花粉が飛散する時期の衣類への「付着量」は?

花粉が飛散する時期の衣類への「付着量」は?

衣類への花粉の付着量について、ライオンが調査。花粉が飛散する時期に屋外を1時間散策すると、セーター1着にはなんと約8万個の花粉がつくことがわかりました!さらに衣類の素材によっても付着量が異なることが判明。原因の1つは、静電気の大きさ。綿のシャツよりもウールのセーターの方が多くの花粉をつけてしまうのです。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

「花粉」の衣類への「付着量」を調査

研究員数名が屋外を散策し、花粉の付着実験を行っている様子

研究員数名が屋外を散策し、花粉の付着実験を行っている様子

ライオンの研究所では、外出時に「花粉」がどれくらい衣類につくか「付着量」を確認するため試験をしました(2004年)。

研究員数名が、花粉が飛散する時期(平均飛散量:600個/㎥)に屋外を1時間散策し、衣類に付着した花粉を集計した結果です。

「セーター」には約8万個の花粉が!

「セーター」には約8万個の花粉が!

※出典:当社調べ(第55回日本アレルギー学会秋季学術大会)

調査の結果、ウールの「セーター」では、1c㎡当たり8個程度の「花粉」が付着していました。セーター1着に換算すると、約8万個の花粉が付着していることになります。

また、花粉の季節に6畳間(面積9.9㎡、高さ2.3m)では1日約20万個※の花粉が存在するといわれているので、ウールのセーターには室内に落下した花粉の40%相当分が付着していることになります。

  • ※出典:奥田、住居内花粉数とその処置 アレルギー第52巻(2003年)

「素材」によって付着量が変わる

さらに、衣類の「素材」によっても、花粉の付着量は異なることがわかりました。綿のシャツよりもウールのセーターの方が、花粉が多く付着していたのです。

では、なぜ素材によって花粉の付着量が異なるのでしょうか?

原因の1つとして、花粉の付着に衣類の「静電気」が関与しているからです。また、衣類についた花粉が室内で落ちるのは、外よりも室内の方が、湿度が高いからです。

片木 徹也

お洗濯マイスター

片木 徹也

かたぎ てつや

洗濯用洗剤などの製品開発に約15年携わってきました。
日々のお洗濯を楽しく、快適に行っていただけるよう、技術に基づいたノウハウをわかりやすくお伝えしていきます。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

Lidea会員限定キャンペーン アンケートボタンを押すだけで
LION商品が抽選で当たる!

この記事は
面白かったですか?

応募規約はこちら

今月のプレゼント

【こんな時こそ、毎日のケアが大事】歯ぐき活性化で歯周病を防ぐハミガキと、超極細毛の音波アシストブラシをセットで30名様にプレゼント!

    プレゼント詳細

  • システマハグキプラスプレミアムハミガキ エレガントフルーティミント
  • システマハグキプラス音波アシストブラシ
    ※画像はイメージです。
  • 回答は期間中、1記事につき1回のみ可能です。
  • 最大10記事への回答ができます。
  • 期間中の回答数はマイページにてご確認いただけます。
  • ご当選された方には翌月中旬頃メールにてご連絡いたします。
  • facebook
  • Twitter
  • LINE