• トップページ
  • メイク&会話のプロに聞く!オンライン会議で好印象を与える極意5ステップ
メイク&会話のプロに聞く!オンライン会議で好印象を与える極意5ステップ

メイク&会話のプロに聞く!オンライン会議で好印象を与える極意5ステップ

オンライン会議(テレカン)や面談など、ビジネスシーンにおいても画面越しのコミュニケーションが当たり前になりつつあります。しかし、「ちゃんとメイクしてるのに、画面に映る自分の表情がいつもイマイチ」「意思疎通ができたのか不安なまま会議が終わってしまう」など、オンラインコミュニケーションへの苦手意識が拭えない人も少なくないようです。そこで今回は、ヘア&メイクアーティストの長井かおりさんと、元アナウンサーの野村絵理奈さんに「好印象を与えるオンラインメイク&コミュニケーション術」を教えてもらいました。

Share

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

初めまして、ライターの文(ふみ)です。リモートワークが推奨されるようになってしばらく経ちますが、みなさんは「オンライン会議」には慣れましたか?

私も連日オンライン会議&取材の日々。オンラインって遠く離れた人と簡単にコミュニケーションが取れて、移動の手間もかからなくて便利だなと思う反面、ある悩みが生まれました。

それは、パソコンに映る自分の表情や話し方に、いまだに自信がもてないのです…。

オンライン会議中の様子

「私ってこんなに具合悪そうな顔してたっけ?」と、会議中なのにテンションが急降下しました

ちゃんとメイクしたつもりなのに、なぜか画面上では疲れた印象に映りやすいんですよね(これって…私だけ?)。私は一度気になり始めると、なかなかそのことが頭から離れないタイプ。だんだん相手とうまく会話が噛み合っていないような気もしてきて、いつからかオンライン会議に苦手意識が芽生えてしまいました。

願わくば、オンライン上でも好印象な自分でいたいし、限られた時間の中で相手と円滑にコミュニケーションが取れるようになりたい!

ということで今回は、様々な美容メディアで活躍されている人気ヘア&メイクアーティストの長井かおりさん。そして、1万人以上にコミュニケーション研修を行ってきた、元アナウンサーの野村絵理奈さんに相談してみることに。

オンラインコミュニケーションで好印象を与えるために、メイク&会話のプロであるお二人が実践している極意()を伺って、普段のオンライン会議にも活かそうと思ったわけなのです!

メイクのプロが教える、カメラ映りを良くするコツとは?

人の第一印象はたった数秒で決まるといわれており、外見はその点とても重要な要素です。ましてやオンラインになってしまうと、服装や立ち振る舞いなどが見えにくい分、今まで以上に顔周りの印象が大切になってしまう…気がするのです。

そこで今回は、私が悩んでいることも含め、オンラインで好印象を与えるテクニックを、長井かおりさんに教えていただきました。

長井さんのプロフィール写真

長井 かおり(ながい かおり)
ヘア&メイクアップアーティスト
年齢や職業に関係なく「誰にでも似合う自分史上一番キレイになれるメイク」を提案。わかりやすい理論的なテクニックが評判となり、女優やモデルのヘアメイクを始め、多くの美容雑誌や女性ファッション誌にて活躍中。化粧品会社の美容部員からヘアメイクへ転身した経歴を持つ。著書に『世界一わかりやすいメイクの教科書』(講談社)や、『時間がなくても大丈夫! 10分で“いい感じ”の自分になる』(扶桑社)など。

STEP①:印象アップの基本は、ライティングから!

文さん

長井さん、今日はよろしくお願いします!

よろしくお願いします!

長井さん
文さん

さっそくですが、私はオンライン会議だと疲れた顔に見えやすいんです。肉眼で見るとそんな風に感じたことがないのですが、なぜでしょうか?

パソコンのカメラは顔に影が出やすいので、肌が暗くどんよりとした印象に映りやすいんです。

長井さん
文さん

え〜!そうなんですね。

さらにオンライン会議のカメラでは、バストアップ(胸から頭まで)くらいまでしか映らないため、顔の印象がそのまま、その人のイメージになってしまう可能性が大なんです。

長井さん
お疲れ顔の文さん

どんよりお疲れ顔”のイメージが定着するのはできれば避けたい…!

文さんの場合は、まずライティングから見直した方が良さそうですね。どんなにがんばってメイクをしても、暗い場所にいるとキレイに映りませんから!

