秋の運動会!「靴下の泥汚れ」を落とすポイント

秋の運動会!「靴下の泥汚れ」を落とすポイント

運動会やスポーツでひどく汚れてしまう「靴下」。特に落ちにくい「靴下」の泥汚れをキレイにお洗濯する方法を覚えて、白くキレイな靴下を保ちましょう。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

落ちにくい「靴下の泥汚れ」を落とすには

運動会に限らず、野球やサッカーなどの試合や練習で子どものユニフォームや靴下にひどい泥汚れが…ということはよくあります。特に泥汚れは、お洗濯しても落ちにくいもの。

お洗濯が難しい泥汚れですが、基本の攻略法は「洗濯前に前処理してから洗濯機で洗う」ことです。今回は、「靴下の泥汚れを落とす」ポイントをご紹介します。

POINT

泥汚れは「早めに洗う」

1つ目の「泥汚れ落とし」のポイントは、泥がついたら「早めに洗う」ことです。泥のついた衣類には、汗や皮脂汚れと一緒についていることがあります。

これらの汚れは、時間が経つと変質して黄ばんでしまうこともあるので、泥汚れのついた衣類は、できるだけ早めに洗うように心がけましょう。

洗濯機で洗う前に「前処理」を!

2つ目の「泥汚れ落とし」のポイントは、「前処理」を行うことです。ガンコな泥汚れには、洗濯機で洗う前の前処理が大切です。

「泥汚れ」の前処理の手順

1. 泥を払って落とす

まず、ついている泥や土を払って落としましょう。

2. もみ洗いをする

次に、靴下の足裏やつま先、体操着に付いた泥などの黒ずんだ部分に液体洗剤や石けんを直接つけ、ブラシで軽くこするか、もみ洗いして落とします。

※洗剤や洗剤液が目に入ったときには、こすらずすぐに水で十分洗い流してください。飲み込んだときにはすぐに水を飲んでください。

3. すすぐ

最後に、洗剤液のついた衣類を軽くすすいでから、洗濯機に入れて洗います。

前処理に使用する洗剤は、石けん成分の配合された液体洗剤や、泥汚れ用のプレケア剤、洗濯用の洗たく石けんがおすすめです。

前処理を終えたら「洗濯機」で洗う

前処理が終わったら、ほかの衣類も足して、普段どおり「洗濯機」でお洗濯します。この時に使用する洗剤は、いつも使用している洗剤でOK。液体酸素系漂白剤も一緒に使用すると効果的です。

この記事を作成・監修した
マイスター

片木 徹也

お洗濯マイスター

片木 徹也

かたぎ てつや

洗濯用洗剤などの製品開発に約15年携わってきました。
日々のお洗濯を楽しく、快適に行っていただけるよう、技術に基づいたノウハウをわかりやすくお伝えしていきます。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

Lidea会員限定キャンペーン アンケートボタンを押すだけで
LION商品が抽選で当たる!

この記事は
面白かったですか?

応募規約はこちら

今月のプレゼント

システマハグキプラス 電動歯ブラシとハミガキのセットを30名様にプレゼント。

・[医薬部外品]システマ ハグキプラス プレミアム ハミガキ 95g
・システマハグキプラス音波アシストブラシやわらかめ(本体)

※ハミガキの香味は選べません。

  • 1記事につき1回のご回答が可能です。
  • 1か月に10口までのご応募となります。
  • 今回の回答数はマイページ上でご確認いただけます。
  • facebook
  • Twitter
  • LINE