歯周病予防のための歯みがき、ケアについて

ろちしんさんからの質問

Meister1 face photo

LION オーラルケアマイスター

平野 正徳ひらの まさのり

歯とお口の健康

50代男性ろちしんさんから歯周病予防のための歯みがき、ケア方法についてのご質問です。
ここでは、ご家庭での歯周病ケアの方法についてお話します。

歯周病の原因は歯と歯茎の境目の溝、すなわち歯周ポケットにたまった歯垢なので、
毎日の歯磨きで、この歯垢をしっかり落とすことがケアの基本になります。
ポイントは、歯ブラシの毛先を歯と歯茎の境目に45度の角度であて、軽い力で小刻みに動かして磨きましょう。

歯ブラシは「やわらかめ」の毛のものが良いでしょう。ブラシ面がドーム型に設計された歯ブラシなら、中央の毛が歯周ポケットの奥まで入って汚れをかき出し、同時に外側の毛が歯茎にあたって歯茎をマッサージできるのでオススメです。

歯と歯の間には歯間ブラシを使って下さい。歯茎にやさしいゴムタイプの歯間ブラシなら安心してお使いいただけます。

歯茎から、出血などの症状がある場合には、市販の歯槽膿漏薬をあわせてお使いいただくとより効果的です。

歯周病は静止期と活動期を繰り返して進行していきます。
症状が治まっても安心せず、毎日のケアを継続して下さい。

※このご質問はメールマガジンを通していただいたものです。

LION おすすめの商品


みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です


関連するくらしのアイデア

キーワードから探す


あわせて読みたい記事

人気のハテナ 週間ランキング


注目の記事

Lidea 夏休み 自由研究コーナー
家事フェス
夫婦円満都市推進プロジェクト
災害時の清潔・健康ケア