長井さん
文さん

でも部屋の電気の明るさはこれが最大なんですが、どうすればいいでしょうか…?

それでも少し暗い印象なので、窓際に移動してみましょう!昼間は自然光を味方にすると、グッと画面映りが良くなります。窓の方を見て、顔の正面に光が当たるように座ってみてください。

長井さん
自然光を活用し、表情が明るくなった文さん

顔全体に光が当たると、画面に映る肌に透明感が出ました!

文さん

わ〜!顔色がパッと明るくなりました。

もし、窓際にデスクを置けない場合などは、机や膝の上に白いハンカチを敷くだけでレフ板代わりになるので肌が明るく映ります!

長井さん
文さん

いいですね!オフィスやリモートワーク先でも使えそうなテクニックです。

POINT

ライティングのポイント

・昼間は自然光を味方にして、顔色をパッと明るく見せよう

・白のハンカチをレフ板代わりに使ってみるのも◎

STEP②:10分で完成!オンライン時はズボラメイクくらいがベスト

文さん

ライティングのおかげで顔色は少し明るくなったけど、なんだかまだ元気がない印象に見えます…。

パソコンのカメラは色が鮮明に映らないので、くすんだ印象に見えますからね。肉眼で見てさりげないメイクは、モニター越しでは何も塗っていないような印象に映りやすいんです。

長井さん
文さん

だから、メイクをしてもすっぴんのように見えることもあるんですね。

キレイにセパレートしたまつげやアイシャドウの繊細なグラデーションなどは、画面越しではほぼ伝わりません。なので、数十分かけて仕上げる繊細なメイクより、大胆にパパッと色をのせたズボラメイクの方がオンラインでは映えるんですよ。

長井さん
文さん

てっきり、オンラインメイクの方がしっかりと準備が必要だと思っていたので、俄然やる気が出てきました(笑)メイクが苦手な人にもうれしい情報ですね!

オンラインメイクは、アイテムも工程も少なくて大丈夫!10分あれば、オンライン映えする顔はつくれます。ポイントは、「明るい肌づくり」と「大胆な血色感」です。

長井さん

ベースメイクは、いつもよりワントーン明るく

ベースメイクは、いつもより肌をワントーン明るく仕上げてみましょう。

長井さん
文さん

ワントーン明るくするというのは、肌を白く見せるという意味ですか?

そうですね。肌のくすみを飛ばしてトーンアップする下地や、少し明るいくらいのファンデーションを塗るといった工夫で白い肌を演出できます。

長井さん
文さん

下地って重ねて塗ってもいいものなんですね。知らなかったです!

画面越しだと厚塗り感や塗りムラはわからないので、気にせずパパッと塗っちゃってください。

長井さん
文さん

おお〜!ライティングと下地の重ね塗りのW効果で、一気に明るい印象になりました。

ポイントメイクは、暖色系のチークやリップでハツラツとした印象に!

文さん

ポイントメイクのコツも教えてください!実は以前、画面映りが良くなるように赤リップに挑戦してみたんですが、唇だけ浮いているように見えてしまったんですよね…。

おそらく肌と唇の色のコントラストがハッキリし過ぎていたからだと思います。チークを2〜3回重ねて塗ってしっかり発色させると、バランス良く仕上がりますよ。また、オンライン会議は正面を向いていることが多いので、頬骨より内側にいれることで、イキイキとした表情を演出できます。

長井さん
文さん

ちなみに、チークやリップにはどんなカラーがオススメですか?

チークもリップも「暖色系のカラー」ですね。青みが少ないピンクやオレンジ、黄みを感じるレッドなどは、ハツラツとした印象に見えます。また、チークをアイシャドウとして使うのもオススメですよ。

長井さん
文さん

そんな使い方もできるんですね!でも、暖色系のカラーをまぶたにのせると、腫れぼったく見えてしまいそうで心配です…。

腫れぼったく見えるのが心配な人は、ブラウンのアイシャドウを先に忍ばせておくと、立体感のある目元に仕上がります。

長井さん
文さん

なるほど。チークをアイシャドウとして使う場合はどんな風に塗ればいいですか?

