極上のおうち時間!「もこもこルームウェア」を長持ちさせるお洗濯方法

極上のおうち時間!「もこもこルームウェア」を長持ちさせるお洗濯方法

「もこもこルームウェア」のふわふわ感を長持ちさせるためには、お洗濯のときの気遣いが大切!洗濯機OKならネットに入れて、おしゃれ着コースで。手洗いの場合は、やさしく押し洗い。仕上げに柔軟剤を使うのも、ふんわり感をキープにお役立ち。伸びや型くずれを防ぐためには、平干しがおすすめです。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

<目次>
お洗濯の手順
 └1 洗濯表示を確認
 └2 洗剤を選び
 └3 目立つ汚れには前処理を 
 └4 洗濯ネットを使おう
 └5 柔軟剤を併用しよう
 └6 乾いたタオルで毛並みを整えよう
伸びや型くずれを防ぐ干し方

優しい肌触りで、オールシーズン人気のもこもこルームウェア

パステルカラーを基調とした見た目の可愛さと、ふわふわとした肌触りが特徴のもこもこルームウェア。「お部屋の中でも可愛くいたい!」という女性のニーズにマッチして、大人気アイテムとなっているようですよね。ワンピース、パーカー、ショートパンツや靴下など、種類も豊富。寒い冬はもちろん、その肌触りの良さに夏場でも愛用者が多いおしゃれウェアです。

直接肌に触れるからこそ、常に清潔に保ちたいのがルームウェア。ただ、何度もお洗濯を繰り返しているうちに、毛羽立ったり、独特のふわふわ感が失われてしまった……なんて人も多いのではないでしょうか。でも実は、お洗濯の時のちょっとした気遣いで、ふわふわもこもこ感を長持ちさせることができるのです。

1. 洗濯表示を確認する

裏面についている洗濯表示をチェックして、家庭で洗えるかどうかを確認します。
※洗濯表示は2016年12月1日に改定されました。

新・洗濯表示に「洗濯おけ」や「手洗い」の記号がついている場合は、家庭で洗えます。従来の絵表示に「洗濯機」マークや「手洗い」マークがついている場合は、家庭で洗えます。

新・洗濯表示や従来の絵表示に「洗濯おけに×」がついている場合は、家庭で洗えません。洗濯表示だけでなく、タグの注意書きも確認しておきましょう。

洗濯表示に関する詳しい情報は、こちらをご覧ください。
難しくない!新しい洗濯表示(洗濯マーク)を覚えて上手にお洗濯

2. 洗剤を選ぶ

洗濯表示だけでなく、タグの注意書きも確認して、適切な洗剤を選びます。

なお、洗剤の中には漂白剤入りのものがありますが、下記の記号(漂白処理ができない)がついている場合には、「漂白剤入りの洗剤」は使用できません。

洗剤は色あせや型くずれを防ぐ、おしゃれ着用洗剤(アクロン)がおすすめです。

もこもこルームウェアの多くが「手洗い」マークです。手洗いで「押し洗い」するか、洗濯機で洗う場合は「手洗い・ドライ対応・おしゃれ着コースなどの弱水量コース」を選んで洗うことをおすすめします。

手洗いマークはここに注意!

手洗いマークの衣類を洗濯機で洗う場合は、洗濯機で洗えるかどうか洗濯機メーカーの情報を確認しましょう。

3.目立つ汚れがあれば前処理をしましょう

袖口、エリなど汚れが気になる部分は、おしゃれ着用洗剤の原液をつけ、キャップの底で軽くたたいておきましょう。しつこい汚れはついもみ洗いをしてしまいたくなりますが、デリケートな素材なのでもみ洗いは避けましょう。

4.型くずれ防止には洗濯ネットを上手に使いましょう

衣類がほかの衣類とからんで、擦れたり伸びたりするのを防止するために、畳んで上下別々の洗濯ネットに入れましょう。ネットを使ってお洗濯をする際は、一つのネットに1着が原則!洗濯ネットに複数の衣類をまとめて入れてしまうと、汚れ落ちが悪くなってしまいます。

パーカータイプなど、ファスナーがある場合は閉じてから、畳んで洗濯ネットに入れるようにしましょう。

水に浮かびやすいので、洗濯機に水が溜まったら、しっかり沈めてから洗濯をスタートさせましょう。

「洗濯ネット」の種類と上手な使い方に関しては、こちらの記事を参照にしてください。

5.柔軟剤を併用しよう

おしゃれ着用洗剤にも柔軟効果のある成分が配合されており、ふんわり仕上がりますが、さらにふんわり感を持続させたり、香りを楽しんだりしたい場合は、柔軟剤を併用しましょう。

柔軟剤は、必ず柔軟剤専用の投入口に入れましょう。

6.乾いたタオルで毛並みを整えよう

洗濯機で洗う場合は、脱水時間を短めに設定し、脱水後はなるべくすぐに取り出します。

手洗いで押し洗いし、手でしぼって脱水する場合は、素材を傷めないように、乾いたタオルにはさんでさらに水分を取り除くタオルドライを行いましょう。

干す前に、乾いたタオルで表面をなでて、毛羽の向きを直すのがポイント。そうすることで、乾いたときに毛並みがそろってふんわり仕上がります。

伸びや型くずれを防いで、ながくキレイに着続けましょう

せっかくキレイに洗っても干し方を間違えてしまうと、衣類は伸びてしまったり、型がくずれてしまったりします。

干し方の悪い例

例 濡れた重みで丈が伸びてしまう

解決ポイント

伸びなどの型くずれを防ぐために、平らな場所や平干しネットの上で平干します。

平干しできない場合は、上着は、袖を肩にかけて袖の伸びを防ぎ、ハンガー2本をつかって丈の伸びを防ぎましょう。

ズボンは、筒状に干し、さらにもう1本ハンガーに渡して、丈の伸びを防ぎましょう。

衣類用乾燥機や洗濯機の乾燥機能で乾燥させると傷む可能性があるので、タンブル乾燥は避けましょう。

この記事を作成・監修した
マイスター

大貫 和泉

お洗濯マイスター

大貫 和泉

おおぬき いずみ

洗濯用洗剤などの製品開発・調査に約20年携わってきました。
母親としての経験と研究活動を融合し、日々のお洗濯に役立つ情報をわかりやすくお伝えしていきます。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

Lidea会員限定キャンペーン アンケートボタンを押すだけで
LION商品が抽選で当たる!

この記事は
面白かったですか?

応募規約はこちら

今月のプレゼント

浴そうをこすらず洗える新方式のお風呂用洗剤、「ルックプラス バスタブクレンジング」を抽選で30名様にプレゼント!

ルックプラス バスタブクレンジング 本体 500ml

※香りはお選びいただけません。

  • 1記事につき1回のご回答が可能です。
  • 1か月に10口までのご応募となります。
  • 今回の回答数はマイページ上でご確認いただけます。
  • facebook
  • Twitter
  • LINE