衣類の虫食いを防ぐ!衣替えの時に知っておきたいお手入れのコツ

衣類の虫食いを防ぐ!衣替えの時に知っておきたいお手入れのコツ

収納していた衣類で衣類をしまう際、取り出してみたら虫に食われて衣類に穴が開いていたという経験はありませんか?「虫食い」を防止するには、「衣替えのしまい洗いの時期と方法」、「収納方法」が大切。実は、冬物のしまい洗いは、「5月ゴールデンウィークまで」が最適です!今回は、衣類を害虫から守る方法をご紹介します。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

「収納する前のお手入れ」が虫食い被害にあわないポイント

衣替えの時、衣装ケースやタンスにしまった衣類を取り出してみたら、「穴が開いていた!」という経験はありませんか?虫に食われるイメージの強い、セーターやスーツのようなウール素材などの動物繊維だけでなく、綿のような植物繊維やレーヨンなどの半合成繊維、ポリエステルのような合成繊維までも、虫食いの被害にあうことがあるので、きちんとした対策が必要となります。虫食い防止には、「収納する前のお手入れ」がとても重要!虫食いの被害を防ぐ衣替えの時の「しまい洗い」から収納方法までを詳しく解説します。

冬物衣類のしまい洗いは「5月のゴールデンウィークまで」が最適

衣類を食べる害虫は、ヒメカツオブシムシ、ヒメマルカツオブシムシ、イガ、コイガなどです。これらの害虫が衣類を食べるのは、「幼虫」の時期のみです。「さなぎ」や「成虫」の時期は、衣類を食べることはありませんが、「成虫」の産卵期になるとせっかくお洗濯した衣類を干している間に、卵を産み落とす危険があります。下記に示した、ヒメカツオブシムシと同様、多くの害虫は5月のゴールデンウィーク明けには「成虫」になるので、冬物衣類のしまい洗いは「成虫」が産み落とした卵ごと収納してしまわないように、遅くとも「5月ゴールデンウィーク」までには行うことをおすすめします。

<ヒメカツオブシムシの一生>

ウール以外の素材も注意!「食べこぼし」などの汚れで虫食いの被害拡大!

下に示している写真は、ウール、シルク、レーヨンの布上にヒメカツオブシムシの幼虫を入れ、1か月後に虫食いが発生するかどうかを調べた結果です。布に汚れが付着していない場合は、ウール、シルクに穴が開いており、レーヨンははっきりした被害にあっていませんでした。これは、動物繊維であるウールやシルクに含まれるたんぱく質が害虫の栄養源になるためです。
しかし、「食べこぼし」の汚れが残っているとウールやシルクだけではなく、レーヨンにも大きな穴が開いてしまい、虫食いの被害が拡大してしまいました。食べこぼしだけではなく、皮脂や汗などの汚れがついたまま収納すると、大きな穴が開いてしまう可能性があります。そのため、しっかりとした対策が必要です。

<汚れなしと汚れありの虫食い被害の比較>

  • 実験条件:5×5㎠の布をシャーレに入れ、ヒメカツオブシムシの幼虫をおき、1か月放置したあと、穴が開いているかを観察する。

実際の衣類でも虫食いの被害を確認しました。

<セーターとTシャツの虫食い被害>

「虫食いの被害を防ぐ」ためのしまい洗い

それでは、どのようにすれば「虫食いの被害」を防ぐことができるのでしょうか?その方法をご紹介します。

1.汚れをしっかり落とす

何度も着た衣類はもちろん、1度しか着ていない衣類でも、そのまま収納せずに、必ずお洗濯してから収納しましょう。また、食べこぼしや汗などの汚れがついている場合は、以下の方法でしっかり汚れを落としておきます。

<おしゃれ着の場合>
脇の下やエリ・そでの汚れには、「おしゃれ着用洗剤の原液」を、黄ばみや食べこぼしには、「シミ用の部分洗い剤」や「液体酸素系漂白剤」を直接塗ってからお洗濯しましょう。

おしゃれ着用洗剤を塗布

<普段着の場合>
脇の下やエリ・そでの汚れには、「エリ・そで用の部分洗い剤」または、「液体洗剤の原液」を、黄ばみや食べこぼしには、「シミ用の部分洗い剤」や「液体酸素系漂白剤」を直接塗ってからお洗濯しましょう。