チークブラシでササッとまぶたをなぞるようにのせてみてください。眉下あたりまでのせないと血色感が出ないので、チークブラシは一度に広範囲に塗れて便利ですよ。

長井さん
文さん

めちゃくちゃ簡単ですね。ズボラメイク、最高です(笑)

マスカラは不要!?アイラインを5mm程度プラス

文さん

オンライン会議だと目が小さく見えるのも悩みなんです。マスカラはどう塗るといいですか?

マスカラは塗らなくて大丈夫です!

長井さん
文さん

え〜!目元が寂しくならないでしょうか?

オンラインメイクなら、ビューラーでしっかり根元からしっかりまつげをあげるだけで十分ですよ。その代わり、眉毛とアイラインを長めに描いてみてください。アイラインはいつもより5mm以上プラスする感覚です。

長井さん
文さん

結構、長く描きますね。

アイラインは笑うとまぶたに隠れて見えなくなってしまうんです。だから、笑った時に目尻にラインが残るぐらいがちょうど良いんですよ。目力がUPするだけではなく、小顔効果も期待できますよ。

長井さん
文さん

本当だ!いつものメイクと比べて目がパッチリして見えます。

目元の存在感が増しましたね!

長井さん
文さん

ちなみに、オンライン用に濃くしたメイクをナチュラルにお直しする方法ってありますか?自宅でのオンライン会議後に外出することもありそうですよね。

ドラッグストアなどで購入できる使い捨てのメイクスポンジで、濃くメイクした箇所を優しくぼかすように撫でてみてください。スポンジにファンデーションを含ませると、よりナチュラルにメイク直しができますよ。

長井さん
POINT

メイクのポイント

・下地やパウダーの重ね塗りで、ベースメイクをワントーン明るく仕上げよう

・血色感は目元、頬、唇にバランス良く大胆にプラスしよう

・マスカラ不要! 眉とアイラインを長めに描いて目力をUPさせよう

目の充血は見た目年齢も上げている?!

STEP③:クセ毛風のダウンスタイル・ハーフアップで華やかに

文さん

メイク同様、オンラインで好印象に見えるヘアスタイルのコツもお聞きしたいです!

アップスタイルよりも、ダウンヘアの方が華やかに見えると思います。顔まわりに髪のボリュームがあることで、小顔効果も期待できますよ。

長井さん
文さん

お〜いいですね!でも、ダウンヘアはブローしたりコテで巻いたりしないとキマらない印象があるのですが…。

寝グセを活かしたヘアセットをすれば簡単ですよ。寝グセがついた毛先にワックスをくしゃっともみ込んでクセ毛風にスタイリングしてみてください。何となくオシャレっぽくて“きちんと見え”もします。実は、今日の私のヘアスタイルもそうなんですよ(笑)。

長井さん
長井さんの写真

寝グセを活かしたヘアとは思えない完成度!

文さん

とてもそんな風には見えません!素敵です。ボリュームが爆発したトップの寝グセなんかも活かすことはできますか?

そのボリュームを活かしてハーフアップにまとめてみてください。空気を含んでいるので、何となく結ぶだけで華やかな印象に仕上がります。

長井さん
文さん

なるほど。ひとつにまとめることで、寝グセをごまかせるんですね(笑)

寝癖は“華やかなボリューム”だと思って、直さずに活かしましょう。ブローする必要もないので、1〜2分でセットが完了します。

長井さん
POINT

ヘアスタイルのポイント

・ダウンヘアで華やかな印象と小顔効果も期待しよう

・毛先の寝グセはワックスでもみ込んでくせ毛風にセットしよう

・トップの寝グセはボリュームを活かして、華やかなハーフアップやアップスタイルに活かそう

文さん

「オンラインのヘアメイクは、繊細さより大胆さ」というポイントを教えてもらって、とっても勉強になりました。

極端な話、オンラインメイクって似合う色を追求したり、パーソナルカラーを気にしなくていいんです。

長井さん
文さん

そうなんですね。私もちょっと派手かもと使いこなせずにいたコスメを引っ張り出して、色々実験してみたくなりました!本日はありがとうございました!

メイクの次は、コミュニケーション術について教えてもらうことに!

メイクのコツを教えてもらい、お疲れ顔のイメージからの脱却には見事成功(できたハズ)!

ですが、まだ解決できていない問題が、話し方・聞き方などのコミュニケーション方法について(対面と違って、オンラインだととにかく意思疎通が取りづらい!!

