「アクロン」の検索結果

全109件

  • ワイシャツのお洗濯 ~「洗濯表示の見方」「エリ・そで口の汚れ」「洗濯じわ対策」「アイロンがけのポイント」~ | Lidea(リディア) by LION

    ラクラクできるワイシャツのお洗濯方法を紹介します。エリや袖口の汚れには「部分洗い剤」を塗布、「洗濯ネット」に入れ、洗濯表示に従って洗剤と洗い方を選びます。しわ予防には、脱水時間はなるべく短くし、すぐに取り出して形を整えてから干して。アイロンは、人目につく「エリ」「ポケット」「袖口」を中心にかけるといいですよ。Lidea(リディア)は、ライオンの製品やそこに詰まった技術、生活への考え方を通して、くら...

  • 洗濯表示(洗濯マーク)の意味は?新しい洗濯マークをきちんと覚えてお洗濯 | Lidea(リディア) by LION

    「洗濯表示」は洋服の内側についている洗濯マーク。一見難しく見えますが、実は覚え方はシンプル。基本的な5つの記号を覚えれば、洗濯機で洗えるか、クリーニングに出すべきか、漂白剤、乾燥機、アイロンが使えるかなど、お洗濯に必要な情報がわかります。衣類をキレイに長持ちさせるために、しっかり活用しましょう!Lidea(リディア)は、ライオンの製品やそこに詰まった技術、生活への考え方を通して、くらしへの好奇心や...

  • 失敗しないためのお洗濯!まずは「絵表示」の確認から | Lidea(リディア) by LION

    洗濯して衣類が縮んだり、色が変わってしまった経験はありませんか?見た目や経験で判断せず、必ず「取り扱い絵表示」をチェックするのがお洗濯に失敗しないコツ。桶や洗濯機のマークがあれば水洗い可能。適した水温、洗剤、絞り方、干し方などもわかります。見方を教えてくれる無料アプリ「これ洗える?」も便利ですよ。Lidea(リディア)は、ライオンの製品やそこに詰まった技術、生活への考え方を通して、くらしへの好奇心...

  • どうして洗濯表示が変わったの?知っておきたい5つの基本記号 | Lidea(リディア) by LION

    日本と海外とで異なっていた表示を統一するため、「洗濯表示」は国際規格(ISO)に合わせたものになりました。家庭洗濯の可否は「洗濯おけ」、漂白剤の使用の可否は「三角」、乾燥のしかたは「四角」、アイロンのかけ方は「アイロン」、クリーニングの可否は「円」で示され、これらに水流の弱さを表す「-」や温度の高さを表す「・」を組み合わせて表現されています。Lidea(リディア)は、ライオンの製品やそこに詰まった...

  • 15分でできる!「トレンチコート」のエリ・袖汚れのプチクリーニング | Lidea(リディア) by LION

    椅子にかけているときや、つり革に掴まっているときなどに気になる、トレンチコートのエリや袖の汚れ。水で薄めたおしゃれ着用洗剤を使い、汚れをタオルにうつす簡単な手順で、たった15分でプチクリーニングができます。ビジネスシーンで好感度の高いトレンチコートをきれいに着こなして、女子力UPを目指しましょう。Lidea(リディア)は、ライオンの製品やそこに詰まった技術、生活への考え方を通して、くらしへの好奇心...

  • ドライクリーニングのこと、知ってる?どんなものがOK? | Lidea(リディア) by LION

    ドライクリーニングは有機溶剤を使用して洗うので、水洗いでは型くずれしやすい衣類に対して型崩れしにくい、水に弱い染料の色落ちが少ないなどのメリットがあります。洗濯機の「ドライコース」とドライクリーニングは別物。洋服のタグに「家庭洗濯ができない表示」がついていたら自宅では洗えないのでご注意を。Lidea(リディア)は、ライオンの製品やそこに詰まった技術、生活への考え方を通して、くらしへの好奇心や、毎日...

  • 衣類の虫食いを防ぐ!衣替えの時に知っておきたいお手入れのコツ | Lidea(リディア) by LION

    虫食い被害を最小限に防ぐには、衣替え前に「しまい洗い」が大切。おしゃれ着の場合は、脇の下やエリ・そでの汚れには「おしゃれ着用洗剤」の原液を、黄ばみや食べこぼしには「液体酸素系漂白剤」を直接塗ってから洗濯すると効果的。衣類は立てて収納し、防虫剤を一番上に乗せると、ケース全体に成分がいきわたりますよ。Lidea(リディア)は、ライオンの製品やそこに詰まった技術、生活への考え方を通して、くらしへの好奇心...

  • 「ベビーシート」の洗い方 | Lidea(リディア) by LION

    ベビーカーやベビーチェアで使っている「ベビーシート」、汚れが目立っていませんか?取り外しのできる部分は、洗濯表示を見て水洗いができるようであれば、衣料用洗剤で洗ってOKです。食べこぼしのシミは、前処理をするとよく落ちますよ。洗濯ネットに入れ、洗濯機の「手洗いコース」や「ドライコース」で洗いましょう。Lidea(リディア)は、ライオンの製品やそこに詰まった技術、生活への考え方を通して、くらしへの好奇...

  • 意外と知らない!洗濯ネットの種類はアイテム別に変えた方がよいの? | Lidea(リディア) by LION

    洗濯ネットには、洗濯によるダメージや型くずれを防止する効果があります。重要なのは、「衣類のサイズに合った洗濯ネット」を使うこと。スラックス、セーター、制服には「大」、ワイシャツやブラウス、インナーには「中」など、アイテムに合わせてサイズを選びましょう。濃色の衣類は、糸くずなどを防げる目の細かいネットがベター。Lidea(リディア)は、ライオンの製品やそこに詰まった技術、生活への考え方を通して、くら...

  • 染み抜きは「叩き出す」が成功のコツ!手順とコツがまるわかり | Lidea(リディア) by LION

    衣類にシミがついてしまったときは、シミの成分が「水溶性」なら水で薄めたおしゃれ着用洗剤で、「油溶性」の場合は消毒用アルコールやベンジンで落とすのがコツ。タオルの上にシミがついた面を下にして衣類を置き、三角形に折ったハンカチの先でシミの裏側から叩き、タオルに移します。仕上げは自然乾燥で完了。Lidea(リディア)は、ライオンの製品やそこに詰まった技術、生活への考え方を通して、くらしへの好奇心や、毎日...