家族で分担してスムーズにすませる「大掃除」の方法

Meister5 face photo

LION リビングケアマイスター

杉本 美穂すぎもと みほ

お掃除
家族で分担してスムーズにすませる「大掃除」の方法

「大掃除」は家族で分担してスムーズに

普段の掃除でも大変なのに、年末の「大掃除」ともなればなおのこと。「あそこも、ここも」と計画はしても、なかなかスムーズに進まず、結局手をつけられないまま新年を迎えることに…なんていうことも多いのではないでしょうか?

そうならないためにも、大掃除は家族で協力して進めるのがベストです。家族全員でおうちをピカピカに磨きあげ、気持ちよく新年を迎えましょう。

「家族で分担」する大掃除のメニュー

分担するといっても、いろいろな形があります。流れ作業型もあれば、同時進行型もあります。また、あえて時間をずらして行う方がスムーズな場合もあります。ここでは、「家族で分担」すると効率的な大掃除メニューの一例をご紹介します。

照明器具の掃除 「分担して、流れ作業」

照明器具の掃除 「分担して、流れ作業」

照明器具のカサの上やカバーの中には、ホコリが積もっていたり、虫が入っていたり。横着をして手を伸ばしてふくと、危ないだけでなくキレイになりません。天井から外して、みんなで一緒にとりかかりましょう。

パパ → カサを天井から外します。ついでに天井も掃除します。

ママ → やわらかい布に住まいの洗剤をつけて、カサやカバーをふき掃除。住まいの洗剤の代わりにアルコール除菌スプレーも使えます。

子ども → 水ぶきで仕上げます。

カサの材質に注意

カサの塗装などがはがれないか、目立たないところで試してからお使いください。布製や紙製、木製のカサには洗剤は使えないので、ホコリを払うだけにしましょう。

窓ガラスの掃除 「分担して、両面から同時進行」

窓ガラスの掃除 「分担して、両面から同時進行」

徹底的にピカピカに磨きたい窓ガラスの掃除は、ひとりだとふき残りのあとをなくすのに、窓の外と内を行ったり来たりと仕上げが大変。窓ガラスの外側と内側をふたりで分担して、ふき残りのあとがないかチェックしながら両面を一緒に仕上げると効率的です。

パパ → 外側を担当。窓ガラス用の洗剤をつけて、毛羽のつかないやわらかい布でふきます。

子ども → 内側を担当。内側の高いところは、ママが手伝ってあげましょう。

浴室のピカピカ磨き掃除 「分担して、各々があいた時間に」

浴室のピカピカ磨き掃除 「分担して、各々が空いた時間に」

浴室掃除は、手を伸ばしたり、かがんだりと、動作が大きくひとりでは大変です。普段の掃除では目や手の行き届かないところを、パパや子どもの目線を活かして掃除してもらいましょう。

パパ → 高いところを担当。天井や壁、鏡などを浴室用洗剤とスポンジで掃除。鏡にくもりがあったら、浴室用クレンザーで磨きましょう。

子ども → 水栓金具のくもりや、洗面器など小物類についた石けんカスの磨き洗いを担当。浴室用クレンザーを使って、やわらかい布かスポンジでこすります。効果が目に見えるので、達成感もあります。

鏡を傷つけないように注意

クレンザーが使えない鏡があるので、鏡の説明書などをご確認ください。

「ひとりで並行作業」する大掃除メニュー

“ひとりで並行作業”のおすすめメニュー

浴室カビ取り&トイレ掃除の同時進行

分担ではないけどひとり2役で、2つのお掃除を同時進行でこなすのも、時間短縮する方法の1つです。1つひとつ順番に行ったら時間がかかるような作業を、「ひとりで並行作業」することで効率的に片付けます。

ひとりで並行作業のお掃除のコツ

1.お掃除を上手く組み合わせて効率良く

時間を有効に使うため、「つけおきなど時間のかかるお掃除」を組み合わせましょう。

2.近い場所、似たような動作のお掃除を組み合わせる

並行して手をつけたもう片方のお掃除を忘れないために、場所が近く、似たような動作を含むお掃除を組み合わせます。

3.タイマーを使って時間管理

キッチンタイマーや目覚まし時計などを使って、もう1つの作業の進行を知らせる合図をつくっておき、忘れないようにしましょう。

タイマーを使って時間管理

LION おすすめの商品

この記事を書いたマイスター

みんなのコメント(0

この記事へのコメントを投稿してください。


関連するくらしのアイデア


みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です

キーワードから探す


あわせて読みたい記事

LION おすすめの情報

人気のアイデア 週間ランキング


Lideaからのお知らせ

ひとりでできるよキャンペーン

注目の記事

家事フェス
災害時の清潔・健康ケア