そこで、コミュニケーションのプロである、株式会社KEE’S代表の野村絵理奈さんにお話をお伺いすることにしました。

野村さんプロフィール写真

野村 絵理奈(のむら えりな)
株式会社KEE’S代表取締役社長。NHKキャスター、気象予報士を経て2005年に起業。アナウンサーとして培った経験を元に、大手企業の企業研修を始め、これまで述べ1万人以上に話し方やコミュニケーション術のノウハウを伝授。好意をもたれる立ち振る舞いや魅力的な表情のつくり方など、豊かな表現方法もレクチャーしている。著書に『オンラインで伝える力』(ポプラ社)『世界一の美女になる話し方』(ポプラ社)など。

STEP④:話す時はド・レ・ミ・「ファ」の音を意識する

文さん

よろしくお願いします! 本日は、話し手側と聞き手側になった場合、それぞれのポイントを教えていただければと思っています。

はい。よろしくお願いします!

野村さん
文さん

まずは、相手に好印象を持ってもらう話し方について教えてください。

話す時のポイントは、声のトーンです。人間は、「楽しい」「うれしい」などポジティブな気持ちの時に声が高くなるという性質があります。それを上手く利用して、意識的に少し高めの声で話すと、相手に好印象を与えられます。

野村さん
文さん

少し高めというのはどのくらいですか?

ドレミファソの「ファ」の音を意識してみてください。

野村さん
文さん

わかりやすいです!ちなみに、この話は集中して聞いてほしいという場合も、少し高めの声で話した方が良いのでしょうか?

ずっと高い声だと聞き手が飽きてしまうので、抑揚をつけてみてください。出だしは高く明るい声で、真面目な話をする際は声のトーンを落としてみる。さらに、強調したいワードは高いトーンでといった具合に、メリハリをつけると聞き手を惹きつける話し方ができます。

野村さん
文さん

なるほど。そこまで意識したことなかったです!

それに、第一印象をよく見せるため「姿勢」も大切です。人は一生懸命話していると前傾姿勢になりやすいのですが、画面にだんだん近づいてくるように見えると単純に怖いですよね(笑)

野村さん
文さん

そうですね(笑)

できるだけ、モニター枠からこぶし1個分を開けた位置のバストアップを保持しましょう。

野村さん
モニター枠からこぶし1個分を開けた様子

こぶし1個分のスペースを意識しよう!

POINT

話し手側になった時のポイント

・声のトーンはやや高めの「ファ」の音で明るい印象に、時には抑揚をつけると◎

・姿勢はモニター枠から、こぶしひとつを開けたバストアップを保持しよう

上手く声が出ない時は、声のウォーミングアップを!

文さん

朝一に行うオンライン会議だと、起き抜けで上手く声が出にくい時があります。何か対処法はありますか?

「声のウォーミングアップ」がオススメです。アナウンサー時代から習慣にしているのですが、唇を少し前に出して、「んー」と声を出しながら15秒息を吐きます。これを2〜3セット繰り返しています。

野村さん
文さん

意外と簡単ですね!

ウォーミングアップすると、爽やかな挨拶から会議を始められると思いますよ。

野村さん
文さん

さっそく明日から取り入れてみます!

STEP⑤:40%の笑顔で聞いて、リアクションはいつもの3倍に!

文さん

複数人出席するオンライン会議だと、話し手より「聞き手」になる時間の方が意外と長かったりします。聞き手になる際に意識したいポイントを教えてください。

聞き手として気をつけたいのは「表情」です。画面越しでは対面よりもリアクションが伝わりづらいので、多少オーバーに表現をしないとボーッと話を聞いているような印象に見えてしまいます。

野村さん
文さん

そうなんですね。

相手の話を聞いている時は、口角をしっかり上げた“40%の笑顔”を意識しましょう。軽く微笑む程度の“20%の笑顔”だと、画面越しでは無表情にも見えることもあります。ぜひ一度、モニターで自分の笑顔をチェックしてみてください。

野村さん
文さん

40%の笑顔は、このくらいでしょうか?

少し笑ってみる文さん

これでも少し微笑んだつもりでいる…

まだ無表情な印象なので、もう少し口角を上げた方が良いですね。

野村さん
文さん

……、これくらいでしょうか…?

