「仕上げみがき」の検索結果

全14件

  • 動画でマスター!6〜9歳の効果的な「仕上げみがき」と「点検」の仕方 〜生えかわり期の歯をむし歯から守ろう!〜 | Lidea(リディア) by LION

    生えかわり期は歯の高さがバラバラだったり、歯並びがデコボコしていたりするので、歯みがきが難しい時期です。なので、小学生になっても仕上げみがきは大切です。子どもがみがいた後、みがき残ししやすいところを中心に仕上げみがきを行いましょう。生えかわりの状態のチェックも忘れずに。ポイントをぜひ動画でチェックして。Lidea(リディア)は、ライオンの製品やそこに詰まった技術、生活への考え方を通して、くらしへの...

  • 動画でマスター!3~5歳(幼児期)の効果的な「仕上げみがき」の仕方 | Lidea(リディア) by LION

    3~5歳のころは自分ひとりで上手にみがくことが難しいので、ママやパパの仕上げみがきが必要です。子どもがぐずるときは「上の前歯」や「奥歯の噛み合わせ」、「歯と歯の間」など、むし歯になりやすいところを優先的にみがきましょう。ハブラシの当て方や動かし方、みがく時のコツを、動画でチェックしてください。Lidea(リディア)は、ライオンの製品やそこに詰まった技術、生活への考え方を通して、くらしへの好奇心や、...

  • 子どものむし歯を防ぎたい!自分みがき、仕上げみがきのポイント | Lidea(リディア) by LION

    自分でみがく「歯みがき習慣」は、小さい頃から身につけさせることが大切。歯が生える前から、ハブラシや指が口に入る感覚を覚えさせて少しずつ慣らし、1歳頃にまずハブラシを持たせてみて。その後は、年齢とともにステップアップさせていきましょう。自分ひとりでみがけるようになるまで、親は「仕上げみがき」でサポートを。Lidea(リディア)は、ライオンの製品やそこに詰まった技術、生活への考え方を通して、くらしへの...

  • 「子ども用の歯ブラシ選び」のポイント | Lidea(リディア) by LION

    子ども用のハブラシ選びに迷ったことはありませんか?子どもの乳歯が生え始めたらハブラシを準備します。「乳歯期用」「生えかわり期用」「○~○歳用」など、子どもの成長に合わせたものを選ぶのがポイント。パッケージに記載があるので確認して下さい。「仕上げみがき用」は、保護者がみがいてあげるためのハブラシです。Lidea(リディア)は、ライオンの製品やそこに詰まった技術、生活への考え方を通して、くらしへの好奇...

  • 「仕上げ磨き」のコツを紹介!子どもの成長に合わせて工夫を | Lidea(リディア) by LION

    乳歯はむし歯になりやすく、子どもは自分で上手に歯みがきできないため、「仕上げみがき」が必要です。ポイントは、歯に毛先をきちんとあてる、歯と歯の間や奥歯の噛み合わせの溝をしっかりみがくなどの4つ。ひざの上に子どもの頭をのせる「寝かせみがき」や、子どもの脇や後ろに立つ「立たせみがき」で、しっかりケアして。Lidea(リディア)は、ライオンの製品やそこに詰まった技術、生活への考え方を通して、くらしへの好...

  • 新発見!「親子で歯をみがきっこ」すると歯のケアが楽しくなる! | Lidea(リディア) by LION

    親が子どもの歯をみがくだけでなく、子どもも親の歯をみがく「歯のみがきっこ」。300組の親子に実践してもらったところ、親子ともに歯みがきに対する気持ちが前向きになり、歯のケアも行き届くようになったという声が多く寄せられました。「動画を参考に、ぜひ「歯のみがきっこ」に親子でトライしてみませんか。Lidea(リディア)は、ライオンの製品やそこに詰まった技術、生活への考え方を通して、くらしへの好奇心や、毎...

  • むし歯になりやすいからこそ気をつけたい!「第一大臼歯(6歳臼歯)」のケア方法 | Lidea(リディア) by LION

    6歳頃に生えてくる「第一大臼歯」は、永久歯の中で最もむし歯になりやすい歯。原因は、生えてきていることに気付きにくい、奥に生えるのでみがきにくい、かみ合わせの溝が複雑で深いなど。みがき残しをなくすためには、ハブラシを第一大臼歯のある奥まで入れ、斜めにあてましょう。「タフトブラシ」でみがくのも効果的。Lidea(リディア)は、ライオンの製品やそこに詰まった技術、生活への考え方を通して、くらしへの好奇心...

  • 小さな子どもの歯みがきは、親がそばで見守って! | Lidea(リディア) by LION

    子どもの歯みがき中にヒヤリとした経験はありませんか?東京都のアンケート調査では、親が目を離したすきに自宅の居間で転んでヒヤリとした例が一番多いという結果に。子どもの年齢が低いほど事故の割合が高いという報告もあります。小さな子どもは座って歯みがきをさせ、歯みがき中は、親がそばで見守ってあげましょう。Lidea(リディア)は、ライオンの製品やそこに詰まった技術、生活への考え方を通して、くらしへの好奇心...

  • 自分の歯並びに合わせてみがける「タフトブラシ」の使い方 | Lidea(リディア) by LION

    「歯並びの悪いところ」や「奥歯の奥」はハブラシの毛先が届きにくく、歯垢が残りやすい部分。ピンポイントで毛先が届く「タフトブラシ」の使用がおすすめです。ハブラシでブラッシングしたあと、みがき残しをチェックしたら、鏡で確認しながらタフトブラシを使います。うまく使用できないときは歯科医院に相談を。Lidea(リディア)は、ライオンの製品やそこに詰まった技術、生活への考え方を通して、くらしへの好奇心や、毎...

  • 「乳歯の生えかわり」のしくみと年齢別「点検」のポイント  | Lidea(リディア) by LION

    子どもの歯は6歳から12歳にかけて乳歯から永久歯へと生えかわります。あごの中で乳歯の下に永久歯が根を作り始めると、乳歯の根が少しずつ溶け、押し出す形で永久歯に生えかわる仕組みです。この時期は子どもがみがいた後の点検が大切!6歳~9歳の子どもには、上の前歯や第一大臼歯の溝のみがき残しがないか確認を。Lidea(リディア)は、ライオンの製品やそこに詰まった技術、生活への考え方を通して、くらしへの好奇心...