歯の着色のセルフケア

67380さんからの質問

Meister1 face photo

LION オーラルケアマイスター

平野 正徳ひらの まさのり

歯とお口の健康

会話をしているときなどにふと見える歯の白さ、気になることがありますよね。

歯は、毎日の生活の中で徐々にくすんだり、黄ばんだりします。その主な原因は、歯の表面に付着する、お茶やコーヒー、紅茶、カレーライスなど、飲食物による着色汚れです。

歯の表面に付着した日常の着色汚れは、歯磨きで落とすことができます。「着色汚れの除去を助ける成分(ポリリン酸ナトリウムなど)」や「着色汚れの付着を防ぐ成分(ラウロイルグルタミン酸ナトリウムなど)」が配合された「ハミガキ」を使用することをおすすめします。「着色汚れの除去を助ける成分」は歯の表面と着色汚れの間に入り込み、汚れを浮かせて効果的に着色汚れを落とします。

これらの着色汚れは時間とともに落ちにくくなっていきますので、
白い歯を保つためには、ついた汚れはすぐに落とすのがポイントです。
「食べたら磨く」を実践し、ついた汚れはその日のうちに落としましょう。
食後の歯みがきができない時でも、歯に着色しやすい食品を食べた時は、水で口をすすいでおくと良いでしょう。

こわしくは、こちらの記事もご覧下さい。

※このご質問はメ-ルマガジンを通して頂いたものです。

LION おすすめの商品


みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です


関連するくらしのアイデア

キーワードから探す


あわせて読みたい記事

人気のハテナ 週間ランキング


注目の記事

家事フェス
夫婦円満都市推進プロジェクト
災害時の清潔・健康ケア