もう少し笑ってみる文さん

笑っていることを明確に伝えたい場合はしっかり歯を見せても◎

そうですね。だいぶ印象が朗らかになりましたよ!また、笑顔だけではなく、悩んだり困ったりした表情もオンラインではオーバーに伝えていただいて大丈夫です。

野村さん
文さん

大切なのは、相手にとって自分の感情を汲み取りやすくすることなんですね。

はい。また「相槌」もいつもよりゆっくり深くうなずくことで、きちんと話を聞いている印象を与えられます。また、会話やリアクション時の「テンション」も高くすることで、さらに好印象に映りますよ。だいたい対面時の3倍くらいのテンションを意識すると、ちょうど良いと思います。

野村さん
文さん

え〜そんなにできるかな(笑)3倍っていう塩梅も難しい…。

独り言で「これ、おいしいな〜」と呟くのが通常のテンション。そして、友達と二人でいる時に「これ、おいしいよね!」と会話をするのが2倍、複数人で会話する際に「これ、おいしいですよね〜!」と、声を張って喋るのが3倍のテンションです。

野村さん
文さん

なるほど!テンションは自分の感情やコンディションに左右されやすいイメージがありますが、意識的に高くしてみると何だか気持ちも明るくなった気がします。今ならオンライン会議を楽しめそうです!(笑)

POINT

聞き手側になった時のポイント

・表情はオーバー気味に、40%の笑顔を意識しよう

・相槌はゆっくり深くうなずこう

・テンションは3倍高めを意識しよう

爽やかな笑顔には、白い歯も大切!?

文さん

今日、野村さんとお話をしていて、話す時だけでなく聞く時の大切さも、すごく実感できました。朗らかな笑顔で聞いてもらえると、話しているこちら側も気持ちいいと言うか…

朗らかな笑顔で対応してくれた野村さん

笑顔がすっごく爽やか!朗らかな表情で聞いてもらえると、いろいろと話したくなりますよね

文さん

ちなみに「声のウォーミングアップ」以外に、習慣にしていることはありますか?爽やかな印象を与えるための秘訣みたいな…

秘訣という程のことではないのですが…、会議前などに「歯みがき」を必ずしています。白くツルッとした歯は光を反射しやすく感じ、清潔感のある印象を与えるので、ホワイトニングタイプのハミガキ剤を愛用していますね。

野村さん
文さん

清潔感を与えるのに、歯の白さはやっぱり大切なんですね。

それに会議前に歯磨きをすると、気持ちのリフレッシュにもなるので、こちらもアナウンサー時代から習慣にしています!

野村さん
文さん

なるほど!「声のウォーミングアップ」と共に参考にさせていただきます!本日はありがとうございました。


002965_21i2.png

自然と笑顔に。ちょっとしたテクニックが自信につながる!

後日行われたオンライン会議で、さっそくお2人に教えていただいたテクニックを実践してみました!

まずは、会議が始まる前にオンライン仕様のメイクにチェンジ&発声練習も実践!パソコンの画面にはいつもより“盛れている”自分が映っていて、とても気分良く会議をスタートすることができました(笑)

気分良く会議をスタートしている文さん

会議中に「今日のアイシャドウ、かわいいですね」と、取引先の女性に褒めていただき、思わずニンマリ。「実はこれチークなんです」と、得意げに語ってしまいました。

また、この日の会議では自分が話し手になる時間が長かったのですが、「ファ」の音を意識しつつ抑揚をつけて話すことで、以前より相手の反応が良くなったように感じました。話がきちんと伝わっているのか不安になることなく、自信を持って発言できたように思います。

ほんの少しの工夫で、オンライン会議に感じていた不安や憂鬱な気持ちを解消できたので、ぜひ皆さんもできることから取り入れてみてはいかがでしょうか。

編集:ノオト

・当記事に掲載の情報は、執筆者の個人的見解で、ライオン株式会社の見解を示すものではありません。

この記事を書いた人

文 希紀

文 希紀

ヴィーガンアパレルブランドのクリエイティブディレクターとして働きながら、フリーライターとしてライフスタイルや美容について執筆しています。最近は、石鹸落ちコスメと落語にハマり中。

Share

  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • トップページ
  • メイク&会話のプロに聞く!オンライン会議で好印象を与える極意5ステップ

SOCIAL MEDIA Lideaでは各種SNSでも
最新情報をお届けしております

MAIL MAGAZINE Lideaの記事更新情報や、お得なキャンペーン情報を
いち早くメールマガジンでお届けします!

規約に同意する

reCAPTCHA

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

LINEに保存