マジか~!こんな使い方があったんや!もうカレーを作った後の洗い物は怖くない!

マジか~!こんな使い方があったんや!もうカレーを作った後の洗い物は怖くない!

簡単に作れるし、家族みんなが大好きなカレーライス。でも食べたあとの鍋にこびりついた汚れを落とすのは大変ですよね。食器用洗剤Magica酵素+は、つけおき30分の「ほったらかし洗い」で、あなたの代わりに汚れを分解!こびりつき汚れもするんと簡単に落とせます。簡単で効率的な「ほったらかし洗い」のコツを横山了一さんの漫画でお届けします!

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

今日のカレーはパパがつくる!

マンガの登場人物

パパ…仕事場は家、なので必然的に育児に参加させられる。なぜか息子に理不尽な態度をとられる事が多い。子供好きでよく遊んでくれるパパ。

ママ…仕事しながら家事育児をこなす。一人では到底回らないが、夫の協力により助けられている。子供は可愛いが、よく怒る。

息子ゆうた君…小学校四年年生。ママを溺愛し、パパをライバル視する。その理不尽な態度から、横山家の主役は実は彼なのではという声も。

娘あいりちゃん・・・小学校一年生。理不尽な兄に比べて、影が薄い。口達者で要領がいい。

つけおいて、ほったらかすだけ!

カレーの汚れ、油汚れだと思っていますか?もちろんベトベトの油も含まれていますが、じゃがいもや肉などからくる、でんぷん・タンパク質なども複雑に絡み合っていて、とてもやっかいなんです。だから、食器用洗剤も油汚れだけではなく、でんぷん・タンパク質汚れにも強いものがおすすめ。
Magica酵素+は、ナノ洗浄で油汚れを、新配合の酵素がでんぷん・タンパク質をぐんぐん分解できる優れものです。

ほったらかして、汚れが分解できたら、後は軽い力で汚れをするんっと落せます。 こびりつき汚れが簡単に落とせると、食器洗いに向かう気持ちもラクになりますよね。
「Magica酵素+を使った『ほったらかし洗い』」は家事も気持ちもラクになります。ぜひ取り入れてみてください。

横山了一さんプロフィール

マンガを描いた人:横山了一

漫画家。北海道釧路市出身。2002年ヤングマガジンにて「熱血番長鬼瓦椿」でデビュー。主な作品に「戦国コミケ」、「きょうの横山家」「息子の俺への態度が基本的にヒドイので漫画にしてみました」、「北のダンナと西のヨメ」など。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

Lidea会員限定キャンペーン アンケートボタンを押すだけで
LION商品が抽選で当たる!

この記事は
面白かったですか?

応募規約はこちら

今月のプレゼント

hadakara(ハダカラ)泡で出てくるボディソープ本体
<フローラルブーケの香り>または<クリーミーソープの香り>を、30名様にプレゼント!
(香りの種類は選べません)

・hadakaraボディソープ 泡で出てくるタイプ
 フローラルブーケの香り 本体550ml
・hadakaraボディソープ 泡で出てくるタイプ
 クリーミーソープの香り 本体550ml

  • 1記事につき1回のご回答が可能です。
  • 1か月に10口までのご応募となります。
  • 今回の回答数はマイページ上でご確認いただけます。
  • 当選された方には翌月中旬頃メールにてご連絡いたします。
  • トップページ
  • マジか~!こんな使い方があったんや!もうカレーを作った後の洗い物は怖くない!
  • facebook
  • Twitter
  • LINE