洗剤の違いや特徴を知るための「表示」の見方

洗剤の違いや特徴を知るための「表示」の見方

洗剤のパッケージにある「表示」には、その製品に関する詳しい情報が記載されています。製品の違いや特徴が確認できる表示の見方を学びましょう。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

「表示」で洗剤の「違い」や「特徴」がわかる

洗剤の「違い」や「特徴」を知るには、どのような方法があるのでしょうか? もっとも確実なのが、パッケージの後ろや横にある「表示」を見ることです。洗濯やお掃除などに使う製品は、主に「家庭用品品質表示法」という法律によって、パッケージに表示する内容が定められています。ここでは、その表示の見方を確認していきましょう。

表示の見方

1.「品名」

「品名」はその製品が何であるかを示しています。主にどのような成分で汚れを落とすかによって、「合成洗剤」「石けん」「洗浄剤」「漂白剤」「クレンザー」などの種類が決まり、これに何に使うものかをあらわす言葉をつけて表示をします。例えば、「おふろのルック」の場合は、「浴室用合成洗剤」です。

「品名」

2.「用途」

「用途」の欄では、何に使えるかを具体的に示しています。洗濯用洗剤であればどのような繊維に使えるか、台所用洗剤であれば、食器・調理器具用なのか、あるいは野菜や果物洗いにも使えるのかなど明確に表示されています。例えば、「ルックまめピカトイレのふき取りクリーナー」の用途欄には、「便座・便器のふち、便器の外全体、床等の拭き掃除」と表示されています。また、「使えないもの」がある場合は、それも表示されています。

「用途」

3.「成分」

品名によって「成分」の書き方は異なります。合成洗剤を一例としてあげると、界面活性剤については含まれている量(重量比)と3%以上含まれているものの種類の名称を書きます。3%以上含まれている界面活性剤がない場合は、もっとも多いものの種類の名称を表示します。

界面活性剤は含有量と種類が記載されています。これ以外にも主な働きをする成分については表示されています。

「成分」

「使い方」はきちんと読んで「安全な使用」を!

そのほかにも「使い方」「使用量の目安」「使用上の注意」など、確認しておきたい表示があります。ムダなく効果的に、そして安全に使うための大切な情報です。あらかじめきちんと確認してから使用しましょう。

この記事を作成・監修した
マイスター

杉本 美穂

リビングケアマイスター

杉本 美穂

すぎもと みほ

家事関連の製品企画、マーケティングを約20年、生活者向け講習会などを約10年経験してきました。
毎日大変な料理や食事の後片付けなどを手早くラクにできるように、わかりやすくお伝えしていきます。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

Lidea会員限定キャンペーン アンケートボタンを押すだけで
豪華商品が抽選で当たる!

この記事は
面白かったですか?

応募規約はこちら

豪華賞品が抽選で当たるキャンペーン実施中!

A賞

「ほどよいミニマリスト」
香村薫さん&ライオンちゃんが
あなたのキッチンのお悩み解決!&
リード プチ圧力調理バック(1か月分)

1名

B賞

"チョイ手間"で更に美味しく
お好きなお肉で「味しみ」体験
お肉ギフト券(15万円分)&
リードクッキングペーパー

3名

C賞

ガンコ汚れ対策・
しっかりオーラルケア清潔&
健康な暮らしアイテム
スーパーNANOX&クリニカ
アドバンテージネクストステージ

100名

  • facebook
  • Twitter
  • LINE