衣類をしまう前に白いワイシャツの「黄ばみ」を予防

衣類をしまう前に白いワイシャツの「黄ばみ」を予防

キレイに洗って保管したはずのワイシャツに「黄ばみ」が!黄ばみの原因の1つは、普段のお洗濯で落としきれないごくわずかな汚れ。ワイシャツの白さを長持ちさせるポイントは、脇の下やエリ、袖など汚れやすい部分に、部分洗い剤や漂白剤で前処理することです。濃い目の洗剤液と漂白剤での「つけおき洗い」も効果的。(

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

白さを保つ「黄ばみ」対策

キレイに洗って保管したはずなのに、翌シーズン出してみたら白いワイシャツが黄ばんでいたという経験はありませんか?衣類の「黄ばみ」の原因の1つは、普段のお洗濯では落としきれないごくわずかな汚れが、繊維の微細な隙間に入り込んで蓄積することです。白さを長持ちさせる黄ばみ対策のポイントをご紹介します。

汚れた部分の「前処理」が肝心

汚れた部分の「前処理」が肝心

脇の下やエリ・袖など、皮脂や汗・黄ばみが気になる部分には、シミ用の部分洗い剤や液体酸素系漂白剤を直接塗り、「前処理」してからお洗濯しましょう。

濃い目の洗剤液と液体酸素系漂白剤で「つけおき洗い」

濃い目の洗剤液と液体酸素系漂白剤で「つけおき洗い」

洗濯機の洗濯槽や洗濯おけに、衣類がつかる程度の量の「ぬるま湯」(40℃くらい)を用意します。その中に通常使用する1回分の「酵素入り洗剤」と、適量の「液体酸素系漂白剤」を溶かします

衣類を入れ、30分~2時間くらい「つけおき洗い」します。

そのあと、つけおきした洗剤液と衣類を洗濯機に入れ、水とほかの衣類を足して、通常通り一緒に洗います。

片木 徹也

お洗濯マイスター

片木 徹也

かたぎ てつや

洗濯用洗剤などの製品開発に約15年携わってきました。
日々のお洗濯を楽しく、快適に行っていただけるよう、技術に基づいたノウハウをわかりやすくお伝えしていきます。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

Lidea会員限定キャンペーン アンケートボタンを押すだけで
LION商品が抽選で当たる!

この記事は
面白かったですか?

応募規約はこちら

今月のプレゼント

【こんな時こそ、毎日のケアが大事】歯ぐき活性化で歯周病を防ぐハミガキと、超極細毛の音波アシストブラシをセットで30名様にプレゼント!

    プレゼント詳細

  • システマハグキプラスプレミアムハミガキ エレガントフルーティミント
  • システマハグキプラス音波アシストブラシ
    ※画像はイメージです。
  • 回答は期間中、1記事につき1回のみ可能です。
  • 最大10記事への回答ができます。
  • 期間中の回答数はマイページにてご確認いただけます。
  • ご当選された方には翌月中旬頃メールにてご連絡いたします。
  • facebook
  • Twitter
  • LINE