春物ストールの手洗い方法

春物ストールの手洗い方法

首元に巻くことの多い「ストール」は、汗や皮脂の汚れがつきやすいもの。デリケート素材のストールを上手に洗う方法や干し方などをご紹介します。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

「素材」に注意して洗う

ストールは長くてからみやすい上、目の粗いものやデリケートな「素材」が多いので、型くずれや毛羽立ちなどに注意して洗いましょう。特に、レーヨン素材は摩擦で傷みやすいため、もみ洗いは避けましょう。今回は、なにかと洗濯がむずかしい「ストールの手洗い方法」についてご紹介します。

「洗濯表示」を確認

裏面についている洗濯表示をチェックして、家庭で洗えるかどうかを確認します。
※洗濯表示は2016年12月1日に改定されました。

新・洗濯表示に「洗濯おけ」や「手洗い」の記号がついている場合は、家庭で洗えます。従来の絵表示に「洗濯機」マークや「手洗い」マークがついている場合は、家庭で洗えます。

新・洗濯表示や従来の絵表示に「洗濯おけに×」がついている場合は、家庭で洗えません。

洗濯表示に関する詳しい情報は、こちらをご覧ください。
難しくない!新しい洗濯表示(洗濯マーク)を覚えて上手にお洗濯

汚れが気になる部分には「前処理」

汚れが気になる部分には「前処理」

ファンデーションなどの気になる汚れには、「前処理」をします。中性の「おしゃれ着用洗剤(アクロン)」の原液を汚れの部分に直接つけて、キャップの角などで軽くたたき、洗剤を汚れになじませておきましょう。

「アコーディオン洗い」でやさしく洗う

「アコーディオン洗い」でやさしく洗う

デリケートな素材を洗う時は、もみ洗いではなく、「アコーディオン洗い」でやさしく洗いましょう。ストールを洗剤液に入れ、両手の中で「寄せる、広げる」の動作を40回くらい繰り返して洗います。以下のことにも気を付けましょう。

1. もみ洗いはNG

もみ洗いはデリケートな素材を傷めるのでやめましょう。

2. 濃色系のものは単独洗い

色落ちしそうな濃色系のものは単独で洗いましょう。

3. フリンジのあるものはからまないように

フリンジのあるものはからまないように内側に入れて洗いましょう。

脱水は「タオルドライ」で!

脱水する時は、脱水機ではなく、「タオルドライ」します。ストールをタオルの上にしわが寄らないように広げ、間にはさんでやさしく脱水します。

強く引っ張らずに形を整えて「陰干し」

タオルドライ後は、やさしく形を整えて、ハンガーを2本使用してM字になるように「陰干し」します。日光による変色を避けるため、必ず日陰に干しましょう。ニット素材は伸びて型くずれしやすいので、「平干し」がおすすめです。

この記事を作成・監修した
マイスター

大貫 和泉

お洗濯マイスター

大貫 和泉

おおぬき いずみ

洗濯用洗剤などの製品開発・調査に約20年携わってきました。
母親としての経験と研究活動を融合し、日々のお洗濯に役立つ情報をわかりやすくお伝えしていきます。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

Lidea会員限定キャンペーン アンケートボタンを押すだけで
LION商品が抽選で当たる!

この記事は
面白かったですか?

応募規約はこちら

今月のプレゼント

浴そうをこすらず洗える新方式のお風呂用洗剤、「ルックプラス バスタブクレンジング」を抽選で30名様にプレゼント!

ルックプラス バスタブクレンジング 本体 500ml

※香りはお選びいただけません。

  • 1記事につき1回のご回答が可能です。
  • 1か月に10口までのご応募となります。
  • 今回の回答数はマイページ上でご確認いただけます。
  • facebook
  • Twitter
  • LINE