「ホコリ」の記事一覧

全9件
  • 花粉の季節でも快適にすごせる!フローリング掃除のコツ

    花粉の季節でも家の中では快適に過ごしたい。フローリングのお掃除のコツは「花粉が舞い上がらないように、ふき取る」こと。人の動きが少ない夜は花粉は床に落ちてくるので、舞い上がらない朝のうちに掃除をするのがベスト。掃除機がけの前に水ぶきをしましょう。意外に花粉がたまりやすいトイレの床も忘れずにふき掃除を!

  • 「花粉対策」バッチリのお掃除の基本

    家の中では花粉を気にせず快適に過ごしたいものです。室内での花粉対策は「花粉を入れない」「舞い上がらせない」こと。そのためのお掃除のコツを紹介します。換気は花粉の飛散が少ない時間帯に。玄関やトイレなど花粉のたまりやすい場所は特にこまめに掃除する。掃除機をかける前にふき掃除するなど、ちょっとした心がけが大切です。

  • 花粉の季節の掃除「掃除機かけ」のコツ

    花粉は、人の動きが多い時は多くが空気中に舞い上がっています。人の動きが少なくなってから1時間くらいして花粉が床に落ちている時が掃除のタイミング。花粉が舞い上がらないように、掃除機をかける前に、まずふき掃除をするのがおすすめです。フローリング、カーペット、布製ソファ、畳、それぞれの掃除機かけのコツを紹介!

  • トイレのドアを開けるだけで「菌がついたホコリ」が舞い上がる!?

    トイレは、服やトイレットペーパーから出るホコリがたまりやすい空間。実は、トイレの床のホコリには、ほかの場所より多くの菌が潜んでいるのです。ドアの開け閉めだけでホコリは90cm以上舞い上がることがあるため、用を足しながら菌が混ざったホコリを吸い込んでいる可能性も。ホコリはためこまずに、毎日掃除したいですね。

  • お掃除をラクにする「家具・家電製品のセットのしかた」

    引っ越し時は、「家具・家電製品」の配置を見直すチャンス!ホコリは隙間にたまりやすいんです。だから、動かせない大きな家具は、横に掃除機のヘッドが入るくらいの隙間をあけるのがポイント。家電製品のコードやプラグは、ホコリをサッと取れる場所に設置してくださいね。ひと工夫で、その後のお掃除をラクにしましょう。

  • ホコリやチリから衣類を守る「静電気防止スプレー」に関するよくある質問

    衣類の静電気のパチパチや、まつわりつきを防ぐ「静電気防止スプレー」。実は、静電気だけでなく、花粉やチリ、ホコリなどの微細粒子の付着防止にも効果的です。「静電気防止スプレー」が使用できるアイテムやできないアイテム、使い方、効果の持続など、よくある質問をまとめました。使用前にチェックして上手に使いこなしましょう。

  • 「静電気」を防いでキレイな衣類を着よう!

    PM2.5とは、大気中に浮遊している2.5μm以下の肉眼では見えない微細な粒子のこと。「静電気」によって、花粉や塵、ハウスダストだけでなく、PM2.5も衣類に付着してしまいます。特に空気が乾燥する冬場は、静電気が発生しやすく、衣類に付着しやすくなる季節。外出前や静電気が気になった時には、「静電気防止スプレー」を使用しましょう。

  • 床でゴロゴロしたい!気持ち良く過ごせる「床掃除」のポイント

    掃除機でキレイにしたつもりでも、フリーリングや畳のザラつきやベタつきが気になることはありませんか。そんなときは、水ぶき掃除がおすすめ。かたく絞った雑巾で木目や畳の目に沿って拭きます。ただし、フローリングも畳も水に弱いので、頻度は少なめで天気の良い日にやりましょう。気持ちよくゴロ寝できる清潔な床を目指そう!

  • トイレスリッパは必要?実験でわかった意外な効果

    トイレにスリッパがない家庭は、約半数。でもトイレの床は、一見キレイに見えても「尿ハネ汚れ」がいっぱい。特に男性が立って用を足すご家庭では、床の尿ハネはかなり飛んでいます!スリッパを履かないと、足の裏で尿汚れや菌をトイレから持ち出し、ほかの部屋に広げている可能性があるので、こまめなお掃除も大切ですね。

SOCIAL MEDIA Lideaでは各種SNSでも
最新情報をお届けしております

MAIL MAGAZINE メールマガジンの登録

規約に同意する

reCAPTCHA

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。