流しのぬめり防止剤を使うと、錆びてしまうのは何故ですか?

datedateさんからの質問

Meister8 face photo

LION リビングケアマイスター

吉井 和美よしい かずみ

お掃除

お問い合わせの「流しのぬめり防止剤」とは、キッチンの流しにぶら下げて使い、少しずつ溶けていく錠剤タイプのもので、塩素系タイプのものを指していると想定してお答えいたします。
塩素系タイプの「流しのぬめり防止剤」は、錠剤に水がかかって塩素系のガスが発生し、金属類やゴム等に対し腐食や劣化、サビを発生させることがあります。液性がサビやすい酸性であることや同じところに数ヶ月間にわたって作用し続ける使用形態もサビやすさにつながっています。
また、酸性・アルカリ性の洗浄剤や漂白剤を直接かけると、発熱したり有害な塩素ガスが発生することがありますので、表示をよく読んで十分注意してお使いください。

一方、次亜塩素酸ナトリウムを主成分とするキッチン漂白剤やパイプクリーナーなどは、液性や使用形態が違うので、特に心配する必要はありません。とはいえ、「塩素系」ですので、表示をよく読んで正しく使うよう心がけてくださいね。

※このご質問はメールマガジンを通していただいたものです

LION おすすめの商品


みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です


関連するくらしのアイデア

キーワードから探す

人気のハテナ 週間ランキング


Lideaからのお知らせ

着たい服を着ようキャンペーン

注目の記事

家事フェス
夫婦円満都市推進プロジェクト
災害時の清潔・健康ケア