部分洗い剤を塗布

機能性インナーやTシャツなど広い範囲に汗などの汚れがついていたり、ニオイが気になる衣類は、「つけおき」をしてからお洗濯します。洗濯桶に、衣類がつかる程度の量の「ぬるま湯」(40℃くらい)を用意し、そこに通常使用する1回分の酵素入り粉末洗剤、またはニオイ汚れに効果の高い液体洗剤と、適量の液体酸素系漂白剤を溶かしますその中に衣類を入れ、30分~2時間くらいつけおきします。そのあと、つけおきした洗剤液と衣類を洗濯機に入れ、水とほかの衣類を足して、通常通り一緒に洗います。また、洗濯機の洗濯槽を洗濯桶代わりにしてつけおきをしたり、洗濯機のつけおきコースを利用してもOKです。

Tシャツのつけおき洗い

2.お天気の良い日にしっかり乾かす

害虫は湿気を好むので、湿度の低い晴れの日に、しっかり乾かしてから収納します。また、部屋干しの場合は、湿気の多いお風呂場ではなく、なるべく風の通る部屋に、しっかり乾くまで干してから収納しましょう。

「収納方法」変えて解決!機能性インナーなどの虫食い被害を防止する方法

衣類を積み重ねて収納すると上に置いた衣類に付着した害虫は、光を避け、下の衣類に移動するといわれています。例えば、害虫が好むウールのセーターの下に、機能性インナーやカットソー、ブラウスなどを収納すると、これらの衣類にも穴が開いてしまう可能性が高くなります。そのため、「積み重ねて収納」するのではなく、「立てて収納」しましょう。また、「立てて収納」すると、何が入っているか見やすくなるので、取り出すときにも便利ですよ。

<積み重ねて収納する場合と立てて収納する場合>

収納ケースに衣類を収納したら、防虫剤を忘れずに入れましょう。防虫剤は必ず一番上に入れます。成分が空気より重いので、下に入れたのでは収納ケース全体にいきわたりません。防虫剤の個数は、パッケージに記載されている数を入れましょう。また、ピレスロイド系防虫剤と、樟脳(しょうのう)が使われた防虫剤は、混ぜることができないので、同じ種類のものを使いましょう。

このように、衣類の「収納方法」を変えるだけで、虫食いの被害を抑えることができます。

「大切な1枚」を虫食いから守るための方法

絶対に虫食いで穴を開けたくない、「大切な1枚」を持っている方もいますよね。特別な衣類には、もう一手間加えることで、虫食いを最大限、防ぐことが可能となります。上記の虫食いを防ぐお洗濯を行ったあと、下記のように処理しましょう。

1.衣類全体にアイロンをかける

衣類の全体にアイロンをかけることで、害虫の卵や幼虫が残っていた場合でも、アイロンの熱で死んでしまいます。この方法は、洗えない衣類にも使用できます。

アイロンをかける

2.衣類用圧縮袋に入れる

衣類1枚の大きさに合わせた圧縮袋に入れ空気を抜き、しっかり封をしましょう。衣類用圧縮袋に入れることで害虫の進入を防ぎます。また、時間が経っても開かないように、気をつけましょう。

衣類用圧縮袋に入れる

これらの害虫は、タンスや衣類の収納ケースから、突然わいてくるものではありません。実は、家の中に潜んでいるといわれていて、コイガの幼虫は、1mm以下の隙間でも侵入する可能性があります。しっかりとしたしまい洗いと収納で、虫食いの被害をなくし、次のシーズンも気持ち良く着たいですね。

この記事を作成・監修した
マイスター

大貫 和泉

お洗濯マイスター

大貫 和泉

おおぬき いずみ

洗濯用洗剤などの製品開発・調査に約20年携わってきました。
母親としての経験と研究活動を融合し、日々のお洗濯に役立つ情報をわかりやすくお伝えしていきます。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

Lidea会員限定キャンペーン アンケートボタンを押すだけで
LION商品が抽選で当たる!

この記事は
面白かったですか?

応募規約はこちら

今月のプレゼント

浴そうをこすらず洗える新方式のお風呂用洗剤、「ルックプラス バスタブクレンジング」を抽選で30名様にプレゼント!

ルックプラス バスタブクレンジング 本体 500ml

※香りはお選びいただけません。

  • 1記事につき1回のご回答が可能です。
  • 1か月に10口までのご応募となります。
  • 今回の回答数はマイページ上でご確認いただけます。
  • facebook
  • Twitter
  • LINE