夜洗濯&部屋干しOK!?働くママに「時短洗濯」のススメ

夜洗濯&部屋干しOK!?働くママに「時短洗濯」のススメ

働くママのための「時短洗濯」のコツ。夜洗濯&部屋干しのニオイ対策や、アイロンの手間を省くテクニックなどをご紹介します。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

共働きの50%以上が「働くママ」

総務省の調べ※によると、最近、共働きの世帯が増えているそうです。その中でも、育児をしながら働く「ワーキングマザー(働くママ)」は52.3%と、半数を超えるという調査結果が出ています。

そこで今回は、家事に育児に大忙しのママたちを応援する「時短洗濯テクニック」をご紹介します。

  • ※総務省「就業構造基本調査(2012年)」

「朝夜逆転」の発想が時短のカギ

働くママたちにとってもっとも慌ただしいのは、朝の時間帯ではないでしょうか?家族を起こし、朝食をつくり、片付けて送り出しつつ、自分の身じたくもして…そんな朝の過密スケジュールの中でお洗濯をこなすのは本当に大変なことです。

そこでおすすめなのが「夜洗濯」。朝は無理せず、余裕のある夜に洗濯して干し、朝には取り込める状態にできたらという「朝夜逆転」の発想。これは相当な時短につながります。

夜の部屋干しに万全の「ニオイ対策」を伝授

「夜の間にお洗濯が片付くならうれしいけど、それって臭わない?」と、心配される方も多いのでは?

でも、ご安心ください。以下にご紹介するような、夜の部屋干しに万全の「ニオイ対策」があるのです。

1. 「アーチ干し」をマスターする

「アーチ干し」とは、両端に長い衣類をつるし、内側に向かって短い衣類をつるしていく干し方。こうすることで、スムーズな空気の通り道が生まれ、効率良く乾燥させることができます。

「アーチ干し」をマスターする

  • ※乾燥条件:25℃、70%RHの無風の高温高湿度室内で扇風機の風を当てながら乾燥

2. 扇風機を活用する

扇風機を活用する

空気がとおりやすい「アーチ干し」のアーチに向けて、扇風機の風を当てれば、乾燥の効率がさらにアップ。湿度や温度にも左右されますが、この合わせワザで、部屋干しのニオイの心配はほとんどなくなるはずです。

3. 大物干しは「ズラシ干し」で

「アーチ干し」で干せないバスタオルなどの大物を、竿やパイプハンガーなどで干す時は、裾をそろえないのがコツ。洗濯物は上側から乾いていくので、下側は湿った状態が続きます。

そのため、裾をそろえて干すと、湿った部分が重なって乾燥が遅くなるのです。大物を干す時は、「ズラシ干し」がオススメです。

大物干しは「ズラシ干し」で

小ワザをプラスして「アイロンがけ」も時短!

「夜洗濯+部屋干し」の時短テクニックを加速させる小ワザもご紹介しましょう。シャツなどを干す時は、振りさばき、引っ張ることでしわが伸び、乾いた時の仕上がりもグッと美しくなります。上手にやれば「アイロンがけ」の時間が大幅にカットできます。

小ワザをプラスして「アイロンがけ」も時短!

この記事を作成・監修した
マイスター

大貫 和泉

お洗濯マイスター

大貫 和泉

おおぬき いずみ

洗濯用洗剤などの製品開発・調査に約20年携わってきました。
母親としての経験と研究活動を融合し、日々のお洗濯に役立つ情報をわかりやすくお伝えしていきます。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

Lidea会員限定キャンペーン アンケートボタンを押すだけで
LION商品が抽選で当たる!

この記事は
面白かったですか?

応募規約はこちら

今月のプレゼント

トップHYGIA(ハイジア)から生まれ変わったスーパーNANOX ニオイ専用とトップNANOX スプレーをセットにして30名様にプレゼント!

  • トップ スーパーNANOX ニオイ専用 400g
  • トップNANOX 衣類・布製品の除菌・消臭スプレー 350ml
  • 1記事につき1回のご回答が可能です。
  • 1か月に10口までのご応募となります。
  • 今回の回答数はマイページ上でご確認いただけます。
  • facebook
  • Twitter
  • LINE