お部屋を明るくキレイに見せるコツは「カーテン」のお洗濯にあった!

Meister3 face photo

LION お洗濯マイスター

山縣 義文やまがた よしふみ

お洗濯
お部屋を明るくキレイに見せるコツは「カーテン」のお洗濯にあった!

みなさん、カーテンをきちんと洗っていますか?

お部屋の“見た目”を左右するカーテン!

みなさんは、カーテンをどれくらいの頻度で洗っていますか? 年に一度や二度、という人も多いのではないでしょうか。

カーテンなどのインテリアファブリックをお手入れすることも、お部屋の美しさを保つためにとっても大切なこと。そこで、お部屋の見た目にまつわる、カーテンのこんな実験を行ってみました。

実験からわかる、明るさの印象とカーテンの関係

ライオンで行った実験では、カーテンの汚れ具合によってお部屋の明るさや、お部屋にいる人の表情の印象が変わることが分かっています。

この実験では、カーテンのお洗濯前後のお部屋の印象を評価するため、5年間お洗濯をしていないカーテン(左)と、お洗濯後のカーテン(右)に、外側から光を当ててお部屋の写真の印象を比べてみました。

5年間洗濯していないカーテン(左) / 洗濯後のカーテン(右)

上記の写真から分かるとおり、5年間お洗濯をしていないカーテンでは、照度が落ち、お部屋が暗い感じになりますが、お洗濯をすると明るく爽やかな印象になりました。汚れたカーテンは、照度にも影響し、お部屋自体が暗くなってしまうのですね。

一見、キレイに見えるカーテンも、汚れでくすんでいることがあります。実際に、そこまで汚れを認識できなかったカーテンを洗濯機に入れて洗濯してみると、水がこんなに汚れることも……。

<黒くなったカーテンの洗濯液の汚れ>

すがすがしい季節を気持ち良く過ごすために、カーテンの汚れをすっきりキレイにおとしてみませんか?それでは、明日から実践できる、カーテンをキレイに洗うための方法をご紹介します。

カーテンを「洗う前」にチェックしておきたいこと

1. 「取扱い絵表示」の確認

カーテンについている「取扱い絵表示」を見て、家で水洗いができるかどうか確認します。

「洗濯機マーク」や「手洗いマーク」の場合は、ご家庭で洗えます。
「水洗い不可」と「ドライマーク」が併記してある場合は、
ご家庭で洗濯せずクリーニングに出しましょう。

2. 洗剤選び

まずは、適切な洗剤を選びます。取扱い絵表示だけでなく、タグの注意書きも確認します。カーテンの素材や色に適した洗剤を選びましょう。カーテンのような大物ファブリックには、布の奥までサッとしみ込む液体洗剤がおすすめです。

<絵表示とタグの注意書きによる洗剤の選び方>

※最近の一般衣料用洗剤には「中性タイプ」もありますが、デリケートな素材のカーテンなどには、「おしゃれ着用洗剤(無蛍光・中性)」を使用しましょう。

3. たたみ方は「ジャバラ状」に

次に、カーテンから金具を外し、ホコリをはたき落とします。汚れぐらいをチェックしながら、「ジャバラ状」に折りたたむようにします。この折り方は「屏風(びょうぶ)だたみ」とも言います。

そのとき、汚れが気になる部分を表にしましょう。

4. 気になる黒ズミには「前処理」を!

カーテンの上部のギャザーや裾の部分には、ホコリなどで黒ずんでいることがよくあるため、「前処理」をしましょう。前処理といっても、簡単です。気になるところに洗剤の原液をつけて、キャップの底でたたいてしみ込ませておきます。

5. 洗濯機を上手に使って

洗濯機を使って洗うときの手順をご紹介します。実は、洗濯機に入れる向きも、上手に洗うひとつのポイントなのです。

(1)「洗濯ネット」を使用する

折りたたんだレースやデリケートな素材のカーテンは、洗濯ネットに入れます。

(2)洗濯する

取扱い絵表示を確認し、表示に従って、やさしく洗います。

「洗濯機弱水流マーク」「手洗いマーク」がついていたら、手洗いコースか、ドライコースで洗います。

洗濯機への入れ方

洗濯機はかくはん羽根(パルセーター)付近が最も機械力が強く汚れが落ちやすいので、イラストのように、汚れている面を洗濯機の底側に向けて入れましょう。

「液体酸素系漂白剤」を入れる

汚れがひどい時は、液体洗剤のほかに「液体酸素系漂白剤」を適量入れて洗います。

脱水は「短時間」で!

洗濯じわを防ぐため、脱水時間は30秒くらいの「短時間」に設定します。

汚れがひどいときには「二度洗い」しましょう

洗濯中に、洗剤液が真っ黒になるようであれば、「二度洗い」がおすすめです。洗い終わったら、洗濯液を排水して軽く脱水し、もう一度洗濯液をつくって二度洗いをしましょう。

カーテンを干すときに注意したいこと

カーテンを洗い終わったら、上手に干しましょう。次は、カーテンに干すときの手順についてご紹介します。

1. 縫い目を伸ばす

洗濯じわや型くずれを防ぐため、脱水後はすぐに取り出して、手で縫い目を伸ばします。

2. カーテンレールに干す

薄手のカーテンは、カーテンレールに干すと、カーテン自体の重さで全体のしわが伸びて、キレイに仕上がるだけでなく、干す場所もとりません。

ただし、厚手の重いカーテンは、カーテンレールに負担がかかるので、竿に干すことをおすすめします。

また、干す前に、窓ガラスも掃除して汚れがつかないように注意しましょう。

最後に「香りづけミスト」でお部屋を華やかに仕上げよう

カーテンが乾いたら、「香りづけミスト」をスプレーしましょう。お部屋にふんわりと香りがただようと、お部屋の印象もアップしますし、急な来客時にもゲストも心地よく感じることでしょう。

香りづけミスト印象UP効果はこちらをご覧ください。

最後のこうした仕上げが、お洗濯をした“達成感”に変わる瞬間です!

カーテンの「汚れ」を防ぐ工夫

1. 柔軟剤を使用する

洗濯時や普段の生活の中で、カーテンの汚れを防ぐひと工夫ができます。まずは「柔軟剤」を使用すること。柔軟剤には、「静電気防止効果」があるので、花粉やホコリなどの汚れがつきにくくなります。また、脱水時の洗濯じわを防ぐ効果も。

2. 「抗カビ」効果のある布製品用除菌・消臭スプレーを使用する

布製品用除菌・消臭スプレーにはカビの増殖を抑えるものがありますので、カビが気になる季節におすすめです。

お部屋全体を美しく見せるためには、お部屋の目に見える汚れを掃除するだけでなく、カーテンを清潔にキレイにしておくことも忘れたくないポイントです。ぜひお手入れしてみてくださいね。

LION おすすめの商品

みんなのコメント(0

この記事へのコメントを投稿してください。


関連するくらしのアイデア


みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です

キーワードから探す


あわせて読みたい記事

LION おすすめの情報

人気のアイデア 週間ランキング


Lideaからのお知らせ

GReeeeNオリジナルキャンペーンソングプレゼント!
「あなたの家事フェスソング教えて♪」Twitterキャンペーン

注目の記事

家事フェス
夫婦円満都市推進プロジェクト
災害時のための「手の清潔ケア」と「オーラルケア」