• トップページ
  • 「オレとわたしと僕のくらし」第1話〜カオスすぎるシェアハウス生活?!〜
「オレとわたしと僕のくらし」第1話〜カオスすぎるシェアハウス生活?!〜

「オレとわたしと僕のくらし」第1話〜カオスすぎるシェアハウス生活?!〜

兄ひなた(28)と妹しずく(25)の兄妹は、ひなたが実家を出てから長らく一緒に暮らしていなかった。ところが、兄ひなたの住むシェアハウスに空きができ、しずくの転勤が重なり久しぶりに一緒に暮らすことに。さらに留学から帰国した従兄弟のいつき(21)も転がり込んできて......。久しぶりに会った3人は価値観が合わずケンカやトラブルが絶えない日々。そこへ家に住み付いていた謎の生き物「かさらん」が姿を現した!? 作者は、何気なくもかけがえのない日常をみずみずしいタッチで描くイラストが人気の水元さきのさん。3人と1匹(?!)という究極の多様性が織りなす毎日はどうなってしまうのか?

Share

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

それぞれ異なる価値観、生活観をもった3人の若者たち。

登場人物紹介

「オレとわたしと僕のくらし」第1話 P1

「オレとわたしと僕のくらし」第1話 P2

「オレとわたしと僕のくらし」第1話 P3

「オレとわたしと僕のくらし」第1話 P4

「オレとわたしと僕のくらし」第1話 P5

「オレとわたしと僕のくらし」第1話 P6

「オレとわたしと僕のくらし」第1話 P7

「オレとわたしと僕のくらし」第1話 P8

散らかった部屋でも「お祭りみたい!」と楽しんでしまう、かさらん。
家族同士でも、お互いの家事や生活のやり方ですれ違い、時にはピリピリしてしまう時がありますよね。そんなときちょっと見方を変えるだけで、イライラだらけだった生活が少しだけポジティブに、そして新しい発見が見えてくるかもしれません。
彼らの一風変わった生活がどのように変わっていくのか、今後の展開をお楽しみに。

・当記事に掲載の情報は、執筆者の個人的見解で、全てがライオン株式会社の見解を示すものではありません。

003194_11i.png

003194_11i.png

花咲く日々マンガ一覧

この記事のマンガを描いた人

水元さきの

水元さきの

1995年東京都生まれ。柔らかな線と彩色で日常のシーンを描く。書籍や雑誌、広告などのイラストを手掛ける。2023年に初の作品集『そこから見た景色の話を 水元さきの作品集』(芸術新聞社)刊行。主な挿絵作品に『早朝始発の殺風景』(集英社)、『わたしの気になるあの子』(ポプラ社)、『なんでもない一日の辞典』(WAVE出版)など。

X(旧Twitter):https://twitter.com/ramunechoco
Instagram:https://www.instagram.com/ramunechoco/

Share

  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • トップページ
  • 「オレとわたしと僕のくらし」第1話〜カオスすぎるシェアハウス生活?!〜

SOCIAL MEDIA Lideaでは各種SNSでも
最新情報をお届けしております

MAIL MAGAZINE Lideaの記事更新情報や、お得なキャンペーン情報を
いち早くメールマガジンでお届けします!

規約に同意する

reCAPTCHA

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

LINEに保存