは「シャワー」

足踏み洗いが終わったら、洗剤液を浴槽から流し、すすぎは「シャワー」をかけながら行います。

4. 「柔軟剤」を適量入れる

柔軟仕上げをする場合には、水をためてから「柔軟剤」を適量入れ、まんべんなく足でなじませたら、水を抜いて足で踏んで水分を押し出します。

5. 浴槽の縁にかけて脱水

洗濯機に入らない大物の毛布は、浴槽の縁(エプロン部)にかけて、水を切り脱水しましょう。水が切れて軽くなってから、もの干し竿に移動して干します。

足踏みをする時は、必ず壁や手すりなどにつかまって行い、転んだり滑ったりしないように注意してください。

もの干し竿を2本使って「M字」干し

もの干し竿を2本使って「M字」干し

脱水後はすぐに洗濯機から取り出し、手で取れる毛玉は取っておきます。大物の毛布は乾きにくいので、効率良く乾かすため、もの干し竿を2本使って「M字」状に干しましょう。また裏側が乾きにくいので、途中で表と裏をひっくり返すと乾きが早くなります。

LION おすすめの商品

みんなのコメント(0

この記事へのコメントを投稿してください。


関連するくらしのアイデア


みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です

キーワードから探す


あわせて読みたい記事

LION おすすめの情報

人気のアイデア 週間ランキング


注目の記事

家事フェス
夫婦円満都市推進プロジェクト
災害時の清潔・健康ケア