80代母のかかとの『ガサガサ』『ゴワゴワ』を何とかしてあげたいのですが、良い方法はないでしょうか。 保湿のクリームを塗っているのですが、なかなかよくなりません。 どうしたら、少しでも改善されるでしょうか。 水虫でも、そうなると聞いたことがありますが、医療機関で検査して頂いたところ陰性でした。

びなちゃんさんからの質問

Meister4 face photo

LION ヘルスケアマイスター

山岸 理恵子やまぎし りえこ

健康・美容

80代のお母様のかかとのガサガサを何とかしてあげたいというご相談です。

かかとの皮膚には皮脂腺がないため、乾燥しやすいという特徴があります。乾燥や加齢によってターンオーバー(代謝)が低下すると皮膚表面の角質が厚く硬くなり、うるおいがいきわたらずに、ガサガサになってしまいます。さらにかかとには歩く時に体重がかかるため、ひどくなるとひび割れてしまうこともあります。

では、荒れてしまったかかとにはどのようなケアをすればよいのでしょうか?

厚く硬くなってしまったかかとの角質は、かかと用のケア用品で取り除くと良いでしょう。お風呂に漬かって肌をやわらかくしてから、スクラブ剤などを使って古い角質を落とします。製品の使用方法をよく読んでから使いましょう。
ただし、かかとは全体重を支える大切な部位なので、角質の取りすぎには注意しましょう。

角質を取り除いたあとの肌は乾燥しやすいので、クリームなどでしっかりと水分と油分を与えることが必要です。かかとにクリームなどを塗るとベタベタが気になる、という方は、貼るタイプの保湿シートならべたつかず、手軽に使えてしっかり保湿できるのでおすすめです。

また、睡眠不足や食生活の乱れなどは、肌全体に影響するため、生活習慣や食生活にも気をつけてください。こちらの記事も参考にしてくださいね。

LION おすすめの商品


みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です


関連するくらしのアイデア

キーワードから探す


あわせて読みたい記事

人気のハテナ 週間ランキング


注目の記事

夫婦円満都市推進プロジェクト
家事フェス
災害時の清潔・健